ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


アンデット


ヨミ: アンデット
掲示板をミル!
16カキコ!
曖昧さ回避 もしかして → アンデッド (Undead)

アンデットとは、漫画『遊シリーズらびに、TCG遊戯王OCG」に登場する種族のひとつである。正式名称は「アンデット族」。


概要


墓地からのをもっていたり、あるいは同族の生をサポートするを持つものが多く、戦線維持が容易な種族。特に生効果を利用した連続シンクロ召喚が容易な点が優れており、かつてはスタンダードのひとつとして栄を極めた。

しかしその反面、除外にはきわめて弱く、【次元】などには手も足も出ないことが多い。墓地封印にもとことん弱い。しかも最近はアンデットシンクロの中核であるカードゾンビキャリア》が規制(2014年制限化)されてしまったため、弱体化している。それ以外にも、アンデット生の必須カード(2017年制限化)》や、ドロー加速装置《生還の宝札》なども軒並み規制されており、かつての繁栄振りはなりを潜めている感はあった。

だが、今でも十分強い部類に入るデッキであり、今も使用しているデュエリストも少なくない。加えて2013年発売の「SHADOW SPECTOR」にてアンデット族が大量に登場し、更にかつてのエースモンスターヴァンパイアロード」が所属する「ヴァンパイア」がカテゴリ化するなど、再の兆しがみられている。

2014年以降はアンデット族との相性の良くないペンデュラム召喚の導入、ゾンビキャリアに続く汎用チューナー《ユニゾンビ》の登場、新マスタールールへの移行などにより、再と沈下を繰り返している。上記の除外に対して、ある程度できるカテゴリーや汎用モンスターも年数が経つごとに少しずつ登場したが、今度は魔法を除去する手段が少ない、《王宮の鉄壁》を始めとする除外封殺が苦手という弱点が見られるようになっている。

ちなみに、かの《ワイト》様とそのご親族もこちらに属されておられる。


あれ、アンデッ「ド」じゃないの?


原作にて遊戯が「アンデット族じゃどうにもならない」と言ったのが初出。しかし後の話ではほぼ「アンデッド」となっているから誤植ミスであろう。しかしOCGでは「アンデット」。現在に至るまでアンデッドと書かれるべきものはすべてアンデットと書かれている。その初出は何か?

それは《アンデット・ウォーリアー》。
原作では通常モンスターだが、OCGにおいては《ワイト》様が融合される融合モンスターとして登場した。
原作ではきちんと《アンデッド・ウォーリアー》なのだが、種族にあわせてか「アンデット」となってしまった。
ちなみに、単なる「デッド」はそのまんまである。


関連項目



最終更新日: 17/12/17 12:56
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ