ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


アレス


ヨミ: アレス
掲示板をミル!
14カキコ!

アレース(Ares, 古典ギリシア語: Ἄρης)とは、ギリシア神話にでてくる戦の。アレスとも表記される。

またローマ神話マールスMars)と同一視されている。

曖昧さ回避

概要


ゼウスとその正妻ヘーラー息子で、オリンポス12の一柱。名前の由来は、「破滅」を意味するアレー(ἀρή)もしくは「利益」を意味するアロス(ἄρος)と考えられている。また「戦」を意味するエニュアリオス(Ἐνυάλιος)という別名もあるが、これは別の格として扱われることもある。

戦争での勝利約束されたような、程よく鍛え上げられた見麗しい外見をした美男である。が、腕っ節は強いものの頭はからっきし(脳筋)という、粗野で乱暴な性格が一因となり、古代ギリシア人には人気かった。また民衆だけでなくゼウスヘーラーからも疎まれており、無敵の防具(アイギス)をう異アテーナーが戦争の勇壮な側面をるのに対し、裸体で描かれることの多いアレースは血なまぐさい殺戮をるなど、他のエピソードなども交えて全体的に低い扱いがなされている。

例えば、美プロディーテーがまだ鍛冶ヘーパイストスの妻だったとき、アレースと彼女不倫関係に陥っているのを知ったヘーパイストスによって「浮気」の現場を押さえられ、他の々の前でし者にされてしまい、本拠地のトラキアバルカン半島東部の地域)に謹慎する羽になったりとか。

これは彼がイケメンな上に性る美プロディーテーを妻にしていたのを妬まれていた・・・・・・わけでは多分く、ギリシアから見て蛮地に住むトラキア人(ルーマニア人の祖先であるダキア人とも同族と言われている)のからギリシア神話に取り入れられた事が大きかったと思われる。例えば『イーリアス』によれば、トロイア戦争では「パリスの審判」で妻アプロディーテー(彼女に小アジア以東で広く信仰されていた女神である)を支持したパリスのいるトロイア側に付いたが(作中ではしばしば戦そのものをしてアーレスと言う)、トロイアはトラキアの一部であるダーダネル峡沿部を勢圏内に含んでいた。そして古代ギリシア人が定着する以前からペロポネソス半島で信仰されていたアテーナーが味方するスパルタ側に敗れた。

このように古代ギリシアではいまひとつ人気かったが、トロイアを下したスパルタはその尚武の気質からかアレース信仰を受け入れ、筋々な体を鎖帷子で包み、軍略において類なき知性を備えた寡黙な兵士として描き、更には人身御供すらげたという。また、他の戦の業を尊ぶ部族からも根強い人気を得ており、例えばローマではアレースに相当するローマ神話マールスローマ伝説的建者であるロームルス&レム兄弟であったりと、扱いがとても良い。

またアレースという言葉は、しばしば霆で以て死の裁きを下す「報復者」としてのゼウスの2つ名でもあり、形容詞形のアレイオス/アレイア(Ἄρειος/Ἄρεια)は戦としての属性を持つ他の々(ゼウス、アテーナー、アプロディーテー、etc...)にもよく使われた。こうした点もアレース自身のキャラクターを希薄にしている要因なのかもしれない。


関連商品


■az4003222512


関連項目



最終更新日: 14/03/31 10:34
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ