ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


アイテム


ヨミ: アイテム
掲示板をミル!
9カキコ!

アイテム(item)とは「品」や「箇条」などの意味を持つ単である。



概要


ラテン語の「item」という単になっており、これは「同様に~」などを意味する単である。
また、りが同じまま現在の英単として「item」と言った場合は「同様に」「種」「品」「特徴」「箇条」「項の1つ」「リストの中の1つ」などの意味でも使われる。

ボードゲームコンピューターゲームで「item」と言えば、内外問わず「使うと良いことがある物」「便利な具」などの意味で使われている。


主なアイテムの例(コンピューターゲーム)



装備アイテム


RPGにおいてほぼ必ず登場する品。
英語では他にも「arms(アームズ)」「gearギア)」「equipment(イクイップメント)」といった言い回しも用いられる。


回復アイテム


を回復させたり状態異常を直す効果を持つもの。
最も使用頻度が高いが、魔法スキルで補うことができることも。


攻撃アイテム


使用することで相手にダメージを与えることができるもの。
いざという時のために取っておくことが多いが、あまり強いと本職が涙目になるため攻撃が抑えられていたりする。


マジックアイテム


使用することで魔法が使えたり魔法と同じ効果を持つもの。
上二つと似通っているが、「アイテムとして使用すると魔法やそれに似た効果を発動させる武器や防具」や、「使用回数に制限があるが、お店でチャージすることで回復できる」といった品が該当する。


強化アイテム


使用したキャラクターステータスを引き上げる…といった効果を持つアイテム。


クラフトアイテム


アイテムの作成・強化を行う際に必要となる原材料
それ自体は二束三文でも、ちゃんとした品になると価値が上がり策にもなるといった作品が多い。


収納アイテム


物をしまったり、アイテム欄を拡して多くの品を持ち運べるようにしたりするためのアイテム。


トリガーアイテム


隠しボス特定の敵を呼び出したりするのに必要なアイテム。


重要アイテム


カギなどイベントの進行に必要不可欠なアイテム。
後発の作品では、アイテム欄を圧迫しない様に別で所持していることにしている作品もある(例…『ファイナルファンタジーシリーズの「だいじなもの」)。


コレクターズアイテム


 攻略には直接関係しないが、集めることで何かいいことが起こったり、集めるという行為自体を楽しむもの。


レアアイテム(コンピューターゲーム)


その名の通り入手困難なアイテムの事をさす。これもゲーマー間ではよく話題となり、人気作かつ入手が困難な品程後々り継がれることが多い。
どうしてこうなった」のかは、希少性と共に下記の特徴を一つあるいは複数併せ持っていることが原因となる。


レアアイテムの一例


大村正(円卓の生徒)

ドロップ率が極端に低い」というただ一点のみで名を連ねる、ストロンスタイルのレアアイテム。
「Wizライクゲーでと言えば村正」というお約束の品で(まあ開発がチームラだし)、当然ながら最強武器なのだが、ハント開始から数十時間経過しても全然出ない…なんてことはザラ。たいていの場合は全員のLvがメインサブクラス共にカンスト、「もう倒せない敵なんていねーよ」となってから忘れた頃にポロリする。戦闘自体はサクサクなので(他のRPGが1戦戦う間に2~3戦はこなせたりする)試行回数を稼ぐのには問題ないのだが、それでもなおこの低ドロップ率である。とは言え「狩り続ければいつかは落とす」のがわかっている以上、MMOのように挑戦機会が極端に少なかったり、ゲットリアルマネーを要されるような品にべれば入手難易度は全然高くない。

ただし、「ランダムで決定される強化値やプロパティ等の性吟味も行う」となった場合は話が別となる。
吟味やめますか?それとも人間やめますか

審判の日(FF11)

ゲーム宝くじモグボナンザ」の1等品。マイキャラの拠点「モグハウス」に飾ることのできる絵で、特にこれといった効果はく純に鑑賞するだけの品。

肝心の入手手段であるモグボナンザだが、「リアル半年に1回位のペースで開催」「1等当選確率は10万分の1」「くじは1キャラにつき10回しか引けない(※)」といった仕様であり、「複アカ前提で1000キャラ作るぜ!」といったでもしない限りはリアルマネーパワーでどうこうすることもできない。また、このアイテムは売買・譲渡に関わる行動が行えないため、入手できるかどうかは純に己の運の良さのみが決めることになる。

さらに、1等品のラインナップに「かつて『取得にリアル数年の廃人プレイが要される』『一般人ペースで必要なアイテムを収集すると終身刑コースになる』とまで言われた最強武器群」「使い方次第で億単位を稼ぎ出せるクラフト強化装備」などが含まれているのも問題。それらの実用的な品を差し置いて何の変哲もない絵を選ぶなんてどうかしている…ということで、取得者は現れないだろうと思われていた。

が、現れたっ…!そんな狂人酔狂な人が……っ!

そして拠となるSSが自身のブログや外部サイトFF11辞典」に掲載され、普通プレイヤーでも見るだけならばできるようになった。

※…くじは1キャラにつき10個までしか所持できず、もしくじのナンバーを決め直したい場合は(ナンバーは自分で決めることができる)「くじを捨てて買い直す」ことになる。
また、くじ購入期間からその後の当選発表&品交換まではリアル1か程度の間がくので、「当たるまでくじを引く」という行為そのものが最初から不可能

盗賊のナイフ(FF11)

MMORPG史上トップクラスの価値暴落を引き起こしたアイテムの一つ。
シーフのジョブ特性トレジャーハンター(アイテムドロップ率を上昇させる)」を強化する重な品なのだが、「落とす敵が周囲の敵との確率抽選、かつ極まれにしか出現しない」「運よくその敵を倒せたとしても、ドロップ率が極々低い」といった事情から価値が暴騰、それにを付けたRMT業者が人戦術で24時間出現地点にり込み続ける…といった、ゲームとして健全ではない状況が続いていた。

しかし、さすがにスクエニも問題視したのか、バージョンアップにて「落とす敵の出現方法をトリガーアイテム方式に変更、そのアイテムも簡単に手に入る」「盗賊ナイフ自体のドロップ率も100%に」という仕様変更を実施。その結果盗賊ナイフは「もがうらやむレアアイテム」から「もが持っているユニクロアイテム」へと変化した。そして競売などの取引価格も格安になり、り込んでいたRMT業者も消え去った。

08ヴァラー(Diablo2)※ノンラダーモード限定

胴装備「Arkain's Valor」のVer1.08以前の性の品で、「装備者が習得している全てのスキルが最大で+2される」「装備者のLvに例したVITと最大Life上昇」の2つのプロパティが売り。
後者プロパティが特に強で、クラスにもよるがこれ一つで数単位で最大Lifeをブーストできる。ゆえに対人戦を好むプレイヤーからの需要が高かったのだが、Ver1.09にてナーフが実行されてブ-スト量が減。最終装備の補からは外れてしまった。

ただし、ナーフされるのは「Ver1.09以降で産出されるヴァラー」のみであり、オンラインモードの一つである「ノンラダー」に残っている「Ver1.08以前に産出されたヴァラー」はナーフ前の性を保っている。そしてこれが今なお現存し続けており、どれだけハイルーンを積もうとも決して売りには出されない々レアアイテムとして資産が所持している(と言われている)。

なお、オフラインモードで旧バージョンに戻して遊ぶ「クラシックプレイ」を行う場合はこの限りではなく、Ver1.08以前に戻して遊べば全盛期ヴァラーを拝むことができる。もっともオンライン用のキャラオフライン用のキャラは互換性がいため自己満足となるが。

天下一品(信長の野望online)

プレイヤーA「ねんがんの 村正をてにいれたぞ!」
プレイヤーB「殺してでも うばいとる
プレイヤーA「な なにをする きさまー!」

入手はたやすいが、維持管理が大変というしい例。
サーバー内に常に一つしか存在しないな品で、前述の「村正」や「与一」など知名度・性共に最高級の品々がっている。
そしてこれらの品は以前は下記の様な仕様であったため、冒頭のようなやり取りが冗談抜きで発生していた。
なお、現在では「武術大会の入賞者に一定期間貸し出される強な品」という形に仕様変更されている。

ネットカフェ武器(MHF)

公式で「特典武器」に分類されている装備品で、その中でも「各種行動で貯まる『Nポイント』と引き換えに得る素材」を使って制作・強化する武器群の事をす。
サービス終了までに計6つの武器種において実装されたが、中でも最初期に実装された「カリバーン(最終強化は「聖剣エクスカリバー」)」は、高い物理攻撃と睡眠属性値を併せ持つ強な一振りとしてプレイヤーの羨望の的だった。

しかしながら問題となるのがNポイントの獲得方法。最も効率的かつ現実的な貯め方が、

ネットカフェにてログインプレイすること」

なのである。
ネットカフェMHFプレイするとNポイントが2.5分に1P(=1時間で24P)貯まる。そしてNポイントは最終強化までにおおよそ十数万必要となる。あとはわかるな?

ちなみに実装の前に開発により入念な事前説明が行われたため、プレイヤーからの反感は買っていない。そして制作の大変さが重々わかっているためか、募集においてもこれらのネットカフェ武器定されることはなかった。


取れそうで取れないアイテム


データとしてはきちんと用意されているし、ボツにしたわけでもない。にも関わらずプログラムミスなどのやらかしによって、正規入手手段が用意されていないアイテム。

ささえのたて(FC版ウィザードリィ#1)

ドロップテーブルの入間違えにより、落とす敵が1体も存在しないため正規入手不可能
さすがに以降の移植版(SFC版やGBC版)では修正されている。

うら・むらまさ(GBC版ウィザードリィエンパイア)

ドロップを決める乱数生成プログラムに不具合があるため、無印ではうら・むらまさをはじめとしたいくつかのアイテムが、次作の『復活の』ではうら・むらまさが正規入手できない。何やってんだ
無印においてはあまりにもバグが多すぎるため修正版との償交換を実施したのだが、その修正版においても直っていない。うーむ…。
よって後年になって発覚したデバッグモードを使って理矢理入手するしかない。


次へ»
最終更新日: 20/05/16 08:34
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ