ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


イシマタラ


ヨミ: イシマタラ
掲示板をミル!
74カキコ!

イシマタラとは、日本伝統遊びである。たぶん。


概要


「イシマタラ」の存在が世界で初めてにされたのは、2011年1月に開催されたアジアカップの準決勝「日本韓国戦」において、「日本サポーター応援の際『キム・ヨナ悪魔仮面』なるものをつけ韓国を侮辱した」という韓国メディア報道で、その「悪魔仮面」を付ける行為は日本の伝統文化である「イシマタラ」に起因するとの内容だった。

この報道は、日本国内はもちろん、報道元である韓国欧州でも大きな波紋をよんでいる。


イシマタラの方法


突如として表され、一躍話題となった「イシマタラ」。いったいどのようなことをするのだろうか。

開された情報によると、

  1. 嫌いな人や悪党の姿の仮面を作る(通称悪魔仮面
  2. その仮面をかぶる
  3. 人数が2人の場合は向き合い、3人以上の場合は円形になる
  4. お互いに向かって悪口を言いあう

これを行うと、人として正しい人になり、生涯の安泰が約束されると信じられている。


イシマタラの歴史


では、実際「イシマタラ」はどの程度の歴史を持っているのだろうか。確かに、にされた時期はつい最近のことだが、だかといってイシマタラの歴史が短いのかというと、そうでい可性が高い。仮にも「日本の伝統文化」と報道されている以上、実際は長い長い歴史があるはずである。そのを紐解くかもしれないいくつかの文献が近年になって極秘裏に発見されている。

例えば、以下の文章は、17世紀に書かれたと思われる文章である。最近の近代的技術によって文章の復元に成功した。

ゐしまたらといふもの、古くより伝来し、陰陽術としてあんなり。

-江戸文化詳細解剖図 民明書房-

この文章が示す「古く」とは正確には明らかになっていないが、近年の研究により、平安時代、もしくはそれ以上昔である可性が高い。さらに、最新の研究によると、発祥としては以下の説が学会では有である。

「童謡」説

かの有名な童謡あんたがたどこさ」のリズムに合わせ、「いましたら」と叫んでいたのが、いつの間にか「いしまたら」に変わったことが最初である、という説。しかし、「それがなぜ悪魔仮面に発展するのか」など不可解な点が多く、反論も多い。

石間鱈説

日本海に生息するという、伝説「石間」。聞いたことがある人も多いかもしれない。古くから「幻の」とされ、食べた者には永久の命が与えられると伝えられている。

しかし、石間には敵が多く、その数は100える。そのため、「ある地域の住民が、少しでも石間の命を永らえさせるよう、敵のデザインをした『悪魔』の仮面をかぶり、お互いを罵りあうことで敵の数を減らすように祈ったところ、突如としてり、石間を思われるが現れ、を与えた。このをのんだものは健康に恵まれ、永久の命を手に入れ、今でもどこかでひっそりと暮らしている」という伝説の噂として広まり、今の形になったのではないかという説。この説は現在最有視されている。

                  ,.ィ7ア7ァ、
                //////∧   ,.ィ'フア7ァ、
           ,. -‐¬' ニニニ= ─-- ┴=.∠//∧      ,ィ7ア7ァ、
       . .:''"´.:.:.:.:::.:.:. . : : : ,. _-‐=ァ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ー--  .. _,.ノ/,ハ         _
    ,. .:''".:.:.:.: : :‐-、: : : :,.x<ニ二フ":. :. :. :. : : : : :. :. :. :. :.: .:. ̄:..  ‐-  !. _ .. -‐=ニニ二三}
 < .:::(O ): : : : : : : : 〉<ニ二>''": : : : : : : : : : : : . . .  . . .          ー-=ミニ二ニ=j
__>:.:.: : : : : : :/: : : : ''"´: : : . . .             _ .. -‐=ァ¬= .._=¬ニ二ニY
`ー-=二.._ .. :--<: : : . .     _ ..  --─==ニア"⌒'<ミミ三て´     `ヽ.ニ二ニj
        ̄ ̄ ゙̄7Tミー----─ ''"   `'<ミミ三ア´     `ー‐''"         \三ノ
               l:i:!:i:}              `ー''"
               ∨,ノ

石間と思われる魚拓

その他

他にも諸説あるが、実際はどれが正しいのかは今となってはまったく分からない。100%分かるのは、現在「イシマタラ」が存在するという事だけである。しかし、「事実は小説よりも奇なり」。とんでもないような説が事実の可性があるのもまた事実である。


疑問


知名度について

あくまでも「日本の伝統文化」。しかし、その知名度は芳しくないどころか、日本国内ですら「なんじゃそりゃ」状態である。なぜこれだけ知名度が低いのか。京城帝国大学氏は、「『イシマタラ』という行事は、一種の催眠行動で、普通人間が行うと、その当時の記憶を忘れるという強な効果があることが明されている。」と解説しているが、この相は不明である。

公開元について

イシマタラは日本の伝統文化であるという事は周知の事実となった。しかし、なぜそれが世界で初めて開されたのが韓国メディアからだったのかという。原因としては、以下のことが考えられる。

さらに、なぜ今世界開されたのかという点も疑問点である。なぜ今までその存在が隠されてきたのか、それはにも分からない・・・。

なお、今回報道した韓国メディアの人たちが一斉に行方不明になっているとの噂もある。


外部リンク


【サッカーアジア杯】 キムヨナ悪魔仮面は日本の伝統的な遊び『イシマタラ』の真似[01/27][外部]


関連動画



■sm13528642[ニコ動]


関連項目



最終更新日: 11/07/27 07:00
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ