ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


アキレウス


ヨミ: アキレウス
掲示板をミル!
1カキコ!

アキレウス(Ἀχιλλεύς)とは、ギリシア神話に登場する英雄である。英語では「アキリーズ(Achilles)」、フランス語では「エシル(Achille)」となる。日本ではラテン語読みの「アキレス(Achilles)」で呼ばれることが多い。

長編叙事イーリア』の主人公無双戦士として大活躍した。


概要



出生


英雄ペーレウス女神テティスの間に生を受ける。

ペーレウスアイギーナ王アイアコスの子。アルゴナウタイやカリュドーンの猪狩りに参加した強者であり、プティーア王でもある。
テティス海神レウス(ネレイス)の一人であり、かつてはゼウスポセイドン婚された事もあった。しかし託宣の女神テミスは「テティスより優れた子を産む」と予言し、この為に彼らはテティスを諦める事となった。
後にテティス人間との結婚ゼウスに強要され、嫌がって様々な生き物変身して逃げた。しかしケンタウロス賢者ケイローンに知恵を授かったペーレウスにより捕らえられ、遂に夫として迎えた。
この二人の婚姻の宴において、争いの女神エリスが投げ込んだリンゴが、後にアキレウスが命を落とすトロイア戦争の発端となっている。

テティスが子アキレウスが死ぬ事を恐れ、彼を不死にしようと思い立った。
そこで幼いが子を冥界・ステュクスのに漬けたが、この時アキレウスの踵を掴んでいた為、その場所にだけは不死の加護が得られなかった。
ペーレウスはアキレウスをケイローンに預け、彼は多くの英雄と同様に賢者陶を受けて育つ。武芸は言うに及ばず、卓越した足の速さを誇り、『駿足のアキレウス』の異名を持つ事となった。

しかしテティスは、が子がトロイア戦争に参加すれば命を失う事を予見してしまう。そこで息子をスキュロス島に送り、彼は女装して女達と共に過ごす事になった。この時スキュロスの王女・デーイダメイアとの間に一子・ネオプトレモスが誕生している。
しかし智将として名高いオデュッセウスは、商人のふりをしてスキュロス島を訪問。美しい装身具や衣装の中に武器を混ぜ、女達を呼び寄せた。女達が武器にもくれない中、アキレウスだけは武器に手を伸ばし、オデュッセウスに正体を暴かれる。
こうしてアキレウスは運命を受け入れ、トロイア戦争に参加する事となる。


イーリアス


『イーリアス』は、芸術女神・ムーサへの祈りから始まる。

女神よ 謡いたまえ ペーレウス息子 アキレウスの怒りを

アカイア(ギリシア連合軍)がトロイアとの戦いを始めて十年の事。
アカイアがトロイアに対し、小競り合いの末に勝利を納めた。しかし戦利品の中にはアポロン官のがおり、彼女は総大将アガメムノンにさせられた。
を取り戻すべく官はアカイア勢に対し貢物を携えて訴えるが、驕れるアガメムノンは官を侮辱して追い返してしまう。これを嘆いた官はアポロンに対して「アカイアに涙の償いをさせ給え」と祈った。彼の願いを聞き届けたアポロンに矢をつがえ、アカイアに対して疫病をもたらす死の矢を放った。

十日の後にアカイアは軍議を開き、アポロンの怒りを鎮める為にの許に返すべきだという結論に至る。しかし代償をめたアガメムノンとそれを拒否したアキレウスの間に争いが起こり、彼は自分が戦利品として得ていたをアガメムノンに奪われてしまった。
更に「らはお前なしでも戦える」と侮辱された事にアキレウスは激怒テティスに訴えると、テティスはアガメムノンに自らの傲慢を思い知らせるべく、ゼウストロイアに対して一時的にを貸すように掛け合った。

これ以後アキレウスは集会にも戦にも出なくなる。一方でゼウスの介入により、アカイアはトロイアと全面戦争に持ち込む。しかし名だたる諸将は次々と傷を負い、劣勢となってしまった。
アキレウスの親友・トロクロスは再三出を願うが、アキレウスは首を縦に振らなかった。そこでパトロクロスはアキレウスのを借りて出トロイアを押し返したが、トロイア王リアモスの長子にして事実上の総大将ヘクトールによって討たれてしまった。更にヘクトールはアキレウスのを奪い、これを身に着けて味方を鼓舞する。

親友の死を知ったアキレウスは嘆き悲しみ、ヘクトールへの復讐を誓った。テティスから授けられた新たなを身に着けたアキレウスは遂に出トロイアの諸将を皆殺しにしてゆく。
遂にヘクトールとアキレウスの一騎打ちが始まるが、々の秤で定められた運命の通り、遂にヘクトールはアキレウスに討ち取られた。アキレウスはヘクトールを剥ぎ、戦車の後ろに繋げて引き摺り回した。

トロクロスの霊を追悼する競技会の後も、アキレウスはヘクトールの亡骸を引きずる事をやめなかった。
が子の残な有様を悲しんだトロイア王・プリアモスは単身でアキレウスの許を訪れ、涙ながらにが子の遺体を返して欲しいと願う。老王の言葉をアキレウスは受け入れて彼を労わり、ヘクトールの亡骸を丁寧に清めた上で返還した。


最期


ヘクトールを失ったトロイアは悲しみに暮れるが、援軍に女だけの戦闘部族・アマゾーンを率いる女王ペンテシレイアが来た事で勢いを取り戻す。ペンテシレイアアカイアを相手に一歩も引かぬ戦いを続けたが、アキレウスに返り討ちにあってしまった。
彼女の死の間際、その美しさに気づいたアキレウスは彼女を殺したことを後悔する。その様子をテルシーテースに嘲笑されたアキレウスは逆上、彼をその場で殴り殺した。
その後もエチオピア王・メムノーの援軍が加勢するが、こちらもアキレウスに討たれてしまった。

アキレウスはトロイアの門前で奮戦したが、ヘクトールパリが放った矢が踵を撃ち抜く一不死ではない急所を射られたアキレウスは、こうして予言の通りにその命を落とした。
その後彼の亡骸を両軍が争うが、アイアースオデュッセウスの奮戦により、物言わぬ彼はアカイアのに帰還する。彼の霊を慰める為の競技会の後、アキレウスの子・ネオプトレモスと、ヘラクレスの盟友・ピロクテーテースの持つがなければトロイアは倒せないという託が下り、トロイア戦争は終局へと向かう事になる。


死後


その後トロイアが攻め滅ぼされ、ネオプレトモスは亡きを夢に見る。「プリアモス王のポリュクセネーを自分の墓にげよ」という言葉に従い、彼は王女の墓前で手にかけた。
これはアキレウスが生前にポリュクセネーと思いがけず出会い、その美しさにい焦がれて未練が残ったのが原因である。

オデュッセウスのその後の苦難を描いた『オデュッセイア』にもアキレウスは登場する。
府を訪れたオデュッセウスの前にアキレウスの霊が現れ、しばしの間り合った。アキレウスは「死者の王となるより、生きてつまらぬ男に仕えた方がまだましだ」とり、が子の安否を気にかけた。そこでオデュッセウスネオプレトモスの事と活躍を伝えると、ようやく安堵して立ち去ったという。

異説においては、アキレウスは死後に々に迎えられ、永遠の楽園エリュシオンに入ったという。


後世への影響



アキレス腱


こうした逸話から、アキレウスの弱点となった急所の筋は「アキレス」と名付けられた。また強者の急所・弱点をす言葉としても用いられている。駿足英雄の弱点がアキレス腱というのは、昔の人にも走ってアキレス腱を切る人が多かったのかもしれない。


アキレスと亀


駿足の逸話を背景とした「アキレスと亀」の話が、自然哲学者のゼノン議論において登場。「ゼノンのパラドックス」として名高い。
足の速いアキレウス(アキレス)とのろまなハンディキャップをもらって先にスタート)が駆けべをした場合、アキレウスがのいた場所に辿り着いた時には、ものろまなりに先に進んでいる。更にアキレウスがその地点に辿り着いた時にはも……という考え方をすると、アキレウスはいつまで走ってもに追いつけない。
ん?と首を傾げる人が多い問題で、追いつく事例も追いつけない事例も色々と考えられる。


北欧神話


同様の不死の体と弱点を併せ持つ英雄として、北欧神話シグルズジークフリートが挙げられる。
ファフニールを退治し、その血を全身に浴びて不死の体を得たが、背中に貼りついた菩提の葉の部分だけが血に染まらず、そこを突かれて命を落とす事となった。


現代の作品


トロイア戦争を描いた映画トロ』(2004年)では、々の存在は描かれず、人間ドラマとして描写。アキレウスをブラッド・ピット、パトロクロスオーランド・ブルーム、ヘクトールエリック・バナが演じた。
神話でも歴史でもないフィクションとしての描写に対しては、観客や評論家からの批判が多かった。特にギリシアローマに対して思い入れが深い事で知られる作家塩野七生は『文藝春秋』誌上で映画の事をボロクソに酷評している。まあその通りだと思う......
とは言えキャストい踏みという事もあり、行的には成功している。

2011年に発売された『TROY無双』においても役として登場。プライドが高くすら恐れない傲慢最強戦士として描かれている。
その後無双シリーズお祭りゲー『無双OROCHI2』において、ゲストキャラとして登場した。

小説Fate/Apocrypha』では、聖杯大戦に『ライダー』として参戦。詳細はアキレウス(Fate/Apocrypha)参照。
義に篤く、卑怯な振る舞いを良しとしない好放磊落ではあるが乱暴藉に非ず、英雄として生きて死ぬ事を強く心に誓っている。
作中では同営の『アーチャー』を「さん」と呼んで親しみ、素っ気なくされても口説いている。
その後2018年ソーシャルゲームFate/Grand Order』に、『アーチャー』と共に実装。先んじて因縁のある人物がサーヴァントとして実装されているが……。


関連動画



■sm14506743[ニコ動]

■sm17592459[ニコ動]


関連商品


■az4572008523
■azB00JOZR3AW

■azB002EQB0P2
■azB015AQ9PFO


関連項目



最終更新日: 18/05/04 22:18
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ