ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


アクエリオン


ヨミ: アクエリオン
掲示板をミル!
26カキコ!

アクエリオン』とは、サテライトオリジナルロボットアニメシリーズ、およびそれに登場する巨大人ロボットである。


シリーズ作品



テレビシリーズ


創聖のアクエリオン
2005年4月9月に放送された。全26話。
アクエリオンEVOL
2012年1月6月に放送された。全26話。
創聖のアクエリオン』から一万二千年後の全新作。
アクエリオンロゴス
2015年7月12月に放送された。全26話。
前2作とは世界観が大きく異なり、現代日本舞台としている。

その他


のアクエリオン
OVAとして2007年5月25日に前編『裏切りの』、2007年11月22日に後編『太陽』が発売された。
創聖のアクエリオン』のパラレル作品。
劇場版アクエリオン
2007年9月22日に劇場開された。
『創のアクエリオン』をベースにした長編『神話』と、『創聖のアクエリオン』をベースにした全新作短編『発逆転篇』の二本立て。
創勢のアクエリオンEVOL
2015年10月28日発売のBD/DVDアクエリオンロゴス Vol.1』に収録。
創聖のアクエリオン』と『アクエリオンEVOL』のキャラクターが登場。

機械天使「アクエリオン」


3機の戦闘機ベクターマシン」が合体してできる巨大人ロボット合体する機体の種類によって3形態のロボットに変形する。搭乗者には「エレメント」と呼ばれる一種の超能力を持った少年少女達が選ばれ、彼らのことを「エレメント」と呼称する。

合体間、各エレメントの感覚が共有されて一種の恍惚状態に陥る(俗に言う「気持ちいい」状態)。この際、搭乗エレメントの姿が全裸であるかのように描写され、アクエリオンを代表する要素になっている。

「三機の戦闘機合体して三通りの形態になる」という点はゲッターロボオマージュであるが、多くのゲッターとは異なり、偽り全変形する。実際に劇中のCGモデル再現した超合金玩具も発売された。


神話型アクエリオン


創聖のアクエリオン』及び『創のアクエリオン』のロボット。 そのスペックは登場エレメントの精状態に寄るところが大きく、またエレメントの組み合わせによってもその強さは変化する。
搭乗エレメントの体術やエレメント、その時々の感情によって様々な必殺技を繰り出す。新たな必殺技が発動する際には、「新記敷器」の文字と共に必殺技名が映る。

合体時の叫びは、「念心!」「合体」「ゴー!アクエリオン!
また、合体フォーメーションにはコードネームが付けられている(運命の形、美しき形、はじめての形…など)。

ベクターマシン及び各形態

ベクターソル
赤色ベクターマシン。搭乗エレメントの「気」や「エレメント」を増幅する。
ベクターマーズ
青色ベクターマシン。搭乗エレメントの「知」や「作戦」、「思考」を増幅する。
ベクタールナ
緑色ベクターマシン。搭乗エレメントの「感受性」や「回復」を増幅する。
ソーラーアクエリオン
ソルヘッドとなり、下半身をマーズバックパックをルナが構成した形態。メインカラー。基本的に素手で戦うが、太陽というを使える(滅多に使用しないが)。
「ソーラーアクエリオン」と呼ばれるのはアポロが搭乗しているときのみで、他のエレメントベクターソルに乗った際は「アクエリオンソル」と呼称される。
アクエリオンマーズ
マーズヘッドとなり、下半身をルナバックパックをソルが構成した形態。メインカラーシリウスが搭乗することが多く、星空を用いた剣術メインに戦う。また、星空二刀流も可
アクエリオンルナ
ルナヘッドとなり、下半身をソルバックパックをマーズが構成した形態。メインカラー。腕部は後ろに大きくせり出しており、展開すると巨大なルナティックアーチェリーになる。太陽剣、星空に相当する月光を持つが、本編には未登場。
ちなみに劇中で最初に登場した形態である。

主な必殺技

無限拳(むげんパンチ) - ソーラー
アクエリオンが使用するトンデモ必殺技の代表格。「腕が伸びて敵を殴る」というシンプルな技だが、その名に恥じぬ距離射程と追尾を誇る。初使用の際には敵を面に叩きつけ、にえくぼを一つ増やした(通称:パンチ)。
物理法則もあったもんじゃねぇな
嫉妬変性(ゼーロテュピアーグラディウス) - マーズ
嫉妬の感情を否定せず、それを抱えて生きることで発動した技。嫉妬で発生した竜巻と共に、星空で敵を攻撃する。嫉妬という、いわゆる負の感情をも強必殺技にしてしまうのがアクエリオンクオリティ
- ルナ
劇中で初めて発動した必殺技(正確にはこの前に「手裏剣」が使用された)。を伴いルナが高速回転し、その後強な蹴りを放つ。中国拳法の達人であるの腕前が生かされた技だが、他の必殺技べると若干地味

強攻型アクエリオン


創聖のアクエリオン』及び『創のアクエリオン』に登場。神話を基に開発された量産型で、インパクトカノンやGUNポッドなどの重火器で武装している。劇中では神話を交えての合体も見せており、基本的な機構は神話と同じらしい。

ベクターマシン及び各形態

ベクターアルファ
ベクターソルを基にした機体。機首にインパクトカノンを装備している。
ベクターオメガ
ベクターマーズを基にした機体。
ベクターデルタ
ベクタールナを基にした機体。双胴部分に2丁の30mmアサルトGUNポッドを装備している。
アクエリオンアルファ
ソーラーアクエリオンに相当する形態。肉弾戦中心のソーラーとは異なり、巨大なインパクトカノンを武器に戦う。
アクエリオンオメガ
アクエリオンマーズに相当する形態。武器は2丁のアサルトGUNポッドと頭部のガトリング砲
アクエリオンデルタ
アクエリオンルナに相当する形態。両腕部からミサイルを発射する。
アーマゲドン形態
アクエリオンオメガが変形した形態。上部にインパクトカノンを装備した六足歩行の移動台。
アサルトウォーカー形態
アクエリオンアルファが変形した形態。ベクターアルファに足が生えたような形態で、飛行形態の機動ロボット形態の攻撃を併せもつ。い話がガウォーク形態。

ちなみにアーマゲドン及びアサルトウォーカーは、河監督超合金アクエリオンの試作品をいじっていた際に発見された形態である。


アクエリオン(EVOL)


アクエリオンEVOL』に登場。強攻ベースに開発されており、強攻同様量産されている(少なくともベクターマシンが2セット存在する)。神話や強攻とは異なり、合体時に一部のパーツが分離する。
「アクエリオン」の名は長らく禁じられていたが、1話でアマタが搭乗し禁断の男女合体を行ったことでその名を取り戻した。またその際、ベクターマシンカラーリングも変わっている。

合体時のかけは「○○合体!ゴー!アクエリオン!」で、その時々の状況や心情で変化する。1話において封印を破った際は「合体」だった。
例)創合体合体解け合体、旋合体

ベクターマシン及び各形態

ベクターゼド(VECTOR Z)
アクエリオンEVOLの際にヘッドとなる機体。ベクターアルファを基にしていると思われるが、ヘッド時に腕となる部分が機首から機体後部へと変わっている。
ベクターイクス(VECTOR X)
アクエリオンゲパルトの際にヘッドとなる機体。ベクターオメガを基にしていると思われる。
ベクターシロン(VECTOR Y)
アクエリオンスパーダの際にヘッドとなる機体。基になったと思われるベクターデルタとは機体の形状がかなり異なる。
アクエリオンEVOL
ベクターゼドをヘッドにした形態。外見はソーラーアクエリオンに酷似しているが、ソーラーと異なり頭部に二本のがある。必殺技発動時などに展開するは、普段は両サイドアーマーとなっている。
アクエリオンゲパルト
ベクターイクスをヘッドにした形態。ベースとなった強攻の特徴を色濃く残しており、マシンガンミサイルポッドを武器に戦う。
3形態中最も防御が高く、パイロットへの負担も少ない。それ故アクエリアではこの形態が用いられていた。
アクエリオンスパーダ
ベクターシロンをヘッドにした形態。武装はエネルギー体化させたソードで、高速機動戦闘を得意とする。 機体自体の防御は3形態中最低だが、シロンの一部が変形した大シールドで防御を補っている。

主な必殺技

触愛・天翔突(FLYING LOVE ATTACK) - EVOL
EVOL』における初必殺技ミコノの手のが小さくてすべすべで暖かくてやわらかかったため、アマタエレメント重力干渉」が増幅・発動し、その勢いで敵ごと急上昇して衛生軌上の小惑星叩きつけた。
やわらかあああああい!
平身低頭覇(DOGEZA)orz - ゲパルト
シミュレーターでアマタが発動させた必殺技。絶対防御の・・・ではなく、ミコノに謝りたいという一心で繰り出した単なる土下座。敵にダメージを与えることはなかったが、行動が予想外すぎたためシミュレーターが終了した。
無限拳(MUGEN ATTACK) - EVOL
神話アクエリオンが使った伝説の技。初使用の際に伸びた距離オリジナルほどではなかったが、それでも地球を1周以上するという驚異的なものだった。にえくぼが増えることはなかったが、天使学園のベルリン(男子部と女子部を隔てていた)が破壊された。
下葬送曲(MOONLIGHT REQUIEM) - スパーダ
シュレードがビブラートアレグロバーチェし、人のはその命をアジタートに歌い上げ
アマタゼシカ・シュレードのエレメントが合わさり、発動させた必殺技
ミスラ・グニスの一撃をかわし、返しで頭部を切り飛ばす威を見せた。

アクエリア


アクエリオンEVOL』に登場。男性用と女性用の機体が存在し、メインカラーが異なる。ベクターマシン及び合体形態はアクエリオン(EVOL)と同
異性間合体が禁止されているため、グイゼ・ストーンと呼ばれる合体防止装置が組み込まれている。また合体形態もベクターイクスをヘッドとした形態(ゲパルトに相当)のみ。

ベクターマシン及び各形態

ベクターマシン
EVOLの三機と形状は同じだが、カラーリングは変更されている。
アクエリアM
男性エレメント用の機体。メインカラー水色
アクエリアF
女性エレメント用の機体。メインカラーピンク

アクエリオン(ロゴス)


アクエリオンロゴス』に登場。文字世界"ロゴワールド"内での探索・戦闘用の機体。人の言葉やに宿る「創」を動とし、搭乗者の名前の文字を組み合わせることで必殺技が発動する。
前2作と異なり各操縦者ごとにベクターが存在し、さらに2機合体が基本となる。合体形態のバリエーションは歴代で最も多い。

合体時には最初にパイロットの1人が「創合体○○!」と叫び、その後全員「アクエリオン!」と叫ぶ。「○○」の部分は形態により異なる。

ベクターマシン及び各形態


次へ»
最終更新日: 16/02/07 23:20
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ