ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


アシュラマン


ヨミ: アシュラマン
掲示板をミル!
58カキコ!

アシュラマン

アシュラマンとは、ゆでたまご漫画作品『キン肉マン』及び『キン肉マンII世』に登場するキャラクターである。


概要


阿修羅モチーフとした(ただし、扱いはクモの化身人)人。悪魔将軍から直接導を受けた直属部隊「悪魔六騎士」に所属しており、出自は魔界を治める王族出身の王子というトップエリート超人強度悪魔六騎士では最高の1000パワー
3つの顔と6本の腕を持ち、笑い・冷血・怒り面からなる顔を入れ替えることでファイトスタイルを変え、6本の腕で普通ではありえない技を掛けられる。
この6本の腕は他者から奪ったり死者の腕を憑依させたものであり、自分本来の腕ではない。そのため、腕を失っても再生。また、三つの面は実はマスクであり、仮面の下には本来の表情である泣き面が隠されている。
体色は原作では(インド神様は肌が青色で描かれるのが多い)もしくは黄緑色、アニメカラー肌色

カーカカと特徴的な高い甲高いをする。キン肉マンでは他では見られない変な笑いが多いが、その中でも特に印深く残るであろう笑いである。

幼い頃はサムソン・ティーチャーという家庭教師から教えを受けており、サムソンの優しさを理解できなかったが慕っていた。しかし、サムソンで溺れ流されたアシュラマンを身を挺して救い行方不明となってしまう。
を流して見届けるしかできなかったアシュラマンは、それ以降より友情を否定する性格となり、悪魔超人の信念に忠実に動くようになった。また、その頃に素顔を仮面で隠すようになった。

アシュラマンの出自であるアシュラ一族は、元々は2本の腕の人だったが、敵から腕を奪うを身につけ、ジャスティスマン子である完璧超人ミロマンの腕を奪ったことで4本腕の人一族となり、アシュラ王族はさらに6本の腕を持つようになる。その後、魔界を築いた悪魔将軍から魔界の統治を任されるようになったことで魔界で大きな影を持ち、王族として繁栄するようになった。


プロフィール



活躍



黄金のマスク編


地獄めぐりNO.5竜巻地獄悪魔六騎士の1人として登場。ウォーズマン体内の五重のリング3階にてテリーマンと対戦。前もってバッファローマン以外の7人の悪魔超人から腕を奪っており、さらにテリーマンの両腕を奪い取って自分の腕にしてしまう。また、必殺技阿修羅バスターの圧倒的な威もあって終始優位に立つが、死を覚悟したテリーマンの底テリーマンに生えたバッファローマンの両腕の援護によって仕留めることができず、両者リングアウトとなり、引き分ける(悪魔六騎士一の生存者)。

五重のリングの戦いの後、他の悪魔騎士悪魔将軍の体内に取りこまれる中、負けてはいないことから引き続き戦線に残ることとなり、悪魔将軍と共にリサイクルゾーンを通ってウォーズマンの体内から脱出。次の戦いのステージである日本アルプスへと向かう。

キン肉マンとの正・悪王子対決では、ウェザー・デスマッチを挑み、突や降を用いた戦術を駆使するが、キン肉マン火事場のクソ力と奇策によって攻略され、阿修羅三面のうち笑い面と冷血面を破壊されてしまう。最後に残ったバッファローマンすら恐れる怒り面になると、氷上バスター合戦で決着をつけようとする。キン肉バスターを6本の腕を駆使して破り、逆に阿修羅バスターによって一時はキン肉マンKO寸前にまで追い込む。しかし、阿修羅バスターの弱点である首のフックの甘さを突かれて脱出され、変形ツームストンドライバー(これが良されキンドライバーへ昇する)を受けて敗北した。
敗北後、悪魔将軍自決を命じられて自ら首をり落とし、悪魔将軍と一体化した。


夢の超人タッグ編


悪魔将軍キンドライバーによって敗れる直前、サンシャインと共に脱出。悪魔超人の生き残りとしてサンシャインと「はぐれ悪魔超人コンビ」を組み、「呪い人形」を使い正義超人たちの強さのである友情を奪いバラバラにする。
突如開催された宇宙タッグトーナメントに登場すると、開会セレモニーの場でビッグボンバーズ(カナディアンマンスペシャルマン)を実不足として地獄コンビネーションPART1で殺し、飛び入り参加する。

1回戦第4試合で、両者共に因縁のあるニューマシンガンズ(テリーマンジェロニモ)と対戦。悪魔の如きコンビネーションで攻め立て、呪い人形を運命の人形と称して心理面でも揺さぶりをかける。だが、キン肉マンアドバイスによってったテリーマンの勢いに押されるようになる。しかし、サンシャインピンチジェロニモを人質に取ることでテリーマンを降伏させ勝利する。
試合終結直後、約束を破りジェロニモを新必殺技阿修羅バスターによってKOし、テリーマン呪いローラーに掛けようとするが、キン肉マングレート(プリンス・カメハメ)の妨によって失敗。結果的にカメハメの死の切欠を作った。

準決勝では、第1試合でテリーマンキン肉マングレートを引き継いだマッスル・ブラザーズ(キン肉マンキン肉マングレート)とランバージャックゴンドラデスマッチで対戦。地獄コンビネーション地獄のキャンバスなどでマッスル・ブラザーズを苦しめるも、マッスル・ブラザーズ友情パワーによってことごとく跳ね除けられてしまう。さらに、試合途中でにかかり呪いローラーに巻き込まれ右側3本の腕を失ってしまう。魔界の王子としての意地があるアシュラマン本人は悪魔としての信念を貫き、上述したサムソンとの悲劇的な別れをり(その話を聞いた観客の中にはする人もいた)、また同じような状況になっても構わず攻撃し続けろと示を出す。その後阿修羅火玉弾によって一時はマッスル・ブラザーズ不協和音に陥れるが、それを乗り越える互いを信じあう友情を見せられたサンシャインには迷いが生じ、再びローラーに巻き込まれそうになったアシュラマンに対し非情になることができず、「あ…悪魔にだって友情はあるんだーっ」と攻撃をやめ救出する。その行動に身を挺して自らを助けたサムソンの姿を思い出したアシュラマンは「ば…ばかやろう~っあ…悪魔にとって……ひ…人助けは…罪悪だといっておいたはずだぞ…」と言いながら熱いを流した。 なおも悪魔超人としてのを貫くべく戦いを続けるアシュラマンだったが、グレートへ仕掛けた阿修羅バスターは、奪い取ったはずのカメハメの腕によって妨され、マッスル・ドッキングを受けついに倒れ、キン肉マン達の友情コンビネーションを認め自ら敗北を認めた。
試合後に同盟を結んでいたヘル・ミッショネルズ(ネプチューンマンビッグ・ザ・武道)に攻撃され、サンシャイン死亡、自らは三面のマスクを奪われ、さらに呪い人形まで奪われてしまう。

その後は魔界に戻り療養していたが、決勝戦でマッスル・ブラザーズの試合に駆けつけ、テリーマンスター・エンブレムを返却し、失格取り消しを了承。その後も、観客席からザ・マシンガンズの応援をし、「友情は自ら取り戻すもの」というアドバイステリーマンに送り、友情回復に貢献している。


キン肉星王位争奪編


キン肉マンソルジャー(キン肉アタル)にスカウトされ、超人血盟軍として王位争奪サバイバルマッチに参加。名古屋城にてキン肉マンスーパー・フェニックス率いる知性チームと衝突。

次鋒としてザ・ニンジャを破った知性チーム先鋒・サタンクロスと対戦。サタンクロスの正体が、に流された後に知性のに魂を売って新しい体を得たサムソンだったと判明し動揺するが、ニンジャチーム勝利を取るべく戦いを挑む。だが、阿修羅バスター阿修羅稲綱落としといった必殺技は、格闘技の師でもあったサムソン=サタンクロスには通用せず、追い詰められていく。しかし、土壇場で阿修羅稲綱落としを変形させた「阿修羅パワー」を繰り出す。この技によってサタンクロスダウンに追い込むものの、自らも限界を迎えダウン。結果試合は両者ノックアウトにより引き分けとなった。

大阪城王位争奪戦決勝では、超人血盟軍最後の生き残りとして先鋒戦の試合中に登場。自らのコスチュームを使ってディフェンド・スーツをキン肉マンに装着させ、サタンクロスと戦うキン肉マンを援護。
その後、知性チームが仕掛けた(アシュラマンが犠牲になる気マンマンの)からキン肉マンチームの救援に駆けつける。「血縄縛りの門」でキン肉マンチームを通らせるべく決死の支えとなることを決意し、自ら割することによってキン肉マンのディフェンド・スーツの空白部分を自らの血で染め、キン肉マンチーム全員を進ませた後に下敷きとなって死亡した。

最終決戦後にキン肉マンフェイスフラッシュによって超人血盟軍仲間たちと共に復活している。

この時期はかつて戦ったアイドル人からは正義超人同然に扱われていた。自身も「悪魔超人には戻りたくない」と発言しており、アシュラマン本人としては全に正義超人に転向していたつもりだったようである。
超人血盟軍は「人界の危機を乗り越えるため、属性の垣根をえて終結する」という趣旨の集団であり、軍団内でアシュラマンが悪魔なのか正義なのか厳密に問われることはかった模様。
その後は、
キン肉マン二世:魔界で正義超人として生きようとするが息子教育に失敗、その後悪魔超人に復帰
完璧超人始祖編:期に悪魔超人に戻っており、悪魔騎士として戦い続ける
と、異なった未来を歩んでいる。


完璧超人始祖編


先の王位継承サバイバルマッチが終了した後、正義超人悪魔超人完璧超人の間で三属性人不可侵条約が結ばれ、悪魔超人の代表として条約に署名をする。

その後、悪魔将軍の配下に戻り、かつての同僚と共に悪魔六騎士として墓場に突入。ワープトンネルで飛ばされた先である故郷の魔界で璧・陸式ジャスティスマンと対戦する。ここで魔界とアシュラマン一族の秘密が明らかになる。

アシュラマンの格闘技術は、彼の先祖が完璧超人ミロマンを破った時に奪った腕によるもので、ミロマン師匠であるジャスティスマンはアシュラマンの行動の癖を見抜くことができたのだ。そのためアシュラマンの攻撃は全く通用せず、なすすべなく追いつめられ腕を次々に破壊されてしまう。
しかし残った二本の腕を自ら切断、死んだ悪魔超人達の腕を生やして戦う事でミロマンの影い状態になり、悪魔超人の血の結束によるパワージャスティスマンを驚かせるほどの奮戦を見せる。勝負に出たアシュラマンは、阿修羅バスター阿修羅バスターブラッドユニット阿修羅バスターと繋いでジャスティスマンの頭部へのダメージに的を絞る。だが、それでもジャスティスマンには通用せず、ジャスティスマン義・ジャッジメント・ペナルティによって全腕と三面全てを打ち砕かれて敗北

しかしアシュラマンの戦いぶりは「裁きの秤」も有罪を示してはおらず、ジャスティスマンの心に少なからず動揺を生む。後にジャスティスマンは「ジャッジメント・ペナルティを受けてもまだ立ち上がれるなら相手の勝ち」という規を自らに課していた事が明かされ、この戦いは本当に惜しいところまで食い下がっていたと判明した。少なくとも、終始璧に圧倒され、全身木っ端微に粉砕された大魔王サタンよりも健闘した事になる。


オメガ・ケンタウリの六鎗客編


ジャスティスマンに敗れた時に無惨な姿となってしまったため死んだとばかり思われていたが、次シリーズでは生存が判明。
生きてはいたものの、かなりの重傷の身で、魔界の宮殿リハビリに励んでいた。


超神編



次へ»
最終更新日: 21/04/29 16:42
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ