ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


アサ


ヨミ: アサ
掲示板をミル!
5カキコ!

アサ)とは、植物の一種である。日本ではに繊維をとるために栽培されている。大麻

麻というと、植物の茎や葉から取れる天然繊維を総称する意味もあるが、この場合にはアサをすことはむしろ少ない。実際に、「庭用品品質表示法」では麻といったら"亜麻及び苧麻に限る。"とされているほどである(どちらもアサの仲間ではない)。

この記事では、植物のアサについて説明する。医療品・嗜好品としての使用については大麻の記事を参照のこと。


概要


【分類】(クロンキスト)イラクサアサ科アサ属(APG)バラアサ科アサ属
【学名】Cannabis sativa
(学名の由来)Cannabisギリシャ語古名から/sativa→栽培の

そこらに生えているのを見ることはまずいと思うが、7-9つの葉が集まり、全体としてのような形をしているのが特徴。もしそれっぽいのを見かけたらケナフ予感


用途 - 麻薬だけではない


世界各地で繊維・油糧・料作物として栽培されてきた。近年は、バイオマス産業に生かすための試みもなされている。

アサの繊維には布や縄など多数の用途がある。神道ではな繊維とされ、注連縄の材料になったり、事に使われたりする。手芸の分野では麻紐を使った「ヘンプアクセサリー」がよく知られている(ヘンプはアサの英名)。

日本のアサ栽培は、化学繊維が台頭してきた1950年代後半から急に衰退した。かつては長野県も生産地として有名だったが、現在では栃木県で栽培されている。

栽培されているのはトチギシロ栃木)という品種である。これは、栽培農家から麻薬的でアサが盗まれる事態が多発したので、何とかして幻覚成分を含まない品種をつくろう、ということで1982年に作出されたものである。幻覚成分を含むアサと交雑すると、トチギシロも幻覚成分を含むようになってしまうので(優性遺伝する)、その点では細心の注意が払われており、栃木県は県外への種子の持ち出しを禁止している。


麻の実


麻の実が「観賞用」としてネットなどで売られていることもあるようだが、本当に「観賞」で満足できるならともかくとして、発芽させた時点で犯罪大麻取締法違反)なので注意すること。

麻の実は古くは日本各地で食用にされてきた。身近なところでは、七味唐辛子材料になっていたり、ペットショップの餌として売られていたり(普通は発芽抑制処理済み)する。また、池のからミズカビを取るには、茹でた麻の実を用いる方法が一般的である。 


幻覚成分


カンナビノイドと総称される成分を含み、うちテトラヒドロカンナビノール(THC)生理作用の大部分の由来であるといわれている。トチギシロはTHC(正確にはそのカルボン体であるTHCA)が少ない品種である。

ここから先のことは大麻の記事を参照。


その他・豆知識



関連動画



■sm2771331[ニコ動]


関連項目



最終更新日: 11/08/04 22:09
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:大百科ニュース社