ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


アナト


ヨミ: アナト
掲示板をミル!
4カキコ!

アナトAnat)とは、紀元前20001000年ごろに中東カナンで信仰されていた女神で、世界最古のキモウトである。


概要


教ではしばしば、時代を越えて人々にされるやたら人気の高いが見られることがある。日本神話でいえばアマテラススサノオがその一例といえよう。なだけでなく、どことなく人間臭かったり、普遍的に民衆の共感を得やすいキャラクター性が付与されていることなどが、その人気の秘として挙げられる。

メソポタミアで信仰された女神イシュタルもまた非常に人気の高いだった。時代が下るにつれてメソポタミアと交易のあった周辺地域にも幅広く伝播し、それぞれの地でも高位の女神として崇拝されたが、当時の情報伝達はいわば伝言ゲームであったため、しだいにイシュタルはもともと備えていた属性が強調されたり、あるいは性質ごとに複数の女神分割されたり、土着の融合されたりして、各地の風俗に沿って徐々に姿かたちを変容させていった。

カナン人の偉大な女神であるアナトも、こうしたイシュタルの“”たちの一柱である。その属性は、当然のように処女であり、イシュタルのもっていた戦の血をもっとも色濃く受け継いだ、ひとことでいうなら、お兄ちゃんのためなら笑顔で敵を皆殺しにするという恐るべき女神だった。


前提となる設定


カナン人の神話で最高位に据えられていた天空エルだった。々のさらにであり、最高権者である。しかしエルは基本的に日がな一日、玉座にボケーッと座っているだけの半ニート。よって実権は息子であるバアルが握っていた。バアルはウガリット神話において「正義と王権を守る」として、なにもしないエルに代わって海神ヤムや死神モートと勇壮に戦う、まさに主人公のような扱いでかしく描かれている。

女神アナトは、バアルとも、妻ともとれる非常に近しいとして登場する。

アナトはなによりもバアルを一途に思い、甲斐甲斐しく寄り添うが、ひとたび戦闘となるとすら駕する暴性と戦闘力を発揮。エルをも震えさせるほどに血を好む残虐さを見せ、ことバアルの敵には容赦せず、身命を賭してを助け、あらゆる困難をする女神だった。アナトの形容詞として「少女」が用いられていることもあることから、武装した美しいうら若き乙女としてイメージされていたと推測される。

バアルのもうひとりの妻が、豊女神アスタルテだ。少女アナトと豊満な女神アスタルテの他人ではない。どちらも女神イシュタルを原にもつのである。アナトはイシュタルの戦属性を、アスタルテは豊作を約束する地属性をそれぞれ受継したわけだ。すなわち姉妹といってもいい。よって仲は良かったようで、エジプト神話では、アナトとアスタルテの二柱はファラオ戦車を護衛するとして崇拝されていた。

をもたらすが、や豊女神の助けを借りて、死の季節である徴する死神モート、氾濫する徴であるヤムを打倒して秩序と恵みを取り戻す……。カナン神話には、豊息災への痛切な祈願がこめられていると考えることができる。


お兄ちゃんのためなら神をも殺す妹アナト


アナトの活躍を記した物語は大半が逸失してしまっているが(だいたいキリスト教のせい)、残された断片だけでもその強さの一端がうかがいしれる。バアルの使者が「あなたの兄上すごい強敵が現れました(意訳)」と口上を述べたとき、アナトはこう聞き返している。

バアルに、あの「に乗るもの」に、いったいどんな敵が来たと?
わたしエルが慈しむヤムを殺したではないか。荒れ狂う大いなる』を叩きのめしたではないか。
を打ち滅ぼしたではないか。七つ頭の這い回るを破ったではないか。
わたし々のありがたがる欲望』を粉砕した。
エルの子『破壊』を討った。
々のメス『火』を破り、エルゼブブ』を殺した。

一例として、ヤムは、かつて々の集会を脅かしたことのある、バアルの敵だった。エル催する々の集会は現代の国会であり、横暴なるヤムは使者をよこしてバアル奴隷として引き渡せと要してきた。使者はヤムの威に着て礼な態度をとりつづけたが、なにしろ背後にいるのはの化身である。強大なに屈したエル々は砕けになって々諾々と受け入れてしまった。まだ実権がエルからバアルに委譲される前のことだった。バアルは逆上しその場で使者を殺そうとしたが、アナトとアステルテに引き止められている。アナトはに囁いた。「殺すのはこいつではない。ヤムです」

バアルはヤムに決闘を申し込んだ。技術シャルとハシスから魔法棍棒という説も)を授かったバアルはヤムに辛勝。この一事をもって々は「やっぱエルよりバアルだわ」としてバアルを実質的な最高権者として迎え入れたのである。

大筋は変わらないまでも、おそらく地方によってはヤムとの一騎打ちではなく、アナトの助も借りてバアル勝利をおさめたとする異説も存在したのだろう。同様に、アナトが数々の恐るべき敵をことごとく誅戮せしめた神話も当時は多くり継がれていたと考えられる。


敵の血で化粧をするアナト、でもやっぱりお兄ちゃんには…


アナトをるうえで彼女戦闘狂ぶりと流血への渇望を避けることはできない。ある神話には、人間の軍勢と戦ったアナトが戦士たちを一方的虐殺する場面がある。足の踏み場もないほどの数の死体から切り取った生首を背に負い、落とした手首をのように束ねてが物としている(首級や手首は勝利のあかしだった)。膝まで血に浸かりながら、の息の戦士の頭を棍棒で砕き、逃げる者あらば笑いながらその背に矢を打ち込んだ。討ち漏らすなど彼女には考えられなかったのだ。

殺せる者がいなくなると彼女は宮殿に帰ったが、しかしまだ足りぬ。いちど点いた火は容易には消えなかった。アナトは宴と称して関係の兵士たちを宮殿に招き、心ゆくまで殺戮の喜びに酔いしれた。テーブルからテーブルへと飛び移り、兵士らの首をり、で刺し、矢で射抜いた。滑らかな肌を返り血で染め抜き、片と血潮でられた宮殿を見渡した彼女は高らかに哄笑したという。ようやく満足したアナトは犠牲者たちの血で手を洗った。

のむやみな虐殺を好ましく思っていなかったバアルは、この血の饗宴の直後に「久方ぶりにこちらへ来ないか。もう益のない戦は終わらせ、地に平和をもたらそう」と使者を遣わした。血と戦を好む暴な女神でありながら、にはぞっこんな処女でもあるアナトが、バアルの願いをはねつけられるわけもない。アナトはに、地上から戦をなくしを大地に広めようと誓った。ちなみに、との再会が待てなかったとみえアナトは帰還する使者を追い抜いてバアルのもとへ馳せ参じている。

バアルは多数の妻たちを用心深く隠した。アナトの眼に触れたら彼女たちは血のに沈められかねない。到着したアナトにバアルは自身の希望った。

「自分はまだほかの々のような宮殿を持たない。エルに建ててくれるようそなたから頼んでくれないか」

に会えた喜びでいっぱいのアナトは自信満々で引き受けた。さっそくエルの宮殿へと向かう。

よ、可愛い、いくとせぶりであろうか、もっとよく顔を見せておくれ」

久しぶりのの来訪にエルは破顔するが、直後にその笑みは凍りつく。

わたくしの言うことを聞いてくれなければ、わたくしの拳があなたの頭を砕きます。あなたの白髪を血潮に染めて滅ぼしてくれましょう」

アナトはかりにも最高であるを恫したのだ。バアル以外にはとりつくさえないのである。

そういえばこんなだったと思い出したエルはすっかり脅えきってしまい、

「おお、わがよ! なにが望みだ。女神というものは自制を知らぬ。なにが欲しいのだ、処女アナトよ」

いまでいう「お願いします!なんでもしますから!」と全面降伏をみせた。こうしてバアルはりっぱな宮殿を造営できたのである。


宿命の対決。その名は“死”


技術のコシャルとハシスに宮殿建築してもらったバアルはまさに絶頂期にあった。そんな彼に最大の敵が立ちはだかる。モートだ。その名は「死」を意味する。モートは作物の育たない荒たる魃期を徴するで、冥界の支配者でもある。豊期の支配たるバアルとは対極に位置する敵であり、最悪の相手である。

「かつて数多のを打ち倒してきたおまえだが、は萎えて枯れ果てた。わたしはおまえを飲み干し、食べつくす」

モートの最後通牒にバアルは戦慄を隠せなかった。も木も枯れる魃期にバアルは半減する。両者はついに対峙のときを迎えたが、死をるモートにバアルはなすすべもなく倒され、冥界へと引きずり込まれてしまったのだった。

々はバアルの死に嘆いたが、アナトの絶望はかれらの悲しみをすべて合わせたよりも深かった。彼女は泣き叫びながら己が全身をかきむしり(古代中近東における最大級の喪表現)、啼泣のはあらゆる山とを駆け抜けた。涙が枯れるほどに泣いたのち、アナトはの遺骸をめ、太陽女神シャマシュを引き連れて冥界へと下った。バアルの亡骸を背負って地上へ戻ったアナトはしかるべき場所にするを葬った。

々はバアルに代わる権者の選出にかかっていた。しかしアナトにバアルの代わりなどいない。ついには敵モートに戦いを挑む。

「モートよ、わたしを返しなさい」

アナトの請願をモートは拒絶。ただでさえ血と殺戮の女神であるアナトが、になぞ容赦するはずもなかった。バアルを下した強大なモートをアナトは大剣で一両断(モートが善戦した描写すらない)。ただ殺すだけではあきたらず、その遺骸を火で焼き、臼でひき、ふるいにかけ、野原を撒いた。

モートは死んだ。「死」が死んだことで、生がよみがえる。魃が終わり、大地は活気と潤いを取り戻し、豊バアルも息を吹き返した。死をしたバアルは自身の留守のあいだに権をふるっていた偽りのを懲罰し、ふたたび王権の座に返り咲いた。そのそばにアナトがつきしたがっていたことは想像に難くない。


いまなお愛される「愛と生命の女神」


アナトは神話に登場するたび返り血を浴びている。「アクハト」という神話では、アクハト王子が譲り受けた、技術シャルとハシス謹製のすぐれたを欲しがったアナトが、いつものようにエルを脅して彼の殺許可をとりつけ、実際殺してしまうなど、わりと自分勝手な側面もみせている。しかし側面は側面、それらの短気な性分はアナトという複雑な女神の一側面にすぎない。

アナトの戦いはそのほとんどが、バアルのためにおこなわれたものである。海神ヤム、死神モート、七つの頭をもつ邪レヴィアタン……これらはすべてバアルを脅かした敵であり、アナトはほかならぬへので戦い、そして勝利するのである。

殺戮をことさら好むアナトはまた、と生命の女神とも謳われた。矛盾しているようにもみえるが、バアル彼女の関係を考えてみていただきたい。一年を通じて常に作物が実ることはないし、ときには魃や洪水が大地を襲う。豊バアルはその性質ゆえに季節の移り変わりや災に敗北することがあるのだ。そんなとき、バアルを救わんと立ち上がり、敵を倒し、彼を復活させるのがアナトの役割なのである。かくして収穫は約束され、民の命も救われる。こう考えれば、処女、つまり子供を産んだことのない彼女が生命の女神と尊ばれるのも理に適っていえよう。血のいけにえを欲する女神がより多くの命を育む豊の基礎となる。これは世界中の豊に共通する特徴である。

最強とよべるほど強く、血気盛んだが、大好きなお兄ちゃんの前でだけはしおらしくなってしまう美しい(しかも処女)。現代日本ではヤンデレキモウトと呼ばれるヒロインたちが一定の市民権を得ているが、大衆にされるキャラクター本質3000年以上もの昔から変わっていないことを明しているという意味でも、彼女は研究価値が非常に高い女神であるといえる。


関連動画


アナトに関するニコニコ動画動画を紹介してください。


関連商品


アナトに関するニコニコ市場の商品を紹介してください。


関連コミュニティ


アナトに関するニコニコミュニティを紹介してください。


関連項目



最終更新日: 17/04/30 23:54
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ