ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


アソボット戦記五九


ヨミ: アソボットセンキゴクウ
掲示板をミル!
19カキコ!

アソボット戦記五九とは、エイベックス導で展開されたメディアミックス企画である。

テレビアニメ版は2002年から2003年まで放送された。全52話。 
コミカライズ版「アソボット五九」が有丈時(樹林伸)原作ろむ作画により、2001年から2002年まで「週刊少年マガジン」「マガジンSPECIAL」にて先行連載されていた。 


概要


当初の予定としてはエイベックスの総を上げてアニメ漫画にとどまらない大々的なコンテンツにする構想があり、最終的にはテーマパーク化までを視野に入れていた。
DVD売上は100億円規模を標とし、コミカライズ版を取り扱った講談社の偉い人は10年20年とされる作品にしたいと強く意気込んでいた。

しかし肝心のアニメ版の出来は残念極まる低クオリティであり人気は全く伴わず、DVDの発売は20話までで打ち切られてしまった。

等々の2000年初期のテレビアニメであることを考慮しても護できないほどのクオリティの低さに、
当時のアニオタからの評判は惨憺たるものであり、2chアニメ板スレでは本スレが最初からアンチスレ状態であり擁護的な意見はネタを除いてまず見られなかった。
当時アニオタからリアルタイムでどんなことを言われたのか気になる人は「ボットン便器五九」でググってみよう。

その他にも夕方6時台のアニメだったにも関わらずやたらと小ネタ大人向けの下ネタが多かったのも特徴。

エイベックス体であるため楽曲に関してはどれも良い曲を使っているため、本編は覚えていなくてもOPやEDだけは覚えているひという人は非常に多い。

今も尚この作品の本編を覚えている人の間ではクソアニメの話になると必ずと言っていいほど話題に上がるほど、
紛れもなく平成チャージマン研!かもしくはMUSASHI -GUN道-に並ぶ類のアニメであると言える。

そして後期からは声優達の暴走が加速、ビーストウォーズのようなアドリブまみれに。
DVD製作打ち切りが決まったことから製作全に吹っ切れてしまい、後期は台本の半分以上が真っ白だったらしい。

現在エイベックス側からもある意味黒歴史的な作品として認識されているのか、
2013年発売のCDカオス上等!!誰得俺得avexレアメソング・コレクション」のボーイズサイドに当アニメのOP曲が収録されている。

この作品を当時から覚えている人達からはクソアニメネタアニメだと言われることが多いが、論純ファンである人も存在する。


関連動画



■sm12008025[ニコ動]


関連商品


■azB000087EQ2
■azB00B49I350


関連コミュニティ


アソボット戦記五九に関するニコニコミュニティを紹介してください。


関連項目



最終更新日: 14/07/30 21:33
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ