ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


アガサ・クリスティ


ヨミ: アガサクリスティ
掲示板をミル!
2カキコ!

アガサ・クリスティAgatha Christie1890年9月15日 - 1976年1月12日とは、イギリス小説家である。

生涯に長編66、中短編156、戯曲15などを執筆。
『アクロイド殺し』『オリエント急行殺人』『そして誰もいなくなったなどは世界的な知名度を誇り、「ミステリー女王」の異名を持つ。


概要


1890年、イギリス西部の町・デヴォンシャーに生まれる。
フレデリックアメリカ人の実業だったが商才には恵まれず、祖の遺産を投資に預けて々自適の生活を送るディレッタントだった。クララは彼の従妹だったが、当時の女性としてはかなり独自の価値観を持っていた。

アガサにはがいたが10歳以上年が離れており、二人ともくにを出ている。当時の富裕層の子女はパブリックスクール入学後、寄宿舎での生活を送るのが常だった。しかしアガサは教育針に基づき、学校に行かず、から直接教育を受けるという変わった方法で育てられた。
この教育針はかなり独特なもので「7歳までは字を書けない方が良い」というの下、アガサは読む事は出来ても書く事は一般の子供よりも遅かった。満足文字が書けないを見かねたがこっそりと自分の手紙を書く手伝いをさせた事で弊は解消したが、スペルミスなどの癖を残す結果となった。

学校に通わないアガサは同じ年齢の友人を得る機会がなく、遊び相手は使用人やメイドだった。彼らが職責を果たす間は、一人きりで想にふける内向的な少女になった。その一方、書斎に入り浸り、膨大な書物を読む事でジャンルに囚われない知識を得たり、礼儀作法を教える私学学校演劇音楽に触れる事となった。
ただし、こうした変わりな教育についてアガサはマイナスイメージを持っておらず、自分が受けた教育について誇りを持っていると回想で述べている。

1901年、11歳の時にが死去。この頃から彼女や短編を執筆して文芸誌に投稿するようになる。1909年には初の長編小説砂漠の雪』を執筆し、自宅の隣に住んでいた小説家、イーデン・フィルポッツ(代表作『赤毛レドメイン』)から導を受けている。イーデンはアガサに「小説でしてはいけない事」についてり、未来女王に助言と励ましを送った。

1914年に結婚。相手はイギリス大尉アーチボルドクリスティで、以後彼女は夫の姓を名乗るようになった。第一次世界大戦中には薬剤師の助手として奉仕活動に勤しんでいたが、この時に物に関する知識を得たという。
終戦後の1920年、『スタイルズ荘の怪事件』にてデビュー。かの名探偵エルキュール・ポアロデビュー作であり、彼の魅的なキャラクター性に加え、戦後間もなくの瀟洒な片田舎舞台とした長編小説は絶賛された。
アガサは回想において「多くの感想の中でも、調剤学の専門誌から作中で書いた物に関する知識について褒められたのが一番嬉しかった」と告白している。

1926年に『アクロイド殺し』を発表。大胆なトリック予想外犯人によってミステリ界に旋を巻き起こし、ファンの間でフェア・アンフェアの大論争が勃発。めてアガサの名を一躍有名にした。
しかし同年に最を失い、夫との間に不和が生じ、精的に追い詰められたアガサは、自宅を出たまま行方不明になってしまう。事件を知ったマスコミ報道によって多数の情報が寄せられた他、ミステリ作家ドロシー・L・セイヤーズや、アーサーコナン・ドイル彼女行方についてコメントを発表するなど、大騒動になった。
失踪から11日後、アガサはとある保養地のホテルに別人名義で投宿していたのを発見、保護された。失踪の理由については夫との不仲による心神耗弱説の他、意図的に彼女が起こしたという説もあるが、本人は生涯この事についてる事がなかった。2年後、アガサは夫と離婚するに至る。

傷心を癒す為か、世間の追及を逃れる為か、1930年にアガサは中東旅行に出る。そこで14歳年下の考古学者、マックスマローワンと出会ってに落ち、交際数か結婚。世間をあっと驚かせた。この結婚についてアガサは「だって考古学者なら、古いものほど価値を見出してくれるから」と冗談めかしてったという。
以後はひっそりと表舞台から姿を消し、自宅や別荘で執筆活動に勤しんだ。これにより人前に出る機会も減り、めて「ミステリー女王」としての秘性が高まったと評する向きもある。

1952年には書き下ろしの戯曲『ねずみとり』を発表。これは1947年にBBCの依頼でラジオドラマの台本として執筆した『三匹の盲目ねずみ』を短編小説化し、更に戯曲化したものである。
この戯曲は現在に至るまで上演され続けており、世界最長ロングランとしてギネスブックに記載されている。2000年に上演回数2万回を突破、2012年には60周年を迎え、日本でも「マウストラップ」の題名で演された。
一方で1956年に大英勲章第三位(CBE)、1971年に大英勲章第二位(DBE)に叙勲され、イギリス推理作家クラブの第四代会長にも就任するなど、その名は押しも押されぬものとなっていった。

1973年に発表した『運命の裏木戸』が最後の推理小説となる。
1975年にはポアロ最後の事件である『カーテン』を、執筆から32年ぶりに発表。これは自身の死後に発表すると契約していたが、出版社に催促・説得された結果の発表だった。エルキュール・ポアロ最後の事件であり、事件の末に際してはニューヨークタイムズがあたかもポアロ実在人物であるかのように報じるなど、大きく話題を集めた。
それから1年後の1976年風邪をこじらせて容体が悪化。静養先の自宅で家族に看取られて亡くなった。享年85歳。
死後、契約に基づいて『スリーピング・マーダ』が発表。ミス・マープル最後の事件がられる事となった。


その他


ファンによって設立されたアガサ・クリスティ協会によると、彼女の作品は世界で10億部以上が出版されているという。一説には「聖書シェイクスピアの次によく読まれている」とされ、実際にユネスコの文化統計年鑑では「最高頻度で翻訳された著者」のトップギネスブックでは「史上最高のベストセラ作家」に認定されている。

日本では早川書房がほぼすべての作品を翻訳・出版しており、そちらの知名度が高い。真鍋博が手掛ける、文庫旧版の印的なデザイン染みのある読者は多い。また早川書房クリスティ生誕120周年を記念して創設された新人賞「アガサ・クリスティー賞」の催でもある。
アメリカでは「アガサ賞」が1988年に創設。伝統的な推理小説に対して贈られる文学賞で5つのカテゴリに分かれており、毎年に開催されている。

その人気からたびたび映像化される事が多く、枚挙に暇がない。
ちなみに2014年映画サボタージュ』は『そして誰もいなくなった』が原作……なのだが、アーノルド・シュワルツェネッガー演の推理(物理)スリラーアクションに仕上がっている。
どうしてこうなった

青山剛昌漫画名探偵コナン』の阿笠博士の名前の元ネタでもある。
伯父介(くりすけ)・伯母の定子(ていこ)と合わせてアガサ・クリスティという小ネタもあり。


主な探偵



関連動画



■sm24238713[ニコ動]

■sm25458371[ニコ動]

■sm1831090[ニコ動]
■sm31527338[ニコ動]

■sm7322025[ニコ動]
■sm22842662[ニコ動]


関連商品


■az4151300015
■az4151300031

■az4151300112
■az4151300333

■az4151301003


関連項目



最終更新日: 18/05/13 17:35
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:大百科ニュース社