ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


イギリス連邦


ヨミ: イギリスレンポウ
掲示板をミル!
36カキコ!

イギリス連邦Commonwealth of Nations)とは、イギリスを中心とした緩やかな国家連合である。別名:英連邦


概要


イギリスを中心とした緩やかな国家連合。

イギリスの旧植民地から成る。

イギリス国王に忠を誓うのが元々の条件だったが、インド共和制へ移行する時にそのまま英連邦加盟を許可したので、今ではそれは撤回されている。

現在でもイギリス国王国王とする人的同君連合関係にある英連邦コモンウェルス・レルム)と呼ばれ、16カある。英連邦はすべて英連邦に加盟しているが英連邦がすなわち英連邦ではない。

英連邦の標準は一応英語

英連邦内では、クリケット紅茶などの英国文化が根付いている。

尚、日本タイ以外で道路が左側通行の英連邦加盟の可性が高い。


加盟国



ヨーロッパ


イギリス
言わずと知れた英連邦とりあえず飯がまずいゼリー寄せは死ぬほどまずい紳士にして、人命よりの命を重んじる
[画像を見る]キプロス
キプロス問題を抱える東欧ギリシャトルコにかき回される。実は元イギリス領土。観光的で日本人が来るらしい。
[画像を見る]マルタ
マルチーズの発祥地。現在ローマにいるマルタ騎士団が最後に持っていた領土がここ。ミニ国家

アジア


[画像を見る]インド
巨人の星クリケットリメイクした南亜随一の親日国家カースト制度が近代化の足かせとなっている。カレー毎日食べる物。掛け算が凄い。
[画像を見る]シンガポール
マレーシアと一緒になろうとして喧別れした。厳格な法律で知られる。東南アジア随一の先進国華僑でもある。
[画像を見る]スリランカ
インド紅茶世界初の女性首相であるシリマヴォ・バンダラナイケさんを輩出した旧国名名の「セイロン」はセイロンティーの名前に残る。
[画像を見る]パキスタン
インドとはの仲。何度も英連邦から脱退、加入を繰り返す問題児。敬虔なムスリムが多い。インドに対抗して核を保有した。
[画像を見る]バングラデシュ
ダッカの人口密度が高い早稲田大学の人がこので大活躍していたりする。親日の人が多いでもある。元東パキスタン
[画像を見る]ブルネイ
ハサナル・ホルキア国王が太っ。豊かな天然が武器である。国王マイケル・ジャクソンを呼んだことがある。
[画像を見る]マレーシア
マラ連邦首都クアラルンプールには老後を東南アジアで過ごしたい日本人で溢れている。日本に留学に来ている人が結構いる。

北アメリカ


[画像を見る]アンティグア・バーブーダ
カリブに浮かぶ小国。長い間首相だった人が追放された
[画像を見る]カナダ
ぶっちゃけ英連邦の中の優等生アメリカとは複雑な関係。メイプルシロップウマー気な民性らしい。
[画像を見る]レナ
カリブに浮かぶ小国1983年クーデター混乱に乗じてアメリカに侵攻されたかわいそうな
[画像を見る]ジャマイカ
地味修羅の国首都キングトン犯罪が多い。麻薬に注意。民は陽気でいい人が多い。
[画像を見る]セントクリストファー・ネイビス
南北アメリカ最小の地味インターネット普及率世界二位。
[画像を見る]セントビンセント・グレナディーン
結構人が多いカリブ小国
[画像を見る]セントルシア
ルチアを名前の由来とする。アワラクという民族が最初に住んだらしい。
[画像を見る]ミニ
別名、カリブ植物園。数少ないカリブ先住民の
[画像を見る]トリニダード・トバゴ
NHKラジオ英会話でこのを知った人も多いかもしれない。コロンブスに発見されたである。
[画像を見る]バハマ
黒髭エドワードティーチの拠点だった人が多い。
[画像を見る]バルバドス
このをみて悪魔を思い浮かべたなら君は立厨二病
[画像を見る]ベリー
別名、カリブ宝石フルメタル・パニックで出てきたことがある。

南アメリカ


[画像を見る]ガイア
アメリカ一の公用語英語。数億円の価値がある切手はこの切手。因みに1セント切手

アフリカ


[画像を見る]ウガンダ
イル始まりの地。人喰いアミンの出身
[画像を見る]ガーナ
サッカーチョコダイヤ、石油と資に恵まれている。野口英世が死んだ
[画像を見る]カメルーン
西アフリカではかなり日本と関係が深いサッカーが強い。アフリカでは較的安定している。
[画像を見る]ケニア
野生の王。東アフリカ優等生日本ととても関係が深い。日本からのODAを、どこぞの韓国とは違い感謝してくれるオバマ大統領ルーツ
[画像を見る]ザンビア
アフリカでもっとも平和の産地。日本10円玉も9日を使っている。
[画像を見る]エラレオ
ては世界で最も寿命が短い。今では善されている。
[画像を見る]スワジランド
国王ムスワティ三世がハーレムを作っている。何故か中曽根首相日本国王と勘違いした。
[画像を見る]セーシェル
ヘタリアで脚を浴びたイギリスフランスが領有で揉めた。別名インド洋の珠。ウィリアム王子の新婚旅行先。
[画像を見る]タンザニア
宝石で有名なアフリカ在来の文化が色濃い。
[画像を見る]ナイジェリア
ボビー・オロゴンの出身キリスト教イスラム教の対立が複雑な
[画像を見る]ナミビア
南アフリカに違法な併合を行われた。地味な大
[画像を見る]ボツワナ
シマウマ章の。内陸で、日本との関係が深い。
[画像を見る]マラウイ
小さいであるが、南アフリカに接近したりとした強かさを持つ。
[画像を見る]南アフリカ
アパルトヘイトヨハネスブルクイメージが強いが、サブサハラの優等生国家
[画像を見る]モーリシャス
インド洋に浮かぶフランス領だった時期もあるため英語よりフランス語がより通じる。
[画像を見る]モザンビーク
周りが全部英連邦だから英連邦に加入したというしい
[画像を見る]ワンダ
てツチ族とフツ族の悲しい歴史があった
[画像を見る]レソト
実は国王イケメンだった。世界的にはしい女性の方が識字率が高い

オセアニア


[画像を見る]オーストラリア
「罪人の」と弄られるかわいそうな大シーシェパードがいたりする。ワニカンガルーはうまい。
[画像を見る]ニュージーランド
人よりが多い。長閑なでもある。ラグビーが強い。
[画像を見る]キリバス
国旗がかっこいい。世界三位の海洋領土の広さを持つ。
[画像を見る]サモ
南十字星を旗にした。七つのからなる。
[画像を見る]ソロモン
別に悪魔を使役したりはしない。固有生物が多い。
[画像を見る]バル
沈みそうな温暖化が大敵。
[画像を見る]トン
日曜日に働かない。前国王相撲好きだった。
[画像を見る]ナウル
民総ニートリン鉱石がなくなったのでオワタ
[画像を見る]バヌアツ
バンジージャンプ発祥の地。元々はナゴールという成人の儀式
[画像を見る]パプアニューギニア
インドネシアから独立した。色々面倒くさい歴史を持っている。
[画像を見る]フィジー
近年中国が進出している軍事政権時に資格停止になるも民政化で復帰。

旧加盟国


[画像を見る]アイルランド
イギリスの仲。クロムウェル侵略は根に持っている。
[画像を見る]ガンビア
細い
[画像を見る]ジンバブエ
ハイパーインフレ
[画像を見る]モルディブ
インド洋の楽園リゾート国家温暖化でちょっとピンチ

関連商品


■az4120044114


関連項目



最終更新日: 18/09/29 19:24
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:大百科ニュース社