ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


アホウドリ


ヨミ: アホウドリ
掲示板をミル!
39カキコ!

アホウドリ(阿呆鳥、信天翁)とは、アホウドリ科アホウドリ属のの種類。アルバトロス。この記事では日本に生息するアホウドリについて記述する。

曖昧さ回避
  1. ニコニコ動画スマブラX動画に出てくる。→アホウドリ(スマブラX)
  2. ニコニコ大百科絵師。→信天翁(ユーザ記事)

概要


アホウドリはを広げた際の大きさが2メートルえる大海鳥である。日本の特別天然記念物。絶滅危惧種伊豆に生息する。

かつては大量に生息していたが、羽毛をとるために乱獲され、1902年にが大噴火(アホウドリの捕獲的で移民した全員死亡)するなどして数が減。一時は絶滅したと判断されていたこともある。

その後にごくわずかだが生息していることが確認され、手厚い保護政策がとられた。現在は徐々にだが生息数は回復してきている。とはいえ、以前コロニーは限られた場所にしか存在せず、絶滅危機全に去ったわけではない。

ジョン万次郎らに漂着した漂流民が、アホウドリを食べて命をつないだことでも知られる。


生態


海洋に生息し、渡りを行なう。最大の特徴はその巨大なである。

地上に降りた状態ではこのは行動の妨げになることが多く、バランスがとりにくいために素い行動が取れない。を飛ぶためにも長距離助走が必要なために、すぐには飛び立てない。その上、人間に対する警心が弱いため、アホウドリを捕獲する際は容易に捕えることができた。アホウドリの名はこの逃げ切れない姿を揶揄してつけられたものである。また名の信天翁というのも、を飛ぶのが苦手なものだから「から餌が降ってくるのをじて(頚部の羽毛。転じて雁などの頚部)をえ口を開けて待っている」という俗説に基づく呼称である。

しかし、一度を飛んでしまえば飛翔鳥類の中でも有数である。その巨大なで大きな揚を得ることができ、長距離の飛行が可になる。グライダーのようにを捕まえて滑することも可なため、羽ばたく回数も少ない。ゴルフアルバトロスはこの姿からつけられたものである。


余談


アホウドリのが長年堆積すると、リン鉱石となることがある。太平洋であるナウルはこのリン鉱石を売って国家を成立させていた。なんというクソ国家

しかし、現在ナウルリン鉱石が枯渇。枯渇した際の対策をことごとく失敗したナウル国家財政は破綻した。けっして、アホウドリより阿呆であるとは言ってはいけない。


アホウドリの呼称問題


アホウドリはアホでもないのにアホウドリと名付けられてしまった可哀想なである。専門機関による規約等に縛られているわけではない、あくまで慣習に基づく標準的な名称(標準和名)であるとはいえ、別の名称にめるには多くの専門・研究の同意・共感が必要となるため、やはり一度定着してしまった和名の変更は難しいことである。

しかしアホウドリの飛ぶ姿はとても美しい。飛んでいる姿以外も意外とかわいい。なので「こんなに美しいがアホウドリという名前はあまりにも酷すぎる」というがある。

特にアホウドリ保護の第一人者である東邦大学長谷川教授はその熱心な者の一人であり、元々山口県で使われていた呼び方の一つである「オキノタユウ」を提案している。

アホウドリという名前が酷いと思った人は今度からはオキノタユウと呼んでみてはいかがだろうか。


関連動画



■sm16544537[ニコ動]

■sm16681449[ニコ動]
■sm13594875[ニコ動]
■sm7157373[ニコ動]


関連商品


■azB001KWVB9G
■az4774303178
■az4886223206
■az4757210981


関連コミュニティ


■co3085


外部リンク


アホウドリ復活への軌跡[外部] - 東邦大学メディアネットセンターバーチャルボラトリ


関連項目



最終更新日: 12/08/23 22:47
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ