ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


イグ


ヨミ: イグ
掲示板をミル!
15カキコ!

イグYig)とは、H.P.ラヴクラフトが本業のゴーストライティングにおいてズィーリア・ビショップからの依頼で書いた「イグの呪い」の作中で創造した性であり、クトゥルー神話における古き者の一柱である。


概要


兄弟ロコンが支配するザンダヌアから子供達を引き連れて飛来した。その子供達があらゆる類やヴァルーシア人間の祖先となった。北ではネイティヴ・アメリカンに崇拝が伝承されている。

蛇神う判り易い設定のせいか、執筆する書き手が多い割に作中に直接登場する事がい為、姿形は不明。

として崇められている子供達としては、息子ヴォルティーグヘルペテが居る他、バイアティスハンエイイグ息子であるとわれている。妻については不明だが、シュブ=ニグラスとの間にウトゥルス=フルエフルが居る。

人間信者も多くを大切にする者には、それなりの見返りもある。又、信者達のリーダーテレパシーを持つ女性祭はスネークマザーと呼ばれる。

従属種族はスススハー率いる人間たち。


別名。〈Father of Serpents〉。

いちおうイグの姿はの頭をした人間、もしくは鱗に覆われた人間のような腕を持つ巨大なの姿をしているといわれ、その母親末法の龍神(Mappo no Ryujin)、外なる神イドラ(Yidhra)を妻としエイイグ(Ayi'ig)を産んだといわれている。

イグは北だけでなくブードゥーの一部やヘビ人間イグ属に崇拝されているといわれている。較的崇拝者に優しい旧支配者であるが怒りっぽく自分自身の姿に似ている普通を殺したものを処罰するといわれており、イグ教団の邪魔をしたものに対してイグの手先や子供を送り込むといわれている。

ケツァルコアトルコアトリクエ(Coatlicue)との関係も気になるところではある。

イグは現われるときには辺り一面がを敷きつめたようになるというが、それは唾ものだろう。ただ、を率いて現われる可性はあり、場合によってはを連れてくることだろう。

ときにイグいじめたものに呪いをかけることがあり、イグの呪いにかかったものは狂気に陥り、子供んでいる場合はのような姿をした奇形児を産むことになるといわれている。そうして産まれた子供イグの落し子と呼ばれる。

イグの従属者の中にはイグによって生み出された「イグ戦士たち」と呼ばれる一団がおり、11人の戦士がいるといわれている。

導者はキングーというのある人間ボレシュという燃えるを持つのある雄。ススルーシィというヘビ人間コアラというサソリ人間ネルガルという人ライオンファレトは人間。フムハブクー巨人。カリクハゲタカドラアカ美女ヘビ人間。アムヌリス人間。マルヤはのある雄鹿。というものである。

彼らの存在は確認されていないため伝説の存在でしかないがドリームランドに存在する可性がある。しかしなんだこの動物園は。


登場作品:『イグの呪い/The Curse of Yig』-Zealia Bishop(H. P. Lovecraft)


関連商品


■az4336025800
■az4757720203
■az4757741421


関連動画



■sm13592300[ニコ動]

■sm102579[ニコ動]
■sm17046473[ニコ動]
■sm26931311[ニコ動]


関連コミュニティ


■co4188


関連項目



最終更新日: 18/06/28 19:11
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:大百科ニュース社