ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


やきそば弁当


ヨミ: ヤキソバベントウ
掲示板をミル!
72カキコ!

やきそば弁当とは、東洋水産が発売しているカップ焼きそばである。
通称は、やき弁。

なお、ここでは姉妹品である「焼うどん弁当」についても説明する。


概要



やきそば弁当


1975年発売開始。
北海道限定発売のため、北海道民以外は知らないことが多い。不定期ではあるが、稀に関東圏内のスーパードラッグストアで販売されている場合がある(マルエツ・ドラッグぱぱす・イオンなど)。買う買わないに関係なく、見つけたらラッキーだと思っておこう。
逆に東日本で普及しているペヤングソースやきそばは、北海道では基本的に流通していない(ドン・キホーテでは基本販売されているが、コンビニだと激辛などの基本変わり種や増量タイプばかりであり、レギュラータイプがないという状態が多い)。
ちなみに現在では、Amazon及びAmazonパントリー対応商品なので、日本で手に入れることができる。送料を含めれば若干割高になるのは仕方がないが、中には「ケース買いならお買い得」な価格設定で実は1個や6個売りだったり、法外な送料を別途請する業者も存在するので注意が必要。

名前の由来は、『スープを入れているため、厚みのある大きなカップの形状から、「弁当に似ている」』からだとか。

北海道カップ焼きそばと言えばこれである。日清食品のU.F.O.も売られているが、やきそば弁当の人気には勝てず、ついには北海道限定のカップ焼そばを出して対抗するようになった(「やきそばできました。」、北の焼そば)。

中華スープが付いているのが特徴であるが、これは必ず湯切りのお湯で作ることをお勧めする。
そもそものコンセプトが”湯切りのついでにスープを作る”ことであることと、湯切りのお湯には麺から出た油分や塩分が混ざっており、それを前提にスープの味付けしているため、別に湯を沸かしてスープを溶かすとコクのない薄味のスープになってしまうからである。ただし、湯切りのお湯全てをスープと混ぜるとお湯が多くなりすぎてしまうため加減が必要(公式では150ml推奨)。
また、作る時は間違ってスープ粉末ソースと一緒に入れてしまわないように注意が必要である。

発売からしばらく、湯きりの付いたプラスチックのふたを採用していたが、2000年代になってからシールをはがすことで湯きりが出るのふたに変更され、2010年代に入ると正方形の一般的なカップ焼そばのパッケージに変わった。

サイズは、通常、大判、でっかいがある。
「でっかい」は、量が通常の2倍であるため、麺が二層に分けて入れてある。

ちなみに、東北地方及び信越地方では、『焼そばバゴォーン』という名前の、類似商品が売られていたりする。

余談だが、「やきそば弁当」は東洋水産の商標登録なので、呼称の利用は常識の範囲内だけにしておこう。


焼うどん弁当


1984年発売開始。やきそば弁当の姉妹品。
こちらも北海道限定発売のため、北海道民以外は知らないと思われる。
なお、2016年現在は販売を中止している。

やきそば弁当とほとんど同じで、サイズは通常版の一種類だけである。
違う点は以下の3点。


シリーズ一覧


2018年12月現在、やきそば弁当8種類がある。


販売を終了した商品一覧


2018年12月現在、販売を終了した商品を以下にまとめる。


関連動画



■sm25348202[ニコ動]

■sm25354641[ニコ動]
■sm25361603[ニコ動]
■sm29933053[ニコ動]
■sm34255839[ニコ動]
■sm34261198[ニコ動]
■sm34267369[ニコ動]


関連商品


■azB00BIXOYAK
■azB00TTYLMAU
■azB00TY03EN2


関連コミュニティ


■co3541


関連項目



最終更新日: 19/04/14 20:08
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ