ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


アルフレッド・ヒッチコック


ヨミ: アルフレッドヒッチコック
掲示板をミル!
20カキコ!

アルフレッドジョゼフ・ヒッチコック
Alfred Joseph Hitchcock1899年8月13日1980年4月29日

イギリス映画監督で、後にアメリカでも活躍。
サスペンス映画神様と呼ばれた、20世紀を代表する映画監督である。

2001年にAFIが作成した『スリルを感じる映画ベスト100』では、9本の作品が選出され、見事トップとなっている。ちなみに1位選ばれたのは、彼の代表作『サイコ』であった。

作品の特徴としては「ドラマチックシチュエーション」が、現実ではありえないほど連続で起こる点が挙げられる。 
例を挙げると『北北西に進路を取れ』では主人公ごと崖から落とされそうになったり、飛行機に襲われたりする。また『海外員』では偽警官、偽探偵に命を狙われたり、風車でのスリリングな潜入シーンなど。
このありえない偶然の連続が強な緊感を生み、往々にして見られる「褄が合わない点」への疑問を観客に抱かせず、映画に没頭させている。

ある種の映画監督たちは人生断面映画に撮る。
わたしケーキ断面映画に撮る。

まさにこの名文句通りの作であった。

経歴

1899年8月13日ロンドンレイトンストーンに生を享ける。実家鶏肉店兼果物の卸売商で、三人兄弟ん中だった。
幼少時のアルフレッドにまつわる逸話としては「やんちゃが過ぎた為に父親に連れられ、染みの警官の手で留置場に入れられ、その恐怖体験がサスペンスに傾倒するきっかけとなった」という話が本人の口からられている。ただしこれは、サスペンス映画の名手である自分の生い立ちを脚色した可性が高い。

14歳の時にが死去。ケーブル会社の技師として働きながらロンドン大学美術学科で絵の勉強をしたアルフレッドは、広告宣伝部を介して映画世界に入る事となる。
映画タイトル字幕デザインを重ねて実績を積み、脚本・助監督を経験。そして1925年、『快楽の園』監督としてデビュー。3作『下宿人』は初のサスペンス映画で、行・評価ともに高く、大成功を収めた。次々と作品を発表する中、アシスタントディレクターを務めていたアルマ・レヴィルと結婚する。
しも時代はサイレントからトーキーへと移行が始まり、新たなるエンターテインメント爆発的に需要が高まっていた。
1938年には『バルカン特急』を発表。特急列車という閉鎖間におけるスパイ騒動を絶妙のテンポで描き出した本作をもって、ヒッチコックの名は一気に高まった。

長らくイギリスで活動していたヒッチコックだったが、やがて映画の都・ハリウッドに活動の場を移す。1940年のレベッカを皮切りに、コメディ色の強い作品からフィルムノワールまで、多様な作品を世に送り出す。しかし40年代後半から低迷、スランプに陥ってしまった。
そんな彼をスランプから救ったのは、後にモナコ王妃となった大女優グレース・ケリーヒロインに起用したダイヤルMをせ!』であった。その後もヒッチコックと彼女『裏』『泥棒成金でもタッグを組み、いずれも大ヒットを記録。
勢いに乗った彼は『知りすぎていた男』『めまい』『北北西に進路を取れ』『サイコ』『と、現在彼の作品群の中でも最も知名度の高い、まさに映画史に残る名作を連発。黄金期を迎えることとなった。なおこの頃アメリカ市民権を獲得している。

1955年には、アメリカテレビ局で、自身がプロデュースした短編サスペンスを毎週放送する『ヒッチコック劇場』スタート
映画評論家淀川長治のように、自ら解説として出演していた。また、一部作品は彼が監督も務めた。これもアメリカ人気を集め、1965年まで放送された。日本語の吹替は熊倉一雄が担当し、のんびりとしたり口調で染みが深いファンも多い。

しかし1964年『マーニー』以後はやや精を欠き、制作ペースが落ちる。映画産業の低迷も拍をかけた事も一因に挙げられている。
しかし1972年フレンジーでは女性を絞殺する連続殺人犯をスリリングに描き出し、ヒッチコックの復活を内外にアピールする結果となった。
だが依然高かった制作意欲に反して、70代も後半を迎えた彼の体からは最その意欲に耐える体は失われていた。1976年ファミリープロットを撮影し、これが遺作となる。

1980年エリザベス2世よりナイトの叙勲を受けるが、その4か後に腎不全を起こし、アメリカロサンゼルスで亡くなった。享年80歳。

主な監督作品

イギリス時代

開年 邦題 原題 備考
1925 快楽の園 THE PLEASURE GARDEN デビュー

1926
山鷲 THE MOUNTAIN EAGLE 現存しているのは僅かな写真のみ
下宿人 THE LODGER ヒッチコック初のサスペンス映画


1927
下り坂 DOWNHILL
ふしだらな女 EASY VIRTUE
リング THE RING

1928
農夫の妻 THE FARMER'S WIFE
シャンペン CHAMPAGNE

1929
マンクスマン THE MANXMAN
恐喝 BLACKMAIL 初トーキー作品


1930
エルストリー・コーリン ELSTREE CALLING
ジュノー孔雀 JUNO AND THE PAYCOCK
殺人 MURDER! ドイツ語版有 『MARY』
1931 いかさま勝負 THE SKIN GAME

1932
あり怪事件あり RICH AND STRANGE
第十七番 NUMBER SEVENTEEN
1933 ウィーンからのワルツ STRAUSS' GREAT WALTZ
1934 暗殺者の THE MAN KNEW TOO MUCH
1935 三十九 THE THIRTY-NINE STEPS 英国映画トップ100:4位

1936
間諜最後の日 THE SECRET AGENT
サボタージュ SABOTAGE
1937 第3逃亡者 YOUNG AND INNOCENT
1938 バルカン特急 THE LADY VANISHES
1939 窟の野獣 JAMAICA INN


アメリカ時代

開年 邦題 原題 備考

1940
レベッカ REBECCA アカデミー作品賞 受賞
海外 FOREIGN CORRESPONDENT

1941
スミス夫妻 MR. AND MRS. SMITH
断崖 SUSPICION
1942 逃走迷路 SABOTEUR

1943
疑惑の影 SHADOW OF DOUBT
救命艇 LIFFBOAT

1944
ボン・ヴォアヤージュ BON VOYAGE プロパガンダ映画
マダガスカルの冒険 AVENTURE MALGACHE 同上 お蔵入り
1945 い恐怖 SPELLBOUND
1946 汚名 NOTORIOUS
1947 パラダイン夫人の THE PARADINE CASE
1948 ロープ ROPE
1949 山羊座のもとに UNDER CAPRICORN
1950 舞台恐怖症 STAGE FRIGHT
1951 見知らぬ乗客 STRANGERS ON A TRAIN
1952 私は告白する I CONFESS

1954
ダイヤルMをせ! DIAL M FOR MURDER
REAR WINDOW
1955 泥棒成金 TO CATCH A THIEF

1956
ハリーの災難 THE TROUBLE WITH HARRY
知りすぎていた男 THE MAN WHO KNEW TOO MUCH 『暗殺者の』のリメイク
1957 間違えられた男 THE WRONG MAN
1958 めまい VERTIGO
1959 北北西に進路を取れ NORTH BY NORTHWEST
1960 サイコ PSYCHO
1963 THE BIRDS
1964 マーニー MARNIE
1966 引き裂かれたカーテン TORN CURTAIN
1969 トパーズ TOPAZ
1971 フレンジー FRENZY
1976 ファミリープロット FAMILY PLOT

イギリス時代では『下宿人』『暗殺者の』『三十九』『バルカン特急』、アメリカ時代では『裏』『めまい』『北北西に進路を取れ』『サイコ』『』といった、映画通ならもが知っているであろう名作を数多く手がけている。
特に『北北西に進路を取れ』『めまい』『サイコ』は映画史上に残る傑作として、オールタイムベストランキングの常連である。
もちろんその作品のほとんどはサスペンスで、悪夢のような出来事が主人公に降りかかるものばかりであり、これだけ恐怖を描き続けた映画監督はヒッチコックぐらいである。

観客をすさまじい緊感と恐怖の底へ叩き込む、巧みな演出手腕が最大の特徴であった。そのため彼が映画を作るにあたってまず取り掛かっていたのは、絵コンテの作成だったという。
めまい』のカメラワークをはじめとして、技術面で後世に多大な影を与えた新な演出も多く、スティーヴン・スピルバーグは彼の技術を存分に継承し、現在の評価を得ている。

しかし、これほどたくさんの名作を手がけたヒッチコックであったが、つくづく賞レースには縁がなかった。
アカデミー賞監督賞には5度に渡ってノミネートされたが、結局受賞はなし。当時のハリウッドではサスペンス映画は軽視されていたジャンルだったのが大きな理由の一つであった。『』が特殊効果賞を受賞できない点からも、サスペンス映画への軽視が伺える。

1940年の『レベッカ』で作品賞を受賞したものの、「これはプロデューサーであったデヴィット・O・セルニックに与えられたもの」と本人はっている(実際、作品賞のオスカー像を受け取るのは、監督ではなくプロデューサーである)。セルニックは数多くの傑作に携わっている名プロデューサーである。

1968年には、映画業界に多大な功績を残した人物に与えられる『アービング・G・タルバーグ賞』を受賞したが、これはある意味「頑ったで賞」的な意味合いが強いものであった。
事実、授賞式で像を受け取ったヒッチコックは「THANK YOU」という一言だけの、彼らしい皮たっぷりのスピーチを披露している。

エピソード・人物

自ら出演していた予告編テレビ番組では、流暢かつ紳士的な、親しみやすい話し方で人気を集めていた。対談した淀川長治も、まるで日本人と話しているかのような流暢なトークの進みぶりに好感を持ったとっている。
とにかくそのユーモアセンスは抜群で、彼が大衆の人気を得たのは、映画製作の手腕のみによるものではなかった。ちなみには、彼のことを「映画神様」と評している。

しかし一方、基本的に人づきあいが苦手で、皮屋であったとされる。プライベートではサンフランシスコの自宅に篭ることが多かった。
この若干引きこもり体質には、批評家や観客からの評価をかなり気にする繊細な性格が影していたようだ。その打たれ弱さたるや、酷評されると毎度ドン底まで落ち込んでいたほどらしい。
若い頃から晩年に至るまでの長いキャリアの中でも変わらずヒットを飛ばす実と感性の持ちでありながら、3度に渡って長いスランプに陥ったという事実とも、おそらく関係ではない。彼自身その性格をわかっており、過去の作品のことはすぐに忘れて常に次の作品の事を考えるようにしていたという。

彼の孫がいうには「しつけに厳しかったが、物静かで、とてもいい祖であった」ようだ。一方、関係者の間では、俳優の扱いが酷いという批判が上がっており、オスカーに嫌われた原因の一つとして知られる。

ヒッチコックとプライベートでも親交の深かった俳優ノーマンロイドの自宅には、彼の重なメモが残されている。それには打ち合わせ中などにたまたま思いついた皮溢れる言葉が書かれている。


次へ»
最終更新日: 18/02/08 12:09
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:大百科ニュース社