ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


アクアリウム


ヨミ: アクアリウム
掲示板をミル!
56カキコ!

アクアリウムとは生物を飼育する容器、または水族館[外部]のことをいう。


概要


広くは、水族館のような大施設から、小規模な個人的設備にまでまたがる概念であったが、

今日では、熱帯魚・温帯日本産淡や、などを水槽内で飼育・栽培する行為自体や、

そのために構築された水槽を含む設備全体をして使われることが多い。

また、アクアリウムを楽しむ人々全般をして「アクアリスト」と呼ぶことが多い。


始めるには何を買えばいいの?



水槽


まずは水槽。これがないとどうにもならない。

で、水槽を置くにはに置き場所が必要になる。どこに置くのかを入念に見当しておこう。スペースだけでなくコンセントが近くにあるか、の便はどうか、これらも勘案しておく必要がある。

日本では昔から尺貫法が用いられていたことから、水槽サイズも15cm刻み、もしくは30cm刻みで規格が統一されている。単に「60cm水槽」といえば幅が60cmのものをす。幅が90cmなら「90cm水槽」、120cmなら「120cm水槽」だ。それぞれ高さと行きも決まっているので、サイズを知りたいときは幅だけみていれば問題ないのである。

販されている水槽サイズを置いておく。

通称 幅(cm 行き(cm 高さ(cm 量(ℓ)
60cmレギュラー 60 30 36 65
60cmワイ 60 45 45 121
90cmレギュラー 90 45 45 182
120レギュラー 120 45 45 243
180レギュラー 180 60 60 648


初心者には60cmレギュラーでも「でかい」という印を抱くだろう。そのうち小さくなってくる

■azB0027QM4K4
■azB004IH3MRO

たとえば↑は60cmレギュラーと呼ばれる一般的なサイズ水槽だが、幅60cm×行き30cm×高さ36mのこの水槽でも、を入れて砂を敷いてフィルターを付ければ80kgくらいにはなる。いちど設置すればおいそれと動かせないので熟慮を要する。

床も大事な問題だ。傾いている床は論外だし、畳も沈んでしまうのでNGである。フローリング、コンクリートの床を設置場所に選ぼう。

ちなみに、建築基準法において定められている住居の長期積載荷重の最低基準は、1方mあたり180kgとなっている。60cmレギュラー程度なら問題ないが、巨大な水槽だとこの数値をえてしまう可性がある。べつに建築基準に問題があるわけではなく、水槽というやつがあまりに局所的に荷重がかかりすぎるからである。最初から大きな水槽を導入する初心者は居ないと思うが、そういうときは設計業者に相談したり、必要なら床の補強をしてもらおう。

なお、木造建築の場合、1階や地下以外に60レギュラー以上の水槽を置くのはおすすめできない。


水槽台


水槽を床に直接置くのならべつにいいが、できることなら立ったときの胸の高さに水槽があるくらいだと鑑賞しやすいし、換えもやりやすい。

■azB003A2AB0O
■azB003QPNNWI

各社から専用の水槽台も販売されている。重量に対する耐久性はもちろん、水槽サイズにぴったりに寸法が測られているので機性も高い。

写真のように上下2段にわかれているタイプは、水槽を2本置くこともできるし、上段に水槽を置いて下段に餌やメンテナンス用品をしまっておく、という使い方もできる。個人的には地震が怖いので下段に水槽をもってきたいところだが、そこは各自の判断に任せることとする。

上段に置くとどうしても重心が高くなるので、水槽面に固定するなどして、水槽が倒れることのないよう万全の地震対策を講じられたい。

むろん、置きたい水槽が幅30cmとか小さいサイズのものであれば、こういった心配はいらない。


ヒーター


観賞はだいたい熱帯魚である。期の日本では熱帯魚は凍え死んでしまう。そこでヒーターが必要になる。

■ysavel-net_1320592053

熱帯魚用のヒーターは、セラミック管に電熱線を封じ込めたもので、これが水中で熱せられることでを温めるという仕組みになっている。空気中では表面が余裕で300℃をえるので絶対に通電中に空気中へさないこと。火傷にも注意。

で、このヒーター、通電しっぱなしだと熱湯になってしまう。適正な温度になったらオフになってもらわないと困る。

そこで必要なのがサーモスタットだ。

■azB004PFDOC2

まずサーモをコンセントにつなぎ、サーモの温度センサーと、サーモに接続したヒーターを水中に入れる。サーモには温度設定のダイヤルがある。ダイヤルを26℃に合わせれば、温が26℃以上に達したときに自動的にヒーターへの通電をストップする。こうして温を維持するわけである。

温度センサーがヒーターの近くにあると、全体の温が上がりきらないまま通電オフになってしまう。ヒーターと温度センサーはなるべく水槽内の両端に設置するようにしよう。このため温度センサーコードはかなり長めに作られている。

■azB00G3U5JMU

↑はヒーターとサーモスタットが一体化したオートヒーター。水槽に設置してコンセントを差せば勝手に26℃まで温めてくれる。便利である。ただし、飼育者側で設定温度を変更することはできない。繁殖の前段階で低温が必要とか、病気の治療で高温にしたいとかいう場合には適さないので、お好きなほうを選ばれたい。

オートヒーターをサーモスタットにつなぐと誤作動を起こす。通常のヒーターはサーモとセットで、オートヒーターは単独で使用するようにしよう。パッケージにでかでかと「自動で設定」とか「サーモいらず」とか書かれてあるし、わからなかったら店員くとよい。

オートか否かにかかわらず、水槽サイズ量)によってヒーターのワット数も異なる。以下に安を記しておく。

45cmレギュラー 100150W
60cmレギュラー 150200W
60ワイド・75cmレギュラー 200~300W
90cmレギュラー 300400W
120cmレギュラー 500600W

大は小を兼ねるというが、観賞のヒーターにはかならずしも当てはまらない。ヒーターは通電が止まってもしばらくは余熱を発し続ける。量に対してヒーターのワット数が大きすぎると、余熱だけで温が上昇しすぎる可性があるのだ。適正なワット数を選ぶようにしたい。

いまどきのヒーターには焚き防止機が標準装備されている。通電中に空気中に出て高熱になりすぎると自動的にオフになる、あるいは電熱線を切断するというもので、ヒーターが火災の原因となることを防ぐわけである。阪神淡路大震災のおりに発生した「移動可な電熱器による電気火災」の原因の17熱帯魚用のヒーターが焚きしたことによるという統計がある。外部リンク・総務省消防庁[外部]

阪神大震災以前にも焚き防止機つきヒーターは販売されていたが、飼育者側の意識も革され、いまでは焚き防止機のないヒーターを探すほうがむずかしいほど普及している。

そんなわけで不注意から焚きしてしまっても火災に発展する危険性は減少しているが、たいていのヒーターは焚き防止機が働くともう使用不能になってしまうので、安全面の観点からも、くれぐれも焚きしないようにご注意いただきたい。

ちなみに、大きな水槽の場合、たとえば600Wのヒーターが必要なら、600Wのヒーター1本を使うより、300Wのものを2本導入するほうがよい。1本しかないとそれが故障したらおしまいだが(しかもそれが留守中だったらもうお手上げである)、2本が同時に壊れることは考えにくいので、万が一のときにも温の低下を防ぐことができる。

いうまでもないだろうが、ヒーターには温を下げる機はない。温が設定温度以下になったときに温めるというものであって、外気温が高かろうが低かろうが設定した温度を維持してくれるというわけではないので、念のため。

ヒーターとサーモの寿命

だいたいの商品には、ヒーターはワンシーズンで交換してくださいと書かれてある。

電気製品にとってオンオフの繰り返しほど負担のかかることはない。ヒーターはあっためてはオフになり、温が下がったらまたオンになって、あったまったらオフになって……というルーチンで温を維持しているので、実はとんでもなく過酷な環境でお仕事をしているのである。

ここで「んちには5回を迎えたヒーターがある」などと吹聴するのは簡単だが、一般論としては、メーカーの注意書きにしたがってくださいとしか書けない。ワンシーズンを越えて使う場合は予備を用意しておくこと。ヒーターというやつは真夜中とかショップ定休日にかぎって壊れるからだ。腐るものではないので予備があるにこしたことはない。

サーモの寿命はむずかしい。何年かはもつようだが、念のため、こちらも予備を用意しておいたほうがいいかもしれない。

サーモは電子機器なので、予備は湿気と高温を避けた暗所で保管しておこう。


水温計


温を測る具である。ガラス管に赤色アルコールを封入した昔ながらのものと、デジタル式のものがある。

■azB00731DAJW
■azB0086K3JFY

好きなほうで構わない。

強いて言うなら、デジタル式は計測がいので、換え時に新しい温度を測るときに便利である。ただし、電池式なので、ボタン電池の予備を確保しておこう。

サーモで温わかるじゃんなどと横着してはいけない


フィルター


は餌を食べる。食べればうんちを出す。おしっこも垂れ流しである。餌も食べ残しが散らばる。はどんどん汚れていく。

汚れたをきれいにして戻すのがフィルターである。

の汚れには大きくわけて2種類ある。物理的な汚れと、化学的な汚れだ。

に見えるゴミ物理的な汚れで、に見えないゴミ化学的な汚れと思ってくれていい。

まず、ウールマット物理的なゴミを濾し取る。これを物理ろ過という。

■azB004OHQ4Y6

つぎに、バクテリアを借りて、有物質をな物質に変えてもらう。これを生物ろ過という。

■azB005G0OUSW
■ysavel-net_1190063903

↑こういった粒やリング状のろ材は表面積が大きくなるように作られていて、ろ過バクテリアが大量に住み着くとなる。ここに汚れたが通ると、汚れはバクテリアの餌であるから、分解され、化されていく、というわけだ。ろ過バクテリア自体はそこらへんの空気にもいるので、フィルターセットしてを回しておけば勝手に定着してくれる。

もうすこし詳しく解説しよう。まずうんち分解されたり、おしっことして排されたアンニア水槽中に漂う。アンニアエラに触れただけで即死させるほどの猛だ。このアンニアニトロソモナスというバクテリアが食べて、亜硝に変化させる。亜硝アンニアに負けず劣らずの物だが、これをニトロクターというバクテリアがさらに分解し、硝という物質に硝化(しょうか)させる。

自然界ではさらに窒素還元されて窒素となり、空気中へと解放されるのだが、水槽ではそのままたまり続ける。あまりに濃度が高まりすぎると有だが、ほぼなので、生物ろ過が機していれば安心してを飼育できるというわけだ。

フィルター物理ろ材や生物ろ材を詰めたろ過槽に水槽を通し、をきれいにして水槽へ戻す。いろんな商品があるが、この基本はおなじである。


上部式


■azB003EENV96
■azB0027QEMO0

フィルターとしては最もポピュラー水槽の上に置き、ポンプでろ過槽へをくみ上げてろ過する。ろ過槽の容積が大きく、酸素も巻き込めて、しかもメンテナンスも容易におこなえる。

欠点としては、水槽へ戻す排が「じゃぼぼぼぼ」とか「ちょろろろろ」とかけっこう音がすることだろうか。慣れれば生活音と化すので気にならなくなるが、気になる人は気になるかもしれない。位が低いと排水音も大きくなるので蒸発したら足しするように心がければ騒音(というほどのものでもないが)低減につながる。

また、ろ過槽が水槽上部の半分を占めるので、照明器具を上部全体に置けない。メインとした水槽では水槽の上部は照明器具で独占し、水槽全体にが行き届くようにしたいが、上部式だと影になる部分ができてしまう。なお、水槽で上部式フィルターを用いると、のために添加した二酸化炭素が逃げてしまうので、その意味でも適していない。


外部式


■azB002OCC8SE

ろ過槽が水槽の外部に置かれ、ポンプでを循環させる。

上部が解放されているので、照明器具で埋めることができる。また、水槽ホース→ろ過槽→ホース水槽と循環し、いっさい空気と触れないため、添加した二酸化炭素も逃がさずにすむ。水槽には必須のフィルターといえよう。

また、上部式は水槽の上に置く関係上、サイズも限定されてしまうが、外部式はいくらでも大のものを、いくつでも設置することができる。外線殺菌を接続することだって可だ。飼育者側でカスタマイズを楽しめるぶん、知識と経験を必要とする、やや中級者以上向けのアイテムである。


底面式


■ysaquatailors_343000011000

古来より伝えられているフィルター

水槽の底面にパネルを置き、その上に砂を敷き、ポンプを稼動させる。は砂を通過するあいだにろ過されるというわけだ。

水槽の底がそのままフィルターになるのでろ過は高い。上部も解放されている。


次へ»
最終更新日: 19/04/13 10:47
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ