ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


アンディ・マレー


ヨミ: アンディマレー
掲示板をミル!
72カキコ!

アンディ・マレー(Andy Murray)とは、イギリススコットランド)のテニス選手である。BIG4の一人。リアル四天王の中でも最弱の存在。

一部ではゲームのやり過ぎが原因で彼女に振られたという残念なエピソードでも有名。この彼女、キム・シアーズさんとはその後仲直りしており、2015年結婚2016年には子どもも生まれた。


概要


Andy Murray
基本情報
イギリス
出身地 スコットランド
ダンブレーン
生年 1987年5月15日
身長
体重
190 cm
84 kg
選手情報
利き手
バックハンド 両手打ち
デビュー 2005年
テニス選手テンプレート

1987年生まれでラファエル・ナダルの1歳年下にあたるスコットランド出身の選手。これまでの最高ランキング1位ネットに出ることもできるしストロークでることもできるオールラウンドな選手だが、クレーコートは苦手にしている。一方インドア大会に強く、2016年末時点で現役ではロジャー・フェデラーに次ぐ勝率を誇る。また両手打ちバックハンドからのストロークのカウンターには定評がある2014年に入って逆転されたが、2013年末の時点ではフェデラーに対して11勝9敗と勝ち越していた重な選手。

2016年末に英国王室から「ナイト」の叙爵を受けたため、日本ネットでも(好調な時は特に)「サー」と呼ばれることが増えた。調子が悪い時はマレェとか言われる


経歴



2012年以前


2008年ごろから一気にランキングを上げ、ナダルフェデラージョコビッチの3人とあわせて4強・四天王BIG4と呼ばれるようになった。しかし他の3人とは異なり四大大会、特にウィンブルドンを制覇できなかったことから、「ウィンブルドンを表す選手」、「イギリス勢の中で一番マシな成績なのだから、ウィンブルドン優勝しろ」、「マレー四天王の中でも最弱(AA略)」…と散々煽られた。

2008年オープン2010年オープン較的相性の良いフェデラーと、2011年の全オープンで直接対決3連勝中だったジョコビッチと決勝を戦ったが、いずれもストレートで敗れておりメンタルの弱さが摘されていた。ジュニア時代からイギリスの次世代エースとして注されていたが、イギリス人選手の四大大会男子シングル優勝70年以上出ていなかったため、過剰な期待を受けていたところもあるようだ。


2012年


新たなコーチとしてイワン・レンドルを招聘。ウィンブルドンではイギリス人として74年ぶりに決勝に進出、フェデラーセットカウント3-1で敗れはしたものの、四大大会決勝で初めてセットを奪う。続いてウィンブルドンを会場として使用したロンドン五輪でも決勝進出。再びフェデラーとの決勝となったが、今度はストレートで圧倒して金メダル獲得した。またロンドン五輪ではローラ・ロブソンと組んだ混合ダブルスでも決勝進出、こちらはベラルーシマックスミルニー/ビクトリア・アザレンカ組に敗れたがメダルを獲得した

これらの活躍で今まで以上に期待が膨らんで迎えた全オープン。決勝でノバク・ジョコビッチフルセットで下し、四大大会5度の決勝にして遂に優勝を挙げた。イギリス人選手としては1936年フレッドペリー以来の男子シングル優勝となった。また四大大会5度の決勝での初優勝は現コーチであるレンドル以来2人とのことである。


2013年


オープンで決勝に進出したが準決勝のフェデラー戦でフルセットを強いられたこともあって決勝でジョコビッチに敗れ準優勝に終わる。苦手の全を故障で欠場した後、迎えたウィンブルドンフェデラーナダルらが序盤で敗退する大荒れの大会となったが、きっちりシードを守って決勝に進出。決勝では第1シードジョコビッチストレートで破り、ついに悲願のウィンブルドン優勝を挙げた。同大会男子シングルスでのイギリスチャンピオンは上述ペリー以来77年ぶりとなった。ちなみにウィンブルドンにはコート外にスクリーンで試合観戦できる丘があり、以前は地元イギリスの有サーブ&ボレーヤー、ティム・ヘンマンの名前から「ヘンマン・ヒル」と呼ばれていたが、最近では「マレーマウント」と呼ばれている。

残る標はランキング1位だが、2013年オープン後にの手術に踏み切りツアーを離脱。この年は最終的に4位で終わった。


2014年


全体的に低調で最終ランキングは6位、TOP10から落ちた時期もあった。恐らく手術の影なのだろう、サーブの威と攻撃性の低下が摘されている。後者についてはレンドルとのコーチ契約が終了した影もあるのかもしれない(その後は元女子テニスNo1のアメリ・モレスモコーチに付けている)。以降フル回転でポイントを稼ぎツアーファイナルズ出場権を得たが疲労の色は濃く、錦織圭に初めて負けたほか、較的得意にしていたはずのフェデラーには6-0、6-1の惨敗を喫しラウンドロビン敗退に終わった。負け方を見ると復帰1年理しない方が良かったのでは、という気もするが自ロンドン開催なので出ないわけには行かなかったのだろう。

ちなみにフェデラーツアーファイナルズ決勝を故障棄権したため急遽ジョコビッチとエキシビションマッチを行ったが、報道によると「自宅のソファマリオカートを満喫中に電話オファーを受けた」のだという。相変わらずのようで安心したファンも多いのではないだろうか。


2015年


ジュスティーヌ・エナン同様に燃え尽きたと言うアメリ・モレスモコーチを怪しむ人が多かったものの、四大大会開幕戦の全オープンでは決勝まで進出。しかしジョコビッチ敗北し、準優勝に終わる。これまで苦手にしてきたクレーコートだがミュンヘンで初優勝すると、直後のマドリッドでもナダルを下して優勝している。全オープンではまさかの準決勝進出でジョコビッチフルセットまで苦しめており、敗れたものの決勝前に大きく体を削った。これまでポイントを望めなかったクレーで稼げたのが大きかったか、自身初めてランキング2位シーズンを終えている。

また、この年はデビスカップでイギリスとして79年ぶりの優勝を達成している。ウィンブルドンと同じくフレッドペリーの時代以来の快挙となった。


2016年


オープン、全オープンと共に決勝進出しながらジョコビッチに敗れ、準優勝に終わる。このまま年間シルバーラム達成かと思われていたが、ウィンブルドンではジョコビッチ期敗退。シードをしっかり守り、決勝でもミロス・ラオニッチを寄せ付けず、故障復帰後では初の四大大会タイトルを獲得した。この芝シーズンからレンドルコーチに復帰しており、速効果が出た形となった。さらにリオデジャネイロ五輪でもシングル金メダルを獲得。五輪シングルス連覇を果たした。その後は全オープンこそ準々決勝で錦織に敗れたが、アジアシリーズ以降は連勝を重ねる。ジョコビッチが失速する中、パリMS優勝でついに1位に立った。ツアーファイナルズは仕込ではないかと思うほど厳しい組み分けになったが、こちらも見事全勝優勝を達成、年度末1位シーズンを終えた。


ジャパンオープンでの活躍


ジャパンオープンには2006年2011年2012年の3回出場がある。まだ10代だった2006年は初戦でチェコベテラン、イリ・ノバクに敗れている。第2シードでの出場となった2011年は決勝でトップシードナダルフルセットで下して優勝した。特に最終セットナダルに4ポイントしか与えない見事な勝利であった。2012年は連覇をしたが、準決勝で若手ビッグサーバーミロス・ラオニッチフルセットで敗れた。

上記の3回とも、ダブルスペシャリストであるジェイミーと組んでダブルスにも出場している。このうち2011年ノーシードから勝ち上がり、こちらも優勝してしまった。ジャパンオープンにおける単複同時制覇は1991年ステファン・エドベリ以来20年ぶりの快挙である。


主な実績



プレースタイル


安定感のあるストロークが武器のカウンターパンチャー。相手のショットを落ち着いて返し徐々に厳しい打球を打ち込んでいき相手のミスを狙う。バックハンドショットも定評がありまた長身を活かしたサーブも強。若い頃からずっとクレーコートを苦手にしていたが、2015年から見違えるほど成績が良くなった。ここでポイントを稼げるようになったのがランキング1位獲得に大きく影した。


おまけ:2012年ウィンブルドン決勝を現地で観戦していたイギリス著名人


その他外からも過去の名選手が来ていた。女王陛下は別件で先に予定が埋まっていたため来ていなかったが、予定さえ合えば現地観戦していたとのことで注度の高さが伺える。上記のうちスコットランド出身のファーガソンは全オープンでも応援に駆けつけた(全オープンではショーン・コネリーもいた)。ウィンブルドンの観客は四大大会の中ではおとなしいと言われていたが、今回の決勝では終盤マレーコールが巻き起こるなどしい場面が見られた。単に今までは地元選手が最後まで残らなかったのでエキサイトする機会が少なかったのかもしれない。


関連動画


77年ぶりのイギリスの悲願達成の模様


■sm21306069[ニコ動]

■sm21309764[ニコ動]

1年前の試合後インタビューでは涙を見せを詰まらせていた。

■sm18304461[ニコ動]

あの涙が報われて良かった。本当におめでとう。


次へ»
最終更新日: 19/08/13 11:44
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ