ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


アストラムライン


ヨミ: アストラムライン
掲示板をミル!
17カキコ!

アストラムラインとは、広島新交通システム路線である。


概要


広島高速交通広島新交通1号線
基本情報
運行事業者 広島高速交通
路線総延長 18.4km
21
最高速 60km/h
電圧 750V(直流)

広島高速交通株式会社広島市第三セクター方式で設立された鉄道である。建設費用は1,744800万円。
正式な路線名は「広島新交通1号線」という名だが、「アストラムライン」という称が使われている。意味は日本語の「明日アス)」と電車を意味する「トラム」を合わせて、路線を意味する「ライン」を加えた。その為、一般には「アストラムライン」または「アストラム」「アトム」と呼ばれる事が多い。

PASPY入会社であり、全に自動札機ある。

また、広島市の中心部である屋町へ乗り入れている為沿線住民の通勤通学の手段としても利用されている。 なお、起点の本通駅城北駅間は地下鉄扱いとなっている(地質の関係上広島地下鉄区間はしい)。

鉄道他社との接続は現時点では広電と接続する本通駅可部線と接続する大町駅があるくらいであるが、2015年には山陽本線との交差部分に設置される新白島駅にて山陽本線との接続が取られる予定である。

なお、広域公園前駅から更に延伸しα形の路線とする計画もあったが、現在は計画の一部のみを実行して山陽本線西広島駅まで延伸する予定である。


歴史



広島新交通1号線


前述してある通り、本通り-城北駅間は地下線であり、AGTシステムを採用している新交通システムで地下区間があるのはアストラムラインのみとなっている。県庁前駅-広域公園前駅間は軌線区間である。
広島市に位置しており、全線複線となっており、6両編成による運転が行われている。

数は21。路線距離は18.4km(地下1.9km)である。距離920m。路線距離に関しても、内の新交通システム最長である。

列車本数は平日が上下線で270本、休日が198本である。かつては急行列車も存在していたが、2004年ダイヤ正後は各駅停車のみの運行となっている。

利用者数は平成22年度で、1日50,708人。年間で約1,851万人


駅一覧


備考
本通駅 広島電鉄乗り換え
県庁前駅
城北駅
新白島駅 2015年開業予定 山陽本線乗り換え
白島駅
牛田駅
不動院前駅
祇園新橋北駅
西原駅
中筋駅
古市駅
大町駅 可部線乗り換え
毘沙門台駅
安東駅
上安駅
高取駅
長楽寺駅
伴駅
大原駅
伴中央駅
大塚駅
広域公園前駅

関連動画



■sm9425856[ニコ動]

■sm6433517[ニコ動]


関連コミュニティ


■co145961


関連項目



外部リンク



最終更新日: 16/05/28 15:32
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ