ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


アウトドローモ・テルマスデリオオンド


ヨミ: アウトドローモテルマスデリオオンド
掲示板をミル!
1カキコ!

アウトドローモ・テルマスデリオオンド[外部]とは、アルゼンチン西部にあるサーキットである。

4月MotoGPが開催される。


アルゼンチンの観光名所


MotoGPアルゼンチンGPでは、ドルナ製作した開催地紹介ビデオが流される。
アルゼンチンは様々な観光名所に恵まれた素晴らしいである。

詳しくは、アルゼンチンという記事の、観光という項目を参照してください。


テルマスデリオオンド


首都ブエノスアイレス[外部]から北西へ1,000km離れた場所にテルマスデリオオンド[外部]というがある。

テルマスリオオンドのテルマスとは温泉の意味であり、アルゼンチン温泉リゾート地である。
MotoGP開催時には人口2万7千人のに数万人の観客が押し寄せるので、ホテル代が数倍につり上がる。
ブエノスアイレスの高級ホテルと同じぐらいになり、貧乏なプライベートチームにとって頭が痛くなる。

テルマスリオオンドには『Casino del SOL[外部]太陽カジノ』というカジノここ[外部]にある。

人工の貯池であるリオオンド貯池があり、そこにはヨットが並んでいる。[外部]
ここ[外部]ダムを築いてあり、画像検索すると放水の画像[外部]も見つかる。


サーキット立地


リオオンド貯水池に面した場所[外部]サーキットがある。
に面しているので、から吹き込むに用心したいところである。

航空写真で見てみると[外部]アンデス山脈の麓にあることがわかる。サーキットの標高は280mである。
サーキットから西にを向けるとアンデス山脈が見える。

レース関係者にとってはとにかく移動が大変な場所にある。
日本から本サーキットに行く場合の一例として、まずドイツフランクフルト11時間かけて飛び、
ここでアルゼンチンのブエノスアイレス行き飛行機乗り換えて13時間フライトし、
エセイサ国際空港[外部]からで移動してホルヘ・ニューベリー空港[外部]へ辿り着き、
テルマスデリオオンド空港[外部]へ2時間かけて飛ぶ・・・乗り換えも含めると片50時間の大旅行となる。

もちろん、空港から空港へ移動するときにが来ないだとか、飛行機の発着が遅れるだとか、
そういう南特有ののんびりペースにも合わせねばならない。
ブリヂストン日本で生産したタイヤ輸していたが、2014年の開催では遅滞させてしまった。

2017年4月6日(木)、アルゼンチン内の交通分野の労働組合連合がゼネストを敢行した。
このためミシュランタイヤの一部を時間通り届けることができず、4月9日(日)の決勝に影が出た。
こんな具合にストライキが頻発するのもこのらしい。

アルゼンチン首都ブエノスアイレスに人口と産業が集中する一極集中ので、
そのブエノスアイレスからかなり遠く離れていることから、
サーキットでのレース開催は年間数回のみと非常に少ない。

サーキット近辺にアナホリフクロウ[外部]が生息している。動画1[外部]動画2[外部] 実物はこんなに小さい[外部]

サーキットは南緯27°30′の位置にある。これは日本の奄美群島[外部]と同じ程度の緯度である。
サーキットに近いサンティアゴ・デル・エステロ一番寒い月の平均最低気温は5.0度[外部]
日本鹿児島市一番寒い月の平均最低気温は4.6度[外部]なので、それと同じぐらい。

このサーキットの辺りは12月から3月までが季で降量が多い。MotoGPの開催される4月上旬は
季の終わり頃となり、に祟られる可性がある。

こちら[外部]こちら[外部]が現地の天気予報


サーキット建設と改修


2007年サーキットが建設され、2012年修され、2013年5月に再オープンした。

2012年修を行ったのはイタリア人のヤルノ・ザッフェッリ[外部]で、
インタビュー記事から察するにサーキット周辺の施設やセーフティゾーンを設計したようである。

サーキットの形状や色々な数値を入すると2輪の転倒頻度や4輪コースアウト頻度を算出できる、
そういう独自のソフトウェアを駆使してセーフティゾーンの設計をしたという。
彼の率いる会社[外部]は色んなサーキットから安全性検の依頼を受けている。

2007年建設時のサーキット2012年修されて出来上がったサーキットはだいたい同じである。
日本語版Wikipedia[外部]の右下に旧レイアウトが表示されている。
2012年修時に追加されたのは2コーナー~4コーナーと、
8~9コーナーアップダウンと切り返しがある難しい場所)の2ヶ所だけとなっている。

ヤルノ・ザッフェッリは高速コーナーが好みであるとっており、鈴鹿サーキットイモラサーキット[外部]
スパ・フランコルシャンサーキット[外部]を好きなサーキットに挙げている。

ライダーコーナーを楽しめるようなコースを作るべきと熱弁し、
さらにはヘルマン・ティルケ[外部]ストップアンドゴーサーキットに対して少しばかりの批判をしている。
2007年建設時から存在する高速コーナーを温存したのはそのためだろう。

サーキットライダーからの評判が良く、「気持ちよくアクセルを開けていける」「走っていて楽しい」
など賞賛のが絶えない。

塗装されたピット施設の屋上部分に観客が入りこんで立ち見することができる。[外部]
ライダーからはこんな風に見える。[外部]


路面の状況が悪い(MotoGP)


が多かったり路面の凹凸しかったりと、なにかと路面状況の悪さが立つサーキットである。

砂埃が多い(2015年、2016年)

サーキットでのレース開催は年間通じて数回と非常に少なく、路面の上に砂が山盛りとなっている。

2015年2016年は砂にまみれた非常に汚い状態でレースウィークが始まった。

あまりの砂の多さに「晴れているのに、まるでウェット路面を走っているようだ」との発言があった。

が多い路面だと、当然滑りやすいのだが、それに加えてタイヤの消耗も速くなる。

路面の砂サンドペーパー(紙やすり)[外部]のようにタイヤをこすり、タイヤをすり減らしてしまう。
さらにはアブレーション(abrasion 「摩耗」の意味)[外部]といって、タイヤが荒れる現が発生する。
タイヤが荒れてしまうと、その荒れた部分を中心にどんどん消耗が進んでしまう。

決勝当日が近づくにつれ、多くのマシンによって路面の砂が掃除された格好になり、
走行ラインの路面の上にべったりとタイヤのラバーが乗ってくなり、グリップが良くなっていった。

ところが、ちょっと走行ラインを外してしまうと砂が多く、滑ってしまう。
ベテランの多い最大排気量クラスでさえ走行ラインを少し外して転倒、という例が多く見られた。

砂埃が少ない(2017年)

やっと運営者も学習したのか、2017年レース開催の2週間前にサーキットが2日間無料で開放された。
多くの2輪ファントラック走行を満喫し、計120台のオートバイが走行したことにより、
がだいぶ掃除された。

MotoGPライダーたちからは「去年(2016年よりはマシ」というコメントが多く寄せられた。

路面の凹凸がひどい(2017年)

2017年の開催は路面の凹凸が酷く、特に最終14コーナー立ち上がり[外部]メインストレートエンド
大きな陥没があり、多くのライダーマシンを震わせながら走行する羽になった。
このオンボード動画[外部]を見ても、メインストレートの最初と最後でライダーの体が上下に弾んでいる。
こちら[外部]メインストレート走行中の動画。上下に弾んでいる。

2コーナーにも陥没があり、最大排気量クラス決勝では2コーナーで転倒するライダーが続出した。
マルク・マルケス[外部]ダニ・ペドロサ[外部]の両雄が全く同じ転倒を喫している。

路面が再舗装された(2018年)

2018年3月に大を投じて路面が再舗装された。[外部]全面舗装ではなく一部古い路面が残っているが、
路面の状態は非常に良くなった。
正確に言うと、10コーナーから最終14コーナーを経て3コーナーまでの区間が再舗装された。

ライダーの感想はまずまずで、凹凸がなくなって走りやすいという好印コメントが多かった。
ただ、ザラザラとして摩擦係数が高くてタイヤグリップする路面を作る技術は足らなかったようで、
タイヤグリップは今ひとつというも聞かれた。


コース紹介(MotoGP)


概要

路面のカント(傾斜)が少ない、フラットサーキット

低・中・高速コーナーがいい間隔で入っていて、アクセルを存分に開けていくことができる。

コース幅が16mと広いのだが、走行ラインを外すと砂が多いのでコース幅を広く使った走行は難しい。

こちら[外部]MotoGP公式サイトの使用ギア明示動画である。1速に落とすのは13コーナーのみである。

なパッシングポイントは、2コーナー[外部]バックストレートエンドの5コーナー[外部]
7コーナー[外部]9コーナー[外部]13コーナー[外部]

夏の終わり頃の開催

MotoGPが開催される時期は4月上旬で定着しているが、これは現地においてはの終わり頃にあたる。

晴れ上がった場合、路面温度が高くなる。2016年開催の金曜は気温33度・路面温度53度まで上昇した。

リアタイヤ殺しのサーキット

大きくコーナーリングしながらアクセルを回してパワーを掛けていく左コーナーが2ヶ所あり、
リアタイヤの左側が強く発熱して痛みやすい。

2016年の最大排気量クラスのFP4土曜日練習走行)で、
6コーナー走行中のスコットレディングのリアタイヤのトレッド部(一番外側のゴム)が
突如剥離して吹き飛ぶ事故[外部]が起こった。

この事故を受けてミシュランは「構造がガチガチに硬いリアタイヤ25周のレースをする」ことと
「それまでのリアタイヤを使うが周回数は20周にし、10周で強制乗り換えタイヤ1組で10周だけ走る」
の2案を提示した。結局後者の案が採用され、決勝はレース中の乗り換えを強いられることになった。

この後者の案は2013年フィリップアイランドサーキットオーストラリアGPとほぼ同じ形式である。

レディングの事故は走り始めて7周に発生したので不安視するもあったが、事にレースは終わった。

硬いリアタイヤが活躍


次へ»
最終更新日: 18/05/06 22:00
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:大百科ニュース社