ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


アンダースロー


ヨミ: アンダースロー
掲示板をミル!
10カキコ!

アンダースローとは、野球における投手の投げ方の一つである。


概要


実は初期の野球ではアンダースローしか認められていなかった。1882年にサイドスローが、1884年にオーバースロールール正により認められるまでは流の投げ方であり、最初にカーブチェンジアップを投げたのはアンダースローの投手である。

現役選手はNPBでは牧田和久山中浩史高橋礼MLBではブラッド・ジーグラージョースミス、ダレン・オデイなど。

NPB過去の選手としては、足立光宏山田久志杉浦忠・仁科時成・金城基泰・会田照夫・会田有志・深沢恵雄・皆川睦雄小川健太郎佐々木宏一郎・渡辺俊介など多数存在する。


アンダースローの利点・欠点


最大の特徴は、投げる球の軌が他の投法とは大きく異なることである。下からストライクゾーンに向かって「投げ上げている」ため、打者からは球が浮いてくるような感覚で捉えられる。また、スライダーパワーカーブ系の変化球もしばしば「浮きながら曲がる」軌を描く。
また、本人にとって自然フォームさえ身につければ、全身をフルに使って投げる投法のため体の負荷が分散し故障しにくい。肩を痛めてアンダースローに転向した例もある。
球持ちが他の投法より長く、そこでさまざまな工夫を取り入れやすい。牧田はそこをフル活用し投球に多な緩急をつけている。
欠点としては、まず「スローカーブ系・フォーク系の変化球の変化が小さい」ことが挙げられる。下から投げ上げるため、重力を使って落とす変化球はうまく投げられないのである。もっとも、渡辺牧田スローカーブスローボール系として活用しているし、落ちる変化球シンカーで代用できるので実戦では問題とはならない。
次に、投球動作に時間がかかるため、盗塁を許しやすいこと。ただ、これは現在ではされつつある。渡辺セットポジションからの投球をある程度めつつ捕手との連携で盗塁を防ぐ。また、牧田プロ入り後にセットポジション良に取り組み、「チームい」といわれる鮮やかなクイックモーションを身に着けている。

しかしながら、最大の欠点は「もが出来る投法ではない」ことかもしれない。


現代アンダースロー論   


テレビ朝日系列スポーツ番組『NANDA?!』アンダースロー特集の回に出演した山田久志は開口一番、「アンダーハンドは変則投法ではない、綺麗さがないとダメ」という持論を展開し、同席した渡辺俊介も「(変則と呼ばれるのは)嫌ですね」と強く同意している。

以後の2人の発言は同番組でのもの

山田は「多方面から多大な負担が掛かる膝を底的に鍛えることが重要、そのための鍛錬として、うさぎ跳びは実にいいトレーニング方法」とした(膝に過大な負荷がかかるうさぎ跳びは導者からも敬遠されがちではあるが、山田は同時に「うさぎ跳び程度で膝を痛めるような選手がプロでやっていけるわけがない」ともっている)。

渡辺はアンダースローを行う最低条件として「身体の柔らかさ」を挙げ、前屈+25cm、股割も楽々こなす自身の柔軟性を番組内で披露している。

その一方、「やわらかすぎる筋肉の持ちがアンダースローに向いているわけではない」とも山田っている。オーバーと違い十分な反動を地面から得る動作を行うためには、ある程度の硬さも必要となる。

ある程度の硬さのある筋肉や膝を持っていると、柔らかい筋肉で貯めた運動パワーを膝や筋肉を支点として十分なパワーに変えることができアンダーでもきちんと勝負できる速球を投げることが可になる。足立投手と自分はそれがあり、それがなかった仁科(元ロッテ投手 アンダースローともサイドとも言われるフォームからゴロを打たせられる緩いシンカーを武器にした技巧投手は速球勝負ができなかったとっている。

事実、現役のアンダースロ投手である西武牧田プロの中でも較的体の固い部類に入る。もちろん股割りはこなせる程度の股関節の柔軟性はあるものの、過去の怪からくる膝の可動域は狭く、正座で踵とお尻がくっつかないレベルである。また、肩甲骨周りも硬く一般的に大きなテイクバックが多いアンダースローだが、彼はテイクバックが小さくなってしまっている

野球のキャリアをアンダースローで始めることには2人とも懐疑的であり、渡辺は「まずは自然な投げ方から始めてみてください」と注意を促している(渡辺牧田は関係者の勧めでアンダーに転向した経歴をもつ)。関係者の育成やアンダー導者の充実は長年の山田の持論である。

ここで彼の言葉を借りて彼のアンダーの考えを、彼がインタビューを受けた野球小僧2011年8月号から抜してみる

アンダーハンドは傾きを利用しながら(右ならば)左サイドで長くボールを隠せ、で隠したまま前に持っていくことができ18.44mを短く使える。
慢して慢して最後に腕も振ればもっと手前から投げられストレートをよりく感じさせられる。
逆に言えばこれができていないアンダーには何もメリットはない」

日本アメリカに輸出したといっていいアンダースローがアメリカでは増えつつある一方、なぜ日本絶滅しかけているのか」※

「アンダースローをきちんと理解して伝えていくためには高・大・社にきちんとしたアンダーの基本を教えることのできる導者が必要」

※編注:前述した19世紀のルール正までのアンダースローはソフトボールスリングショット投法に近いものであり、オーバースローの回転軸をから大きく折り曲げた形の現在のアンダースローとは違っていた。


一般的なアンダースローにおける区分について


アンダースローは基本的に解釈の分かれる投げ方である。

根本的に、どういう投げ方であるかの定義を行う際にプロでアンダースローを投げていた投手の中でも、彼らに教えてきたピッチングコーチでも、アマチュアで教えられるコーチの中ですら分かれてしまう。

そして、現在この混乱に拍をかけているのが良くも悪くも渡辺俊介が名投手であったことである。まだ長く野球を見ておられない方々には渡辺のアンダースローが突然変異であるということが分かっていないのである。
リリースポイントの低さ、彼の持つ球種が特異であること、リリースタイミングの体の捻り等々。彼のアンダースローは一般的なアンダースローからものすごく乖離してしまっている。

とりあえず俊介から、そしてアンダースローの定義から離れてアンダースローの分類についての考察を行ってみよう。アンダースローの特徴を分類される際によく例えられる二人の名投手フォームの違いをる。

山田久志投手
通算284勝の名投手。人呼んでミスターサブマリン
特徴は150km/hは出ていたとも言われる速球と空振りを取れるく曲がるシンカー
足立光宏投手
通算187勝 前述の山田先輩に当たり、シンカーを武器とした七色変化球を投げる投手
シンカー山田に伝授した。球にも有り、一試合17奪三振を記録したこともある

この名投手の師フォームは共通点もあるが大きく違うのが重心の移動の線である。

簡単に言うと山田のフォーム[外部]は一回大きく下に重心を落としたあと再び上に上げリリースタイミングに持っていく大きく - 小さく - 大きくという形のフォーム(彼くこの投げ方のコツがわかればダルビッシュ160km/hを出せる)。現在では渡辺俊介較的これに近い(厳密に言うと彼は多少の違いがある)。

それに対して師匠足立は、小さくなめらかに重心を移動していく。厳密に言うと重心の上への移動は同じく行っているが、山田べその移動が小さく沈みながら投げているように見える。現在では、牧田和久足立の後継者といえよう。

これらの二つのが大きな違いは重心移動の始まりからリリースまでの時間に如実に現れる。足立タイプ足立牧田は同タイムの077会田照夫が060。それに対し山田タイプ山田は117沼は103、渡辺俊介は117と格段に長いのである。

参考までに現在プロ投手の時間を載せてみると、

これを写真等で解説したいのだがいかんせんネットに古すぎて上がっていない。他にも手首の使い方や、トップからの体の使い方が大きく違うのだが資料不足・・・ 。

実は、筆者も足立動画ではほとんど見れていないのが現状である。写真等の資料は幸い手に入りやすいので、一度ご覧になることを勧める。


渡辺俊介という特殊な名投手


さて、前項の初めに渡辺俊介は特殊であるとっていたのに中盤では山田フォームで区分している。おかしな話ではないかとお考えの方は多いだろう。

めて言おうろう。彼は特殊なアンダースローである

  1. リリースポイントの低さ 
    彼のフォームを見てしもがわかる特殊な点である。リリースポイントは地上約3cm。たまにダフる(地面をこする)こともあるその低さは見るものを驚愕させる。
  2. リリース時に体が捕手を向いていること
    これは実はものすごくおかしいことなのである。普通は捻りが足らずにろくに投げられない。捕手を向いて投げることは基本に忠実でものすごくなことなのである。
  3. 特殊な球種
    アンダースローといえば代名詞の浮き上がる変化球だが、実は渡辺は持っていない。その代わりに持ち得た彼独特の武器がスローカーブである。
    一部では、魔球ジャイロボールではないかと言われるこの球種は独特の遅さを持っている。回転や軌も独特で文章では表現できづらい弧を描く球である。
    ちなみに彼は、ほかの球種もおかしなことをやっていて、一番球速い球は高速シンカーストレートよりもい、スライダーも同じアンダー牧田より遅くより大きな横への変化が特徴。
    打者がよく砕けになってしまっているのはこのたまが多い。イメージとしては一般オーバーカーブのような曲がりの感じの弧を描く球が下から投げられている感覚が近い。
  4. 盤でタイミングをずらせる投法
    これが 彼が最もほかの投手と違う点である。地面に着地したあとテイクバックで蓄えたを使ってリリースするその直前にを使ってリリースを意図的に遅くしているのだ。
    うまく言葉で伝わらないだろうがリリース直前にぐにゃっとする一がそれにあたる

他にも、様々な点があるのだが大雑把にはこんな感じである。


アンダースローの定義


先ほどこれは分かれてしまうとったがこちらについてとりあえず明言している人たちの定義を書いておく

山田久志リリース時の肩から腕のラインボールを持つ手の地面との行線より下であること」

く仁科などはサイド杉浦サイド気味のアンダーとの区分になる。

牧田和久 「肩のラインが地面と行ならアンダー

沼博久 「リリースポイントが地面から10センチ程度であること」

会田照夫 「(リリースする際の)ボールの位置が肩以下であること」

会田有志 「体が前に倒れていて軸が曲がっていればアンダー

田英利 「体をしっかり潜らせていること」

ブラッド・ジーグラー 「リリースするところが肩より下であること」

最後に、学術的な視点からの定義を記す。

島田一志金沢星稜大学教授 「投球時に上半身が全に(右利きなら)三塁側に傾いていること」

   


アンダースローの世界的な情勢ー韓国とメジャーについて



韓国野球でのアンダースロー


上でも触れたが世界的にアンダースローはそのを再び見せつけつつある投法である。

特に特筆すべきは韓国野球界である。古くから日本野球界とのつながりが強い韓国球界では多くのアンダースローボーラーがその名を馳せまた羽ばたいていった

>その由来はやはり日本球界であった。当時愛媛県に在住していた申鎔均(日本名 平山鎔均)は高校時代に肘を痛めてからアンダーに転向。以降シンカーを武器に社会人野球でも活躍したことをきっかけに、本韓国の代表としてアジア選手権に出場。この際日本代表化学を5-2 3-0と封じ込めた。この歴史勝利以降、韓国野球ブームが到来する。

これによりノンプロ社会人リーグが創設され申鎔均は大活躍をした。(申鎔均は大会直後に韓国代表が日本社会人プレイすることを問題視され日本野球から離れさせられたが、6年後日本社会人野球に復帰した)。

それ以降も多くの名選手を誕生させるも、70年代金属バットの波が到来。で押し負けるようになりここから韓国でも不遇の時代が続くが、それ以降も日本から韓国に渡った在日選手(金城基泰など)が活躍している。

しかし韓国高校以上の野球金属バットが禁止になるとともにアンダースローも復活。現在では代表選考の条件としてアンダーがあるほど重視されている。

また韓国野球で特筆すべき点はアンダースローの名選手が育つ環境である。
申や朱性魯(70年代韓国実業団リーグノーヒットノーランを記録するなど活躍)などの往年の名選手が後進の導にあたっている。



次へ»
最終更新日: 19/04/07 16:34
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ