ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


アーミングソード


ヨミ: アーミングソード

アーミングソード(英:Arming Sword)とは、中世盛期のヨーロッパで用いられたである。

多くの日本書籍ではロングソードと解説される。


概要


直訳すると武装。アーミングソードは騎士に差す直の総称でもあった為、別名ナイトリーソードもしくは、ナイトリー・アーミング・ソードとも呼ばれる。アーミングソードは西暦1100年代頃に誕生したとされ、それより前の直は滅亡したローマの長の系譜だという説にあやかりスパタと呼ばれる事もあれば、単純にノルマン人のと呼ばれる場合もある。

アーミングソードはそれより前の直較して、切っ先が鋭くなり身の形状が二等辺三角形に近くなっており、棒状の鍔も大化して全体的に十字架に近くなった。

アーミングソードはそれまでの長と同じように片手で使用するように設計されており、柄頭には滑り止めや装飾を兼ねていたポメルと呼ばれるが付いていた。このの重心を手元に引き寄せる効果があり片手での操作性が向上した。また振り下ろした際の打撃を増す働きもあり、場合によっては鍔やポメルで殴り付けることもあったという。そのためポメルや鍔は身と同じ素材で造られていた。

アーミングソードはっ直ぐな身と鋭い切っ先を持つが、実際の戦闘では突きや複雑な牽制はあまり使われず、打撃や擊によるしい攻撃とタイミングが重要視された。当時の騎士達の腕前は稚拙なモノではなくむしろ高度だったとされる。アーミングソードは鈍器較してを着た敵に対しては有効とはいえなかったが、振り下ろされた際の衝撃は防具越しでも視できるモノではなく、たとえることができなくても、何度も殴打することで降伏に追い込めた。(初期の鎖帷子の場合、しっかり直撃すれば切断出来たという。)

1300年代から1400年代にかけて冶技術が向上するとともに防具が発達すると、アーミングソードはやや大化し、両手でも扱えるように長い柄を備えたタイプが出現するようになる。このタイプロングソードもしくはバスタードソードハーフアンド・ア・ハーフ・ソードとも呼ばれた。

片手で使用するアーミングソードはこの段階でれたわけではなく、その後も使用され続けエクストックと呼ばれる刺突専門のの一種に変化した。


関連動画


アーミングソードに関するニコニコ動画動画を紹介してください。


関連商品


アーミングソードに関するニコニコ市場の商品を紹介してください。


関連コミュニティ


アーミングソードに関するニコニコミュニティを紹介してください。


関連項目



最終更新日: 18/11/04 19:39
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ