ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


へびつかい座


ヨミ: ヘビツカイザ
掲示板をミル!
6カキコ!

へびつかい座
Ophiuchus

略符 Oph
the snake-holder
the healer
古代 プトレマイオス
概略位置 経:17
緯:0
中日 7月25日21時
広さ 948方度(11位)
3.0等以上の恒星 5
ラス・アルハゲ(2.10等)
メシエ体数 7


隣接する星座
ヘルクレス座
へび座
てんびん座
さそり座
いて座
わし座

へびつかい座とは、トレミー48星座の一つ。ギリシャ神話に登場する名医、アスクレーピオスを題材とした星座である。

現代医学徴であるは、彼が持っていたに由来する。


概要


天の川近くにあり、大きくいびつな五形を描く星座。かつてはへび座もこの星座に含まれていた。

へびつかい座の南の領域内をが通過しており、13星座占いはこれを根拠としている(後述)。ただし、へびつかい座は12星座には含まない。

ちなみに、星座絵では南にあるさそり座を踏んでいるように描かれる。育ての親であるいて座とともに、サソリが暴れないように見っているのだろうか。


主な天体



恒星


データ

名称 視等級 絶対等級 距離(光年) スペクトル型 変光星 備考
α ラス・アルハゲ 2.10 1.235 48.56 A5III ごく僅か 白色
η サビ 2.43 0.266 88.32 A2IV-V なし 実視連
ζ へびつかい座ζ 2.54 -3.20 458 O9.5V 爆発変光星
カシオペヤ座γ
青色
δ イェド・プリオル 2.73 -0.86 170 M1III 赤色
β バルライ 2.76 0.76 82 K2III
κ へびつかい座κ 3.19 1.09 86 K2IIIvar
ε イェド・ポステリオル 3.23 0.64 107 G8III
ν シントラ 3.32 -0.03 153 K0III 3重連
系外惑星
バーナー 9.54 13.24 5.94 M4Ve 回転変光星
りゅう座BY
速度


星団・星雲・銀河



ギリシャ神話


アポローンはカラス(からす座)の讒言に嫉妬心を駆られ、人のコローニスを射殺してしまう。これを悔やんだアポローンは、彼女の胎児・アスクレーピオスを取り出し、賢者ケイローン(いて座)に預けた。

やがて、アスクレーピオスは名医と呼ばれるほどの医術を獲得し、ついには死者をもらせることができるようになった。ハーデースはこれに怒り、彼は大神ゼウスによって殺されてしまった。その後、医師としての功績を称え、彼のシンボルであるヘビとともに星座となった。


13星座?


1995年イギリス天文学博士作家ジャクリーン・ミットン13星座占いを考案した。

古来から、占術では上の12星座を用い、を12等分して占っていた。しかし、1928年の天文学連合により星座界が定められると、さそり座いて座の間にへびつかい座が存在するようになった。これを根拠に、ミットン上の星座の範囲に応じて分割する13星座方式を考えた。このため13星座方式では、上の範囲が広いおとめ座などでは日数が長く、狭いさそり座などは数日程度となっている。

は筋が通っているものの、世界的に受け入れられているとは言えない。というのも、実は彼女自身は術反対なのである。さらには、13星座方式の発表を新聞のジョーク記事として行うなど、占術に対する悪意が感じられるとして、世界の著名な占術師はこの方式に否定的な立場をとっている。


関連コミュニティ


■co5956


関連項目



最終更新日: 15/02/24 19:31
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ