ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


アストロノーカ


ヨミ: アストロノーカ
掲示板をミル!
91カキコ!

アストロノーカは、1998年に発売されたプレイステーションシミュレーションゲーム制作ムームーシステムサコム、販売はエニックス(現スクウェア・エニックス)。続編としてネットゲームコスモぐらし」があったが僅か2年でサービスを終了している。

2008年ゲームアーカイブスで配信開始。600円と手ごろな価格であり、中古を探すよりお得である。
参考までに、2014年2月現在Amazon中古価格の最安値が1800円程度である。

ジャンル宇宙作物育成・害獣退治ゲーム


概要


舞台未来*の宇宙で、主人公農家を営む為にニッカボッカ系にやってくる。
標は「全宇宙野菜コンクール」に優勝して宇宙一の農家になることであり、農業ヘルパーロボットピートと共に毎日作業に追われることとなる。

基本的に仕事は、「よりよい野菜の種を作り、育てる」、「害獣バブー(以下バブー)からを守る」、「コンクールに出品し優勝をす」の繰り返しである。
ちなみに、交配やバブーの進化のためにAIが搭載されている。
あまりメジャーゲームではいものの、神ゲーと呼ぶ人は多い。

*ゲーム本編スタート2701年、すなわち28世紀ということになる。ただし続編コスモぐらしの設定ではアストロノーカは26世紀の話ということになっている。


宇宙野菜


宇宙野菜(以下野菜)はA科、B科、C科の三つの科に分けられ、各科12種、合計36種の野菜が存在する。

地球上の野菜の名が付いている(cf.シマイモ、カブ)ものがほとんどを占めているが、地球産の野菜とは見た、味、食べる部分、そもそもの的などが大きく変わっている。
また、各野菜には重さ、大きさ、栄養などの属性が1つ以上あり、基本6種、特殊4種の計10種の属性が存在する。

「交配マシン」と呼ばれる機械を用いて野菜の種を掛け合わせ、新たな種類の野菜の種を生み出したり、属性の強化、ある種類の野菜が持っていない属性を他の種類の野菜から引き継ぐなど、野菜を強化(または劣化)させていく。
また、交配マシン自身も数回良することができる。多くのプレイヤーは交配にプレイ時間のほとんどをかけているとも言えるだろう。

に種を植えることによって生育が始まり、いものは3日、遅いものは2週間ほどで全成熟となり、完成した野菜とその野菜の種が3つ収穫できる(全成熟を待たずに成熟の状態であれば収穫することはできるが、その場合は種が収穫できないか、もしくは少なくなる)。
は初期は1つであるが、4つまで増やすことが可である。1つのあたり6個のブロックがあり、6つの野菜を育てることができる。
また、バブー(詳細下記)に食べられた野菜は「傷物」とされ、収穫こそできるものの(成育中に食べられると消滅する)、種も収穫できなくなり、野菜の売却価格も相当落ちることとなるが、傷物である事が条件のコンクールもある。
ちなみに、全成熟してからしばらく放置しておくと枯れるので必ず収穫しよう。

基本的には、育てて収穫した野菜を売却すること、コンクールの賞で資を稼ぐこととなる。一度ゲームクリアしたデータがあるとメモリーカードで種の交換が可になる。


バブー


宇宙に広く存在する野菜を食べる害獣。16種類ほど存在し、16種の中でもそれぞれ色や体、模様が違うバブーが存在する。

生態は多くがに包まれているが、ほぼ毎日、1匹~3匹で荒らしにやって来る。
ちなみに日曜日バブーもおやすみ。お前公務員か。

が荒らされないようにバブーを撃退するために、プレイヤートラップを設置しなければならない。トラップ設置区域を突破されるとに侵入され、野菜が食べられてしまうこととなる。
撃退方法には体を消耗させる、やる気をなくさせる、に落として捕獲するといった一般的なものから、へ流す、へ飛ばすなど特殊な物まで色々ある。

表向きは分からないが凄まじいスピード進化をしており、引っ掛かったトラップが効かなくなる方向へ進化する。
例えば、体が削られた場合は増え、腕を使った場合は腕が強くなるなどである。体重など一部の進化はトレードオフになっており片方が進化すると片方が退化するものもある。(重くなれば回転トラップなんかを壊せるようになるが、ジャンプは落ち、落とし穴からは抜けにくくなるなど。)一方でたいした苦労野菜を食い荒らせた場合は進化する必要性がなくなるためか全が退化する傾向になるらしい。
また、電気に耐性ができたり、羽が生えたり(恐らく羽生バブーは多くのプレイヤートラウマである)、進化の方向は様々である。ある程度使い続けていると、トラップ自体を回するようになることもある。

そのためいちいちトラップ配置に頭を悩ませられるくらいなら敢えてダミー野菜を植えたバブー用に用意し、(普通1)他ので本命の野菜を育てた方がストレスがなかったりする。→ノーガード戦法(ノーガード農法)
おまけにこの方法はトラップ代も浮くしレアアイテムの「ゴールデン種」の入手も期待できる。一方でに撃退で手に入る「バブーの羽」の入手は困難となる。
逆に、トラップの配置しだいでは毎日配置を変えずとも撃退が成功してしまう「撃退ハメ」も可。ただしバブーの進化の影が強く出るため画一的な答えはなく、プレイ毎にハメのパターンが変わる場合が多い。

ちなみに、かごや落とし穴バブーをマイバブーとして捕獲することが可であり、メモリーカードを使って他人と交換できる。交換したバブーは敵としてやって来ることとなる。レアバブーも存在するのでバブマニアにはたまらない・・・らしい。

バブーの羽は高級羽毛布団の羽毛として最適であり、パンタロン町の布団屋ではレアトラップ野菜の種と交換することができる。


コンクール


毎週日曜日テンガロン村、パンタロン町、ソンブレロコンクールが行われている。
ただし、1年パンタロン町のコンクール会場が装中のため行われず、また、1月テンガロン村のコンクールい。一度勝つと同じコンクールには二度と出られない。

多くのコンクール野菜定され評価基準もその野菜属性にまつわる物が多いが、上級のコンクールでは特殊な条件、評価基準が設けられているものもある。
定された野菜以外を出品することも可であるが、評価は全く期待できる物ではない。だがアブドゥルすなら止めはしない。全ての属性値を最大まで上げたゴールデンゴボウ玉を作ってコンクールで優勝を狙うのも良いだろうw。
あらゆる属性値を上げた各種ハイブリッド野菜をあらかじめ作っておけば、ほとんどのコンクール無双できるだろう。後半はそうもいかないが。

初期ではテンガロン村しか行けないが、コンクールに勝ち続けることによってパンタロン町やソンブレロに行くことができるようになる。

間違っても出品用の野菜は売ってはならず、倉庫などに保管しておくべきである。そして出品用の種を持っているだけでもダメ。出品用の野菜はきちんと植えて収穫しておくこと。
個人的ではあるが、当日になって出品用の野菜いことに気がつくことが意外と多い・・・。


登場人物


たくさんいるので、な登場人物のみる。


その他



季節など


ニッカボッカ系の季節は人工太陽ニッカボッカで調節されており、1年は6ヶである。
1月2月3月4月5月6月になっており、野菜の中には特定の季節でければ育たない物がある。


アストロネット


アストロネットという仮想ネットワークが存在し、ゲーム内のヒントなどが掲載されたり、メールが届いたりする。
現実世界掲示板電子メールを足して2で割ったような感じ。
ただし、主人公が喋らないせいか受信専用であり、こちらからの送信は不可能


体験版


このゲームエニックスの「スターオーシャン セカンドストーリー」に体験版として付いてきた。
体験版で魅せられた人も多いと思われる。


コスモぐらし


コスモぐらしは、エニックス2003年に発売したWindowsシミュレーションゲーム
アストロノーカをベースにしたオンラインゲームである。

残念ながら2005年サービスを終了している。


関連動画



■sm146129[ニコ動]


普通プレイ動画

■sm4103431[ニコ動]

im@s架空戦記シリーズとのコラボ

■sm19375057[ニコ動]

まさかのTASさんが参戦

lv317242189

20周年イベント:視聴期限未設定


関連商品


■azB00005OVW9
■azB00005FEAH
■az4870253305
■az4797307315


関連項目



最終更新日: 19/02/24 14:05
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ