ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


アフリカゾウ(けものフレンズ)


ヨミ: ケモノフレンズノアフリカゾウ
掲示板をミル!
16カキコ!

アフリカゾウ(けものフレンズ)とは、スマートフォンゲームなどの各種メディアミックスプロジェクトけものフレンズ』に登場するアニマルガールフレンズ(動物女の子になった擬人化キャラクター)である。

CV:野中藍(ゲーム版)

概要

現存する中では最大級の陸上動物であるゾウ仲間アフリカゾウフレンズ元ネタは非常に大きな動物だが、フレンズ化し人の女の子の姿を得た彼女は大きな体格というワケではない。アプリ版での体格は標準的なMサイズで、これはインドゾウなどの他のゾウフレンズサーバルなど多くのフレンズと同じサイズである。アプリ版では元の動物の大きさとフレンズ化後のサイズにあまり関連性がなく、例えば、ハシブトガラスはLサイズジャイアントパンダはSサイズだった。一方、アニメ版ではかばんちゃんよりもインドゾウの方が頭1つ分ほど背が高いことから、ある程度は元の動物の体格が反映されるようだ。

温厚で友好的な性格。群れを形成する元動物の名残で、群れを率いるリーダーを夢見る女の子。「ばーちゃん」なる人物(ゾウですが)が数ものゾウを率いる群れのリーダーだったとっており(彼女祖母なのだろうか)、将来はばーちゃんのように立リーダーになって仲間を率いていく事をしている。本人くばーちゃん(ばっちゃんとも)はスゴいとの事で、強く憧れている。他フレンズにもよくばーちゃんの偉大さを奮気味に説明している。フレンズになり基本単独で暮らすようになった現在は、他のフレンズを義理の家族としている(ゾウの群れは家族とその親戚を基本として構成される)。

フレンズ前はまだ若い個体だったようで、立大人の個体になるまで長い時間を有するのはゾウ時代もフレンズ時代も同じ。それまでは仲間と一緒に「パオパオ」して過ごすらしい。

[画像を見る]外見

ノースリーブへそ出しルックの青色を着て、黒色ホットパンツを履きと灰色のアームカバーニーソックスを着用している。露出の多い軽装なのは熱い地域に住んでいたからか。

髪型は短ゾウの特徴の一つである大きな論装備。立な牙はもみ上げという形で再現。長大な鼻はマフラーとして首に巻かれて再現され、のハズなのに本人の意思で自由自在に操れるようだ。自己紹介画像ではリンゴを掴んでいる。

[画像を見る]ゲームでの扱い

ピュア属性()のレアリティレベル4のフレンズとして登場。コスト350・攻撃タイプは近距離サイズはM。自慢の食・雑食哺乳類フレンズが集まるグループパワフルっ娘連合」に所属している。固有スキルパオパオ怪力」は30の間敵軍団全員の移動速度が15ダウンする。ゾウを怒らせてはいけない。

平原地帯で暮らしており、同地域に生息するフレンズと仲が良い。特にロスチャイルドキリンとは親友の間柄で、家族の一員同然。同じゾウフレンズで同じグループに属する関係でもあるインドゾウダンスの腕前に憧れている。また、自分と姿が似ているというマルミミゾウは自身の影武者だが、マルミミゾウの方が自的にその役を遂行している。

[画像を見る]漫画での登場

けものフレンズ -ようこそジャパリパークへ!-」の単行本1巻描き下ろしエピソードに登場。自由すぎるフレンズが多い中でわざわざ「マイペース女の子フレンズ)」と書かれるほどの性格で、発する台詞ツッコミどころだらけ。ハロウィンに「トラック&トリートメント」と言いながら菜々を訪ねる。正しいハロウィン概念を理解しようとするのだが、その結果は……

[画像を見る]関連動画


■sm30760698[ニコ動]

[画像を見る]関連お絵カキコ

[画像を見る]

[画像を見る]関連チャンネル

■channel

[画像を見る]関連項目


最終更新日: 17/09/11 00:54
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ