ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


ろんぐらいだぁす!


ヨミ: ロングライダァス
掲示板をミル!
202カキコ!

自転車女子亜美ちゃんが魅せます!!
マッタリ楽しくサイクリングしましょ♪ 

ろんぐらいだぁす!とは、『月刊ComicREX』で連載されている自転車漫画である。

公式Twitterの紹介文に自転車ゆるふわコミックと書いてあるが、ゆるふわなのは絵柄だけで本編はスパルタン成分多というゆるふわ詐欺の筆頭である。
ぶっちゃけると公式ページや裏表にすら「ゆるふわ系?」と疑問符入れられているレベル普通女の子徹夜ライドなんてしません。
もしかして:(おなか壊してがゆる)ゆる(ハンガーノックで体ふわ)ふわ…の略なんじゃ。


概要


ろんぐらいだぁす!
ジャンル 自転車
漫画
原作 三宅大志
原案・企画 LONG RIDERS
出版者 一迅社
掲載 月刊ComicREX
連載期間 2013年1月号-
巻数 既刊10巻+外伝1巻+ムック4冊

運動音痴倉田亜美大学1年生)が前で折りたたみ自転車に一惚れし、貯全額おろして折りたたみ自転車を購入してサイクリングを始め、ロードバイク覚めるお話。
チームで行うブルベであるフレッシュをそうという内容である。

距離に関しての感覚がぶっ飛び過ぎた自転車乗り達が集まって作られた同人サークルロングライダース」原案であるため、初っ端からハンガーノックだのフレッシュ(※フランス語、後述)だのとハードな用が飛び交っているが安心して読んでいただきたい。

作者過去作である「すぱすぱ」と世界観は共通とのこと。5巻冒頭で亜美巫女さんのバイトをやっているが、この神社と着付けを行っていた巫女さんは、そちらからの出張である。


登場人物


※登場人物(キャラクター)の一部は実在の人物をモデルとしています。以下説明での「中の人」とはつまり、キャラクターモデルのこと。
の人(CV担当声優)と中の人イコールではありません。一応作者と担当の中の人以外はハンドルモデルとなった実在人物)を出さない方向で。
※各キャラクターの作中での所有自転車と、そのキャラクター中の人の所有自転車は、イコールではない場合があります。例えば亜美Focusだが、実モデルこそ同じだがだったり、クロスバイクロードバイク実在モデルと同じだが持ちが違ったりします。
の人はサウンドドラマを元にしています。アニメ版でもメインキャラクターは同一の模様。

倉田 亜美CV.東山奈央
本作の主人公大学一年生
運動音痴ながらも折りたたみ自転車からサイクリングを始め、紗希雛子からロードバイクに関するレクチャーを受けたことからロードバイクの購入に踏み切る。
サイクリングへ行くのに朝食を抜いてハンガーノックに陥りShotzの洗礼を受けるなど、初心者であるためサイクリスト初心者にある数々のトラブルに見舞われる。
それを経験にしていくという意味で読者視点に立って見ていける子。
中の人作者本人。最初は自転車に詳しい担当を主人公にしようと思っていたが、未経験者の方が読者も分かりやすいんじゃないか?→ちょうど良い人(担当に誘導されて自転車始めた作者)がいるじゃん!という事で主人公に抜された。2014年200kmのブルベを完走するなど、亜美と一緒に成長している。
ポン太君でヤマザキストア前(この漫画のせいで「亜美ちゃん坂」の通称が名付けられた)や、直後の風力発電所前坂を走れるので剛脚なのでは?という疑惑が発生しているが、単にギアが軽すぎるだけと明が出されている。
使用自転車ポン太君とFOCUS Culebro。
新垣 CV.五十嵐裕美
亜美幼なじみ大学一年生
亜美運動神経抜群でスタイルもいいとのこと。
サイクリング趣味でなにげにクロスバイク(Escape RX)とロードバイク(FELT F)の二種持っているほか、間走行専用装備も持ち合わせている。
そのりっぷりは雛子をして光害と言わしめるほどである。
なお、このフル装備は中の人が実際に作った光害1号が元になっている(ただしこっちと違い自分で付けた名前)。現在確認出来るだけで5号まで増殖している。
中の人く「ファトランしないなら重さは関係いですよ」とのことだが、全装備重量がロードバイクと思えない15kg以上となっているとか(ツーリングガイドVol1では光害装備+撮影機材で総重量20kgというを疑う数値が書かれている)。
オヤジ自転車趣味らしく、高額なホイールを購入してさんに怒られていた事が(その時提案したコース糸魚川ファトランのルートだったため、紗季並の重症患者でにも遺伝した可性が大)。
西 雛子CV.大久保瑠美
ちっさいほうの先輩大学三年生。貧乏
亜美をよりディープな自転車趣味にハマってもらおうと何気なく誘導していく。
実家中華屋(※1)で、自転車に乗ってない時はの手伝いをしているため料理は上手である。
CARRERAのPhibra TWOがなのだが…この自転車143cm雛子にはフレームが大きすぎて乗れるはずがないという問題が摘されている(中の人はここまでミニマムではいので普通に乗れる)。
実際にアニメ化した際、3Dモデル製作時に「他の4人は実フレーム寸法を使っているが、雛子だけは視している」とTwitterでの発言があり、乗れないというのはほぼ確定している模様。
2014年12月中の人Tweetにて、フレームの重要部分にクラックが入りを免れない事が発覚。雛子の運命やいかに。と思ったら修理して使い続けてるらしい、雛子安心。
一之瀬 弥生CV.黒澤ゆりか
おおきいほうの先輩大学三年生。裕福。
自転車パーツ大好きで特にカーボンチタンが大好きな変人……らしい。(※2)
ホイールの振れ取りも自分でやってしまうレベルの重度整備マニアでもある。
一見あらあらうふふに見えるが、実際はの使い分けが上手で割りとハードな人。
使用自転車はM.マキサイクルファクトリーのクロモリオーダーフレームメインとなっているが、実はそれ以外にも大量に持っている(ぱぁしゅうたぁずのおまけ4コマで、雛子に「また新しい自転車組んでるのか」と呆れられるレベル)。
一部は(ぱぁしゅうたぁず主人公葉月)に譲渡しているらしい。
高宮 紗希CV.日笠陽子
めったに会えない先輩大学三年生。
バイト自転車旅行で居ないことが多く、渋までロードバイクで登るぐらいのロングライダーさん。 大学サボって北海道に行っていた事も。お陰で留年危機
5巻ではしまなみ海道走るのに、輪行ではなくわざわざ自走を選択するほどの重度ロングライダーであることが明らかに。推定距離750km…たしかに4日あれば楽である(下記のBRMアタック1000kmの制限は75時間)
それを除けは割と常識人……だったのだが、最近では雛子と一緒に悪巧みをしていることが多い。
中の人は担当さん。埼玉秋田いわき1000Kmやフレッシュ2012/2013を完走するなどの剛脚の持ち。本当はブルベの頂点パリブレストパリにも出てみたいらしいが、仕事を全部投げ捨てないといけないので困っているようだ。
本編紗希北海道に行ってると言われていたが、実際そのタイミングで大夕張200kmに参加していたりする(ツーリングガイドVol2に参戦記が掲載されている)。
使用自転車はM.マキサイクルファクトリーのカーボンバイクMK01。このマンガプロモーションのために作られたスペシャルカラーで、デザインジャージ同様に作者が担当。当初は非売品だったが、今はこのカラー定も可。MK01だけでなく、弥生が持っているクロモリ仕様や、ミニベロもFortunaカラーのオーダーが出来る様になっている(その後クロモリは担当が、ミニベロ作者がお買い上げ)。
ちなみにいろはで崖落ちした時に乗っていたCAAD10中の人の物。これで前出の埼玉1000kmを完走している。
佐伯 美弥(CV.楠田亜衣奈
亜美と同じ講義を受けている子。知っては居たが会話らしい会話をしたのは亜美がゆるポタ中に迷子になっていた時に出ったとき。
順調に自転車沼に沈められているのでこの先期待。
手持ちの自転車ビアンキのIMORAだと思われるが、初めてのロードでクロモリフレームチョイスする辺り者ではない予感
パカさん(CV.東城咲耶子
サイクルショップPACA CYCLE」の店
アルパカのかぶりものや語尾にパカを付けるぐらいにアルパカ推しである。 
本来の店名よりアルパカサイクルという名前の方が有名だったモデルとなったお店(てれびらいだぁすの収録現場にもなった)は、残念ながら2014年閉店してしまっている。ちなみに亜美たちの大学もこの近く…というか通りを挟んだ向かいにある大学モデルとなっている。
津田さん(CV.津田健次郎
サイクルカフェAllez(アレー)」の店
元々はサウンドドラマにて、原作では某デ○ーズの代わりに登場していた。
6巻の描写風景から見るに三浦半島の先っぽ辺りにある模様。
紗希がひいきにしている店でもあり、彼女ぐらいしか食していない大盛り料理が用意されている。
この人もすぱすぱとの関連があるそうで。

注1.モデル元となった店は北京料理として実在します(中の人認、アニメ版OPで出てきた料理セットなどが裏メニューで注文可)、他にもほとんどのお店も実在の物。
注2.LONG RIDERSで配布された告知チラシ参照


余談


雛子弥生紗希が着用しているサイクルジャージ実在するものが使用されており、雛子弥生(と2巻に登場した優しいサイクリストの皆さん)が着用していたジャージニコ生自転車部[外部]のものが、紗希とパカさんが着用していたジャージメイドさん学科自転車部[外部]のものが使用されている。

作中で亜美たちが自作デザインしたFORTUNAジャージは上記2部の助があって制作され、株式会社アウローラから商品化もされた。どうも好評らしく、数度再版が掛かっているが、入手チャンスはさほどいので、欲しい人はグッドスマイルカンパニーサイトやアウローラサイトをまめにチェックすべし(アウローラGSCに流通を委託しているのもあり、GSCのサイトに掲載される)。

キャラにはそれぞれモデルとなる人物が存在している。モデルなのかはツーリングガイドVol1内に記載されている。
同時に全てのロケーションは作者三宅大志、もしくは担当さんが実走して取材している。担当く「作者が体ってる度では日本で3本のに入るでしょう」とのこと。
その体のりっぷりは作者のPixivアカウント[外部]にあるWeb漫画版や単行本のカバー裏で垣間見ることが出来る。 


用語集



次へ»
最終更新日: 19/07/22 17:08
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ