ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


アーレ・ハイネセン


ヨミ: アーレハイネセン
掲示板をミル!
14カキコ!

アーレ・ハイネセン(Ahle Heinessen)とは、小説OVA銀河英雄伝説」の登場人物。セリフは存在しないため声優は当てられていない。


略歴


生年、出生地は帝国アルタイル系のうちのどれかである可性もあるが、共和義者の属として流刑に処された可性もあり不明。OVAではおおよそ20代から30代前半ほどの外見の金髪青年

帝国164年、極寒アルタイル系第七惑星奴隷労働に従事していた彼は、同じく奴隷階級であった少年イオンファカスドライアイスで作った船をに受かべて遊んでいたことをヒントドライアイスを利用した宇宙船を建造し流刑地を脱出するアイデアを思いつく。社会秩序維持局のを避けつつ、巨大なドライアイスの氷塊を括りぬき居住地やエンジンルームを確保。アイデアの元となった少年の名前から「イオンファカス」号と名付けられたこの宇宙船に40万人を載せて系からの脱出に成功する。歴史上、「長征一万光年」と称される長いの始まりであった。

その後も帝国を避けつつ人の惑星で本格的な恒星宇宙80隻を建造。間物質を採取しながら逃亡を継続し、ついには未知の暗礁宙域(のちのイゼルローン回廊)へ進入。この航は非常に厳しいものとなり、当初いた40万人の人員も最終的には半分以下の16万人に減少。ついにはアーレ・ハイネセン本人も事故により死亡してしまう。

親友であったグエン・キム・ホアが後を継ぎ、半世紀に及ぶ過酷な程の後の帝国218年、ついに居住可惑星(のちのバーラトハイネセン)を発見する。この年、ルドルフによってされていた宇宙527年)を復活させて自由惑星同盟を宣言。ここに作中の現代につながるもう一つの体制が誕生したのだった。


評価・同盟


自由惑星同盟においては「」と称され崇拝対である。グエン・キム・ホアたちが発見した最初の惑星は「ハイネセン」と名付けられ、同惑星の中心都市ハイネセンポリスが作中における自由惑星同盟首都であった。ハイネセン記念財団やハイネセン記念大学といった組織、ハイネセン記念スタジアムのような建築物がつくられ惑星ハイネセンにはハイネセンをかたどった巨大なオブジェも存在した。

ただし、彼による思想的な言動はど作中では紹介されていない。自由惑星同盟是である自由、自、自尊、自ハイネセンの言葉とされているほか、「闇が濃くなるのは、が明ける直前であればこそ」があるが、これをひいたヤン自身もハイネセンが本当に言ったかどうかについては懐疑的である。

また誤解しやすいが、自由惑星同盟の建そのものはハイネセンによるものではない点(ただし、共和国家の建設長征以前からのハイネセンの念願であった)は考慮するべきだろう。この事実してか、ヤンは国家の存亡そのものにはさしてこだわりを見せてはおらず、反面民主主義そのものを守る姿勢は(偏執的に固執した訳ではないにせよ)崩さなかった。

これら歴史事実の他にも、国家の為政者にとって不都合な自由義、基本的人権の尊重などの徴でもあり、建理念を忘れた大衆からもやや退屈な人物に映る側面はあったためか、ダゴン域会戦の英雄であるリン・パオユースフ・トパロウル730年マフィアの長たるブルース・アッシュビー戦争英雄(皮なことにヤンの存在もこれに加わる)とべると同盟市民の間で尊崇されている描写は少ない。巨大オブジェもルドルフのそれと変わらず、形式的で形骸化した国家体制のカリカチュアとして作中では描かれている。

しかし、同盟が滅亡し自由共和政体国家がなくなりヤンも倒れたのち、皮にも彼の存在は再びきを帯び始める。ほぼ全ての寄る辺をなくした共和義者にとり、手本になりうる・希望を見出せるのは彼だけであったのだから。

彼らが集結したイゼルローン共和政府が要塞に掲げた人物肖像は二人だけ。
一人はヤン、もう一人はアーレ・ハイネセンその人であった。


評価・帝国


帝国は当初、ハイネセンらの脱出を受けて執拗に追撃・捜索こそしたものの、それ以上に大きな関心を示さなかった。事件から二年後の帝国331年のファーストコンタクトののち、古記録をあさりようやく彼らのルーツが判明したというほどだった。

帝国では自由惑星同盟国家として認めず単に辺の叛徒と称しており、当然ながらその祖先である彼の存在も否定的であった可性が高い。ただし、帝国内には潜在的にその圧政に不満を持つ大衆は存在し、仮に否定的とは言え情報を流してしまうと彼らの拠り所になってしまう恐れがあるため、その存在はあるいは秘匿されていたのかもしれない。少なくとも、帝国の将兵が彼を罵倒する描写は存在せず、同盟のルドルフに対する態度とは溝がある。

特筆すべき態度を取った帝国の人物としてはラインハルトが挙げられ、彼は同盟を征後、ハイネセンの巨大オブジェを撤去している。ただし、これは戦勝者としての振る舞いではなく、単に等身以上の人物立像を嫌ったことによるもの。ハイネセンの行いを記録した記念館などには干渉せず、本心では関心であったようだ。また、「彼が本当に尊敬されるべき人物ならばこの行いを是とするだろう」とも述べており、ある意味では最低限の敬意は示したともとれる。


関連人物



関連動画



■sm16195720[ニコ動]


関連商品



関連項目



最終更新日: 17/11/20 04:23
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ