ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


アロマ(遊戯王)


ヨミ: アロマ
掲示板をミル!
46カキコ!

アロマ(遊戯王)とは、遊戯王OCGカード群である。


概要


2015年4月25日発売のパック「クラッシュオブリベリオン」で登場したテーマ
属するモンスターの多くが植物族であり、大半の植物アロマモンスターに「アロマージ」の名称が付いている。
そのためこのテーマす際に、カテゴリ名の「アロマ」だけでなく「アロマージ」と呼ばれることも多い。アロマージの名前は、Aroma(アロマ)+mage(魔法使い)に由来すると思われ、それぞれの名前もアロマテラピーなどで用いられることの多い植物から取られている。
登場当初から地は低くなかったが、2016年以降に汎用チューナーリンクモンスターなどが追加され、やかさだけでなく危険な香りを感じさせるようになっている。

遊戯王では軽視されがちなライフアドバンテージ』を重視するしいカテゴリ
アロマポット」以外のアロマには『自分のライフが相手より多い時に得られる効果』と『ライフ回復した時に発動する効果』を持ち、これらを駆使した戦術を軸とする。そのためアロマではライフ回復のための手段が重要となっており、遊戯王では利用される機会の少ないライフ回復カードを積極的に採用するテーマという特徴を持つ。
またそのしいテーマコンセプトに加え、アロマージを始めにやかさ溢れるイラストポイントの一つである。

余談ではあるが、以前より遊戯王OCGには「魔封じの芳香」を軸としたコントロールデッキ、通称アロマコントロールが存在しており、今回登場したテーマアロマと同じ名前を持ってはいるが全く違うデッキタイプなので間違えないように。アロマ自体がややコントロール色の強いデッキなのでなおさら勘違いを起こしやすいかもしれない。それゆえ区別するためにデッキ名を「アロマージ」と表記している場合もある。


カード紹介


以下、遊戯王カードWikiより引用を含む。


クラッシュ・オブ・リベリオン


アロマージ-ジャスミン/Aromage Jasmine
効果モンスター/2/属性/植物族/攻 100/守1900
(1):自分のLPが相手より多く、このカードモンスターゾーンに存在する限り、
自分は通常召喚に加えて1度だけ、
自分メインフェイズに「アロマージ-ジャスミン」以外の植物モンスター1体を召喚できる。
(2):1ターンに1度、自分のLPが回復した場合に発動する。
自分はデッキから1枚ドローする

高めの守備の代わりに攻撃はかなり低いため、できるだけ守備表示で出したいところ。
ライフ優勢時には植物族限定の追加召喚権を得られるため展開を高めることができる。他のアロマージを召喚する以外にも、「ローンファイアブロッサム」を始めとした強植物モンスターを追加召喚する手段にもなる。
ライフ回復時に1ドローできる効果は単純だが強。同名カードを並べれば大量ドローも狙える。
どちらの効果もアロマデッキではアドバンテージとなる優秀な女の子である。

アロマージ-カナンガ/Aromage Cananga
効果モンスター/3/地属性/植物族/攻1400/守1000
(1):自分のLPが相手より多く、このカードモンスターゾーンに存在する限り、
相手フィールドモンスターの攻撃・守備500ダウンする。
(2):1ターンに1度、自分のLPが回復した場合、
相手フィールド魔法カード1枚を対として発動する。
そのカードを持ちの手札に戻す。

ライフ優勢時には相手モンスター弱体化するので、実質攻撃1900として扱うことができる。
さらに「アロマガーデン」と併用することで下級モンスターとしてはかなりの高打点になる。
ライフ回復時のバウンス効果は手札に戻るのでタイミングを見計らう必要があるが、相手エンドフェイズに発動してカードなどを戻せれば心強い。
イラストでは中性的な見ただが、「渇きの」のカナンガはあざといので多分女の子である。

アロマージ-ローズマリー/Aromage Rosemary
効果モンスター/4/属性/植物族/攻1800/守 700
(1):自分のLPが相手より多く、このカードモンスターゾーンに存在する限り、
自分の植物モンスターが攻撃する場合、
ダメージステップ終了時まで相手はモンスターの効果を発動できない。
(2):1ターンに1度、自分のLPが回復した場合、
フィールドの表側表示モンスター1体を対として発動する。
そのモンスターの表示形式を変更する。

ライフ優勢時には自分の植物族の戦闘時に相手モンスターの効果発動を封じることができる。
このカード自体も高めの攻撃でアタッカーとして優秀であり、「アロマージ-カナンガ」や「アロマガーデン」によるサポートがあればなおよい。
ライフ回復時の表示形式変更効果は使いどころが多く、攻撃表示で召喚した「アロマージ-ジャスミン」を守備表示に変更したり、相手モンスターを守備表示に変更して攻撃を妨するなどの利用方法がある。
ニーソックス絶対領域がまぶしい女の子である。

アロマージ-ベルガモット/Aromage Bergamot
効果モンスター/6/炎属性/植物族/攻2400/守1800
(1):自分のLPが相手より多く、このカードモンスターゾーンに存在する限り、
自分の植物モンスターが守備表示モンスターを攻撃した場合、
その守備を攻撃えた分だけ相手に戦闘ダメージを与える。
(2):1ターンに1度、自分のLPが回復した場合に発動する。
このカードの攻撃・守備は相手ターンの終了時まで1000アップする。

上級モンスターだが、「アロマージ-ジャスミン」の追加召喚権や「ローンファイアブロッサム」でフィールドに呼び出すことは較的容易。
ライフ優勢時には自分の植物族全体に貫通効果を与えるため、「アロマージ-ローズマリー」の効果などと合わせれば貫通ダメージで相手ライフに更なる差を付けられる。このカード自体も高い攻撃を持っており、(2)の自己強化と合わせてアタッカーとして働くだろう。
ライフ回復時の自己強化は1000と大きく、「アロマガーデン」の効果も合わされば3900打点にもなれる。
イラストはかなりのイケメンだが元などが女性らしく、細やかな装飾の飾りを付けているのでおそらく女性である。

アロマポット/Aroma Jar
リバース・効果モンスター/1/属性/岩石族/攻 500/守 400
(1):リバースしたこのカードモンスターゾーンに表側表示で存在する限り、
このカード戦闘では破壊されない。
(2):リバースしたこのカードモンスターゾーンに表側表示で存在する場合、
お互いのエンドフェイズ毎に発動する。自分は500LP回復する。

リバースモンスターだが、リバースした時に発動する効果を持たない変わりなモンスター
裏側守備表示でセットしておけば相手の攻撃を受け止めるとなり、その後は継続的にライフ回復できる。ライフ回復タイミングが互いのエンドフェイズなので「アロマージ-カナンガ」と相性がいい。
アロマでは植物族でない点が惜しいところか。

アロマガーデン/Aroma Garden
フィールド魔法
(1):1ターンに1度、自分フィールドに「アロマモンスターが存在する場合にこの効果を発動できる。
自分は500LP回復する。この効果の発動後、次の相手ターン終了時まで自分フィールドモンスターの攻撃・守備500アップする。
(2):自分フィールドの「アロマモンスター戦闘・効果で破壊され墓地へ送られた場合にこの効果を発動する。自分は1000LP回復する。

アロマージたちが暮らす庭園(ガーデン)。
(1)の効果でライフ回復とともに全体強化を行える。強化量は500と控えめだが、カナンガやベルガモットの効果と組み合わせれば意外と馬鹿にならない数値になる。アロマライフ回復時効果のトリガーとしても利便性が高い。
(2)の効果でアロマモンスターが破壊された時のアフターフォローも万全。
どちらの効果も優秀だが、テーマ内にサーチする手段がないことに注意。

潤いの/Humid Winds
永続
「潤いの」の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):1000LPを払ってこの効果を発動できる。
デッキから「アロマモンスター1体を手札に加える。
(2):自分のLPが相手より少ない場合にこの効果を発動できる。
自分は500LP回復する。

ジャスミンローズマリーの合わせ技。
サーチ効果には1000LPを支払う必要があるが、永続なので相手ターンにも使用できる点が優秀。
また相手よりもライフが少ない状況ならば500LP回復する効果も発動できるため、サーチ効果で消費したライフポイントをケアすることが可。(1)と(2)の効果を両方使用できれば、ターン往復で2枚のサーチをたった1000LPのコストで行えるという効率の良さを発揮する。
どちらもフリーチェーンで発動できる効果なので、状況によっては(1)の効果で自らライフを減らしつつ(2)の効果を発動できるようにし、アロマージのライフ回復時の効果を狙ったタイミングで発動できるようにするという戦術も有効。

渇きの/Dried Winds
永続
「渇きの」の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分のLPが回復した場合、
相手フィールドの表側表示モンスター1体を対としてこの効果を発動する。
そのモンスターを破壊する。
(2):自分フィールドに「アロマモンスターが存在し、
自分のLPが相手より3000以上多い場合、その差分のLPを払ってこの効果を発動できる。
攻撃の合計が、この効果を発動するために払ったLPの数値以下になるように、
相手フィールドの表側表示モンスターを選んで破壊する。

カナンガとベルガモットの合わせ技。
(1)の効果により、ライフ回復時に相手モンスター1体を破壊できる。
フリーチェーン回復カードがあれば任意のタイミングで相手モンスターを除去可なのでより使い勝手がよくなる。
(2)の効果は対を取らない破壊なので強ではあるのだが、発動のために必要なライフコストが膨大なので使いどころに悩む。アロマにとって重要なライフアドバンテージを投げ捨てることになるので、発動できる状況であっても(2)の効果を使用するかどうかは慎重に考えたい。


インベイジョン・オブ・ヴェノム


アロマセラフィアンゼリカ/Aromaseraphy Angelica
チューナー・効果モンスター/1/属性/植物族/攻 0/守 0
アロマセラフィ-アンゼリカ」の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードを手札から捨て、自分の墓地の「アロマモンスター1体を対として発動できる。
そのモンスターの攻撃分だけ自分のLPを回復する。 この効果は相手ターンでも発動できる。
(2):このカード墓地に存在し、自分のLPが相手より多く、
自分フィールドに「アロマモンスターが存在する場合に発動できる。
このカード墓地から特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したカードは、フィールドから離れた場合に除外される。

墓地アロマの攻撃分を回復できる誘発即時効果と、ライフに関する条件などを満たすことで墓地から特殊召喚できる汎用チューナー。《潤いの》や《アロマセラフィジャスミン》から手札に加えられる回復札としても使用出来る。

レベル1の植物族であるため、「ワンフォーワン」や羅など、特殊召喚や墓地送りといった手段に事欠かないのも魅

アロマセラフィローズマリー/Aromaseraphy Rosemary
シンクロ・効果モンスター/5/属性/植物族/攻2000/守 900
チューナー+チューナー以外のモンスター1体以上
(1):自分のLPが相手より多く、このカードモンスターゾーンに存在する限り、
自分フィールド植物モンスターの攻撃・守備500アップする。
(2):1ターンに1度、自分のLPが回復した場合、
相手フィールドの表側表示のカード1枚を対として発動する。
そのカードの効果をターン終了時まで効にする。

ライフ差や回復を条件に、植物族のステータス上昇・相手カード効化などを行えるカードアロマ体であれば実質2500打点のアタッカーとして運用も可と思われるが、それでも他のレベル5シンクロモンスターべると少々地味植物族のシンクロモンスターは数が少ないので、一族の結束や群雄割拠などを採用しているタイプならば、十分運用できるか。


リンク・ヴレインズ・パック


次へ»
最終更新日: 20/01/03 03:13
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ