ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


アル・ヤンコビック


ヨミ: アルヤンコビック
掲示板をミル!
23カキコ!

アルフレッドマシュー・"ウィアード・アル"・ヤンコビックAlfred Matthew "Weird Al" Yankovic, 1959/10/23 - )は、アメリカシンガーソングライターアコーディオン奏者にして、世界一替え歌職人である。

ニックネームのWeird Alは「おかしなアル」という意味。日本では「アル・ヤンコビック」という表記が一般的だが、英語圏では「"Weird Al" Yankovic」とするのが普通である。


概要


ユーゴスラビアアメリカ人のニックと、イタリアイギリスハーフであるメアリの間に生まれ、カリフォルニア州リンウッドで育つ。

彼の音楽の第一歩は、6歳の時に両親が彼にアコーディオンを買い与えたことである。ヤンコビック夫妻が一人息子アコーディオンを習わせようと思ったのは、音楽教室のセールスマンが自宅を訪ねてきた際、同姓の偉大な奏者フランキー・ヤンコビック(グラミー賞も受賞しているポルカ音楽家アルのヤンコビックとは血縁も面識もない)を連想したためだという。「両親はが、アコーディオン片手にロック世界革命を起こす人物になると夢見てたんだ」と彼は後にる。両親の期待とは少々違う形だったかもしれないが、アルもまた後にグラミー賞を受賞するミュージシャンとなる。

3年間音楽教室に通った後は独学でポルカアコーディオンの腕を磨くとともに、コメディ音楽の才を開させる。16歳の時、ラジオパーソナリティドクター・ディメントがアル学校を訪れた際、アルが自室で録音したテープを手渡したところ、これが気に入られてラジオ番組で流してもらえた。音楽家アル・ヤンコビックが世に出た間である。

1983年ポルカ奏者としてメジャーデビュー。翌年のアルバム「"Weird Al" Yankovic in 3-D」の1曲「Eat It」がグラミー賞のベストコメディ楽曲部門を受賞し、以来グラミー賞を受賞すること4回、ノミネートされること11回のパロディ音楽の第一人者として現在まで活躍している。

俳優としても活動し、007シリーズパロディ映画「裸のを持つ男」シリーズでは皆勤賞。同シリーズレスリー・ニールセンの映画スパイハード」ではテーマ曲を手掛けた。声優としてはディズニー・チャンネルアニメ「マイロ・マーフィーの法則」で演を務めている。


人物と評価


礼儀正しい人柄で、替え歌を作る場合は必ず事前ネタ元のミュージシャン許可をとり、拒否された場合は発表しないというスタンスを貫いている。原曲へのリスペクトを忘れない姿勢から、パロディにされる側のミュージシャンからも高く評価される。

ただしパロディを快く思わない人物もおり、例えばエミネムパロディPVは「イメージダウンになるから」と拒否されたほか、プリンスパロディではもっとしい拒絶を受けている。音楽賞でプリンスの近くの座席に座ることができたアルはせめて本人に挨拶をしようと試みたが、プリンスの顧問弁護士から「アイコンタクトをとるのも禁止する」旨電報が送られてきたという。ポール・マッカートニーアルファン言しているが、「Live and Let Die」を「チキン・ポット・パイ」というタイトル替え歌にしたいという申し出に対しては「ベジタリアンである私の信条に適さない内容」だとして断っている(ちなみに現在アル自身もベジタリアンである)。

日本だとEat Itヒットで来日した頃の「もじゃもじゃのアフロヘアに大きなメガネ、鼻ひげ」のイメージが強いが、現在はレーシック手術を受けて視を回復、アフロヘアも鼻ひげもやめている。


ヤンコビックとジョジョ


漫画ジョジョの奇妙な冒険』第3部において、以下のようなシーンがある。

空条承太郎「『今夜はビート・イット』のパロディ 『今はイート・イット』を歌ったのは?」
ジョセフ・ジョースター「アル・ヤンコビック」
承太郎「……やれやれ 本物のようだな そんなくだらねえこしっているのは」

これはジョセフ吸血鬼DIOからの輸血で息を吹き返した際、孫の承太郎が、祖DIOに乗っ取られていないことを確認するために雑学クイズを出す場面。これで初めてアルの名を知った日本人も多いかと思われる(ちなみにEat It日本タイトルは「今イート・イット」が正しいが、そんなくだらねえことはどうでもいい)。

アニメ版でもこのシーンはそのまま再現され、英語字幕つきの映像アル本人がインスタグラムで共有した。コメントはないが「#PointlessCrap」(くだらねえこと)のハッシュつきであり、楽しんでいるご様子。余談だが、このアニメジャン=ピエール・ポルナレフを演じた小松史法は、のちに「マイロ・マーフィーの法則」でアル吹き替えている。


代表曲



Eat It(1983年)


原曲マイケル・ジャクソンの「Beat It」。好き嫌いの多い子供にひたすら「食え、食え」と食べさせようとする内容で、アルの出世作。マイケル本人からも絶賛され、PV撮影の際はBeat ItPVと同じセットと、実際にマイケルが着た衣装を貸してもらえた。来日して「オレたちひょうきん族」に出演したときは、この曲をサビだけ日本語にして歌っている。ちなみにアル本人は「クリーム入りケーキウィンナーをのせてチーズをかけて食べるのが好き」というかなりの悪食である。


■sm7531217[ニコ動]


Fat(1988年)


原曲マイケル・ジャクソンの「BAD」。肥満の男が自分のデブっぷりを高らかに歌い上げる内容。PVも特殊効果を使って原曲MVを見事に再現し、グラミー賞のベストコンセプトミュージックビデオ部門を受賞した。この曲もマイケルのお気に入りで、これが縁でマイケルの「Liberian Girl」のMVアルが出演、「周囲の人物がアルマイケルだと間違える」という演出になっている。

■sm404268[ニコ動]


Smells Like Nirvana(1992年)


原曲ニルヴァーナの「Smells Like Teen Spirit」。この曲のヒットにより、アルパロディ音楽を歩き続ける決意を固めたという。曲の内容は、カートコバーンの独特の歌唱法を「何言ってんのかわかんねーよ」とちゃかしたものだが、当時「Smells Like Teen Spirit」の歌詞について様々な深読みを勝手にされることに辟易していたカートはこの曲を大喜びで聴いていたらしい。カートの死の直後、ニルヴァーナの地元であるシアトルでのライブを控えていたアルは大いに悩んだ末「カートならそう望むだろうから」とこの曲を歌い、温かい采を浴びた。

■sm2067926[ニコ動]


Bohemian Polka(1993年)


クイーンの「Bohemian Rhapsody」を、歌詞もそのままにメロディだけポルカ調にアレンジしたもの。なぜか本記事ができるより3年もくこの曲個別の項が作成されている。というわけで詳しくは「Bohemian Polka」を参照。(゚∀゚)HEY!

■sm2067695[ニコ動]


The Saga Begins(1999年)


原曲ドンマクレーンの「American Pie」。この曲の歌い出しのフレーズが、スターウォーズシリーズオープニングテロップの決まり文句に似ていることから、エピソード1のストーリーオビ=ワン・ケノービ視点でなぞった内容になっている。原曲の韻を尊重し、いつも以上に韻を踏むことにこだわった作詞がなされた。PVではアル自らオビ=ワンに扮し、素顔の爽やかイケメンっぷりを披露している。

はじめアル作詞の資料として脚本を見せてくれるようルーカスフィルムに依頼したが拒否されてしまう。「パロディは新鮮さが命」と考える彼は、映画雑誌などの事前情報ネット上のリーク記事などを駆使して自らエピソード1のストーリーを組み立てて歌詞の原を作ったうえで、自で試写会に参加して内容を微修正。すぐさまレコーディングして、リリース映画開翌に間に合わせるという離れ業を行った。後日、ルーカスフィルムの担当者から「この曲を聴いた時のジョージ・ルーカス氏の笑顔をあなたにも見せたかった」というメッセージが届いたそうである。

■sm2162965[ニコ動]


Polkamon(2000年)


オリジナル曲ポルカリズムに乗せてポケモンの名前を並べていく内容で、要は「ポケモン言えるかな?」の英語版である。韻を踏んだ歌詞滑舌の良さ、ノリのいいポルカ作曲技術と、短い曲ながらアルの持ち味が詰まった一曲。映画ルギア爆誕」の北開時のテーマ曲として作曲された。なぜアルに依頼しようと思ったのかいいぞもっとやれ

■sm6074334[ニコ動]


Hardware Store(2002年)


オリジナル曲何もない田舎に開店したホームセンターに熱狂する地元の人、というテーマで、超絶口の歌唱が聴きどころである。数多くのPVファンの手によって作られており、ニコニコ動画では東方手書きPV人気

■sm18339040[ニコ動]


White & Nerdy(2006年)


原曲はカミリオネアの「Ridin'」。タイトルは「人でオタク」という意味で、これはアメリカスクールカーストにおける被差別階級である。カミリオネアはこの曲について「本物のラップだ。クレージーだぜ」とコメントしている。

アルバムStraight Outta Lynwood」のトップを飾ったが、ここに至るまでには紆余曲折があった。最初はジェームズブラントの「You're Beautiful」の替え歌You're Pitiful」をトップに据えようとしたものの、版元のアトラティック・レコード許可が下りず頓挫。次にダニエル・パウターの「Bad Day」をパロディにしようとしたがこれも拒否された。後にダニエルパロディを認めることを連絡したが、その頃には「White & Nerdy」のレコーディング準備に入っており、結局「Bad Day」の替え歌が作られることはなかった。

You're Pitiful」について、ジェームズブラント本人は許可していたのにも関わらずリリースできなかったことがアルには不満だったらしく、「White & Nerdy」のPVに、ウィキペディアアトラティック・レコードページが荒らされるシーンを挿入することで意趣返しをしている。

■sm903712[ニコ動]


Don't Download This Song(2006年)


オリジナル曲。曲の違法ダウンロードをやめようと呼びかける内容だが、歌詞の随所に過度な著作権保護を皮る部分が見られる。この曲はアル公式サイトから自由ダウンロードできるようになっており、曲名自体が著作権問題に対するパロディと言える。

■sm2975735[ニコ動]


Perform This Way(2011年)


原曲レディー・ガガの「Born This Way」。内容はガガの様々なパフォーマンスを振り返るもので、PVではガガの奇抜なコスチュームに身を包んだアルが入れかわり立ちかわり画面に登場する。このPV本家Born This Way」を差し置いてグラミー賞のベストショートミュージッククリップ部門にノミネートされた。


次へ»
最終更新日: 17/09/07 15:10
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ