ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


アントニオ・サリエリ


ヨミ: アントニオサリエリ
掲示板をミル!
42カキコ!

アントニオ・サリエリ1750~1825)とは、古典を代表する作曲であり、ある意味モーツァルトの犠牲者でもある。


概要


幼いころ両親から音楽教育を受け才を発揮した。そのような両親が死去した後、北イタリアのパドヴァ、ヴェネツィアに住み、ヴェネツィアを訪れたフローリアンレオポルトガスマンに才を見出された。1766年に師であるガスマンとともにウィーンの宮廷に招かれ、以来死ぬまでほぼウィーンを中心に活躍した。

ウィーンでは皇帝ヨーゼフ2世をはじめとした人脈を築き、さらに才も開させて音楽界に多大な貢献をしていった。はじめはオペラ・ブッファで成功し、のちにグルックの様式で作曲したフランス語オペラタラール』などがパリ大盛況をおさめ、これらの功績から1788年オーストリアの宮廷楽長となる。ほかにもオラトリオカンタータ、ミサ曲を含む多くの宗教曲、そしていくつかの器楽曲が知られている。

また教育者としての評価も高く、有名な生徒としてベートーヴェンシューベルトリストチェルニーフンメルモシェレスマイアベーア、ジュスマイヤー、モーツァルト息子フランツ・クサーヴァーモーツァルトが彼の導の恩恵を受けた。

言ってて悲しくなるけど、ここ読む人そんな記述よりももっと興味があることがあるよね。


モーツァルトとサリエリ


彼とモーツァルトは当時からライバル的な存在であった。そのモーツァルト35歳という若さ世したために、当時から彼がモーツァルト殺したのではないかとうわさされることになった。

さらにロシア詩人プーキン劇『モーツァルトとサリエリ』でこの二人の関係は一躍有名になる。そして現代、イギリスの劇作家ピーター・シェーファーの戯曲、およびその映画アマデウス』の一躍ヒットによってサリエリの名とそのスキャンダル音楽ファン以外にも知られることとなり、モーツァルトを殺したかもしれない男としての名が広まってしまったのである。

もちろん映画はほとんどフィクションであり、彼がモーツァルトレクイエムを依頼した上に死の床で彼の作曲を口頭記述したり、精神病院で錯乱した最期を迎えたりといったことはなく、普通に19世紀前半までぴんぴんしており音楽教育活動に従事している。

なお、彼のスキャンダル自体は彼の生前からすでに存在しているが、これが事実かどうかは今の今まで立されていない。しかし実際の二人の関係は互いを尊敬しあうライバルというものでしかなかったようだ。


関連動画



■sm9634063[ニコ動]

■sm9632661[ニコ動]


関連商品


■azB000BDJ822
■azB003I4S4TE
■azB004V4GY1U


関連項目



最終更新日: 18/04/06 23:51
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ