ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


イルーゾォ


ヨミ: イルーゾォ
掲示板をミル!
291カキコ!

イルーゾォとは、漫画ジョジョの奇妙な冒険Parte5黄金の風」の登場人物である。

CV根岸朗黄金の旋風版) / 中井和哉EoH版)/ 成田剣TVアニメ版


オレの記事をニコニコ大百科に作ることを許可するッ!


ギャング組織パッショーネ内「暗殺チーム」に所属する暗殺者。ホルマジオに続く、暗殺チームの第二の刺客としてジョルノ達の前に立ち塞がった。

チャームポイントおさげ。登場時は6本のおさげだったが、戦闘途中から右もみあげの1本が消滅して5房になっている。

ボストリッシュ)護衛の任務を受け、そのためにポンペイの遺跡に「トリッシュの身柄をボスの元まで安全に運ぶ、乗り物の鍵」を取りにポンペイの遺跡へやってきたジョルノ達を単身待ちうける。遺跡を訪れたフーゴ達をスタンドで1人ずつ順番に襲撃、の中へ引きずり込み追い詰めていくが、最後にジョルノの中へ引きずり込もうとした際にジョルノが自らパープル・ヘイズ殺人ウイルスに感染しながらの中へ入ってきた事で逆に自分が殺人ウイルスに感染させられる。
追い詰められたイルーゾォは感染した腕部分を切り離しての外へ脱出するも、ジョルノスタンドであらかじめを生み出していた事で現実世界での居場所を追跡・特定されパープル・ヘイズスタンド敗北死亡、人体の原すら留めずに消滅するという壮絶な最期を遂げた。

の中の世界では自分が絶対的な存在となることもあり終始強気にふるまっていたが、アバッキオの行動やジョルノの決死の戦術をの当たりにした時は一転してひどく動揺する一面もあり、そのギャップも彼の最期(跡形も残らず死亡)と並んで多くの読者に印づけられている。断末魔セリフふああああ~」はしばしばネタにされる。
また、フーゴ殺人ウイルスに感染した状況に直面しても「感染部分さえ切り離さえばダメージが最小限で済む」と咄嗟に判断するなど暗殺者らしく頭も回り、それを即決実行できるだけの度胸も備えている。

名前のイルーゾォ(Illuso)とはイタリア語で「幻影」の意味。英語でいうイリュージョンが近い。


他の媒体でのイルーゾォ


ゲーム黄金の旋風」でも登場。原作と同じくフーゴ達をの中へ引きずり込み戦いを挑んでくる。フーゴアバッキオを操作するの中の世界コントローラ操作が左右逆になってしまう仕様となっており、の中の本体との外のスタンド(2つの世界)をそれぞれ交代しながら戦うステージゲーム中盤にも関わらず本作における難関ミッションの1つとして定着している。もっとも原作とは異なり、本体のみでもイルーゾォを追い詰めたり叩きのめす事は不可能ではなく、マン・イン・ザ・ミラーを発現中は攻撃を加えスタンドブレイク状態にする事でチャンスが到来するので、積極的にそれら狙ってみるのもいい。あとは思い通りにキャラを動かすことさえできれば……。

フリーゲームディアボロの大冒険」ではスタンドマン・イン・ザ・ミラー」のDISCが登場する。
いわゆる射撃武器としての扱いで、を投げて遠くにいる相手と場所を交代できる、という少々特殊な使い方をするものだが、足元にを仕掛けて踏んだ敵をの中へ半分だけ置いてくる(=鈍足状態にする)を仕掛ける事もでき、お世話になったディアボラーも多いことだろう。

第5部の後日談を書いた小説恥知らずのパープルヘイズ」ではイルーゾォ自身は(死亡しているので)登場しないものの、イルーゾォにを殺されたという組織の構成員・シーラEが登場する。


安全で無敵にふるまえる『鏡の中・・・』! それが、おれの能力。 ここには『スタンド力』はおれの許可なくして、入る事はできない。


マン・イン・ザ・ミラー
 【破壊:C / スピード:C / 射程距離:「の中」では数m / 持続:D / 精密動作性:C / 成長性:E】
イルーゾォのスタンド。人元はゴーグル(眼鏡サングラス?)のような形状をしている。
を出入口として、本体が任意で選択した対人間スタンドなど)をの中へ引き込んだり外へ出すことが出来る。
の中の世界とは物体の配置や文字の表示など全てが左右逆になっており(ゲームではコントローラ操作も)、生物が本体とスタンド以外に何者も存在しない「死の世界」そのもので、本体以外はマン・イン・ザ・ミラーが引きずり込んだターゲットしかいない。またの中には本体のイルーゾォが許可したものしか入る事は不可能であるため、作品中でやってみせているように「スタンド使いターゲットへ接近し、本体だけをの中へ引きずり込んで、あとはスタンドが使用不能な相手を一方的にやりたい放題」というえげつない戦い方ができる。もっともの中へ出し入れする対マン・イン・ザ・ミラーが自動認識しているわけではなく、イルーゾォ自身が自分で確認しているため、アバッキオのムーディ・ブルースのように人間変身できるスタンドを誤って引き込んでしまう(スタンドだけを入れる事を許可する)事がある、という弱点もある。
の中の物質はマン・イン・ザ・ミラーとイルーゾォ以外には絶対に動かす事ができないが、の外の現実世界で動かされたり破壊されたものはの中の物体にも同じ現が起こる。
またの外からはイルーゾォの姿が視認できないための中から相手に一切気づかれず安全に接近する事ができる。作品中の描写からするとイルーゾォがターゲットに定めた人間にのみイルーゾォの姿が見えると推測される。(の外から自分を視認できるかどうかを、イルーゾォが任意で選択・決定している可性も考えられるが。)
スタンドパワーの中を構成したり、の中へ相手を引き込む事に専ら費やしているのでアバッキオに「戦って勝てるのは人間だけか?」と摘されているように、破壊は他のスタンドべて高くないのだが、スタンド使い(=人間)を戦闘不能になるまで痛めつけるくらいは充分可戦闘力を備えている。何よりスタンドが使えない丸腰の相手と戦うことが前提となっているようなのでさほど問題にはならず、敵がいかなるスタンドを持とうと全て効化できるという意味では『ジョジョ』全編を通して最強スタンドと評される事もある。
なお作中ではを媒体にスタンドを発揮しているが、『仮面ライダー龍騎』に登場するミラーワールドのように「面やガラスなど、のようにを反射するもの」でもを行使できるのかは不明。
名前の由来はマイケル・ジャクソンの楽曲「Man In The Mirror」。

鏡に「中の世界」なんてありませんよ・・・


かつて第5部が開始されるより以前の第3部「スターダストクルセイダース」にて、花京院J・ガイルスタンドなどを反射するものに潜む)に追い詰められるポルナレフに対して、「の中とか世界とかさかんにいってますが、に『中の世界』なんてありませんよ・・・ ファンタジーやメルヘンじゃあないんですから」などという台詞を発したことがあり、マン・イン・ザ・ミラースタンド及びイルーゾォの存在と対される事がよくある。

一部では作者荒木の「ハングドマン(られた男)」に対するセルオマージュとも言われているようで、実際そのように受取れなくもない。もっとも、最近は世界どころか次元の壁を越えるスタンドまで出てきている事であるし、今更大した問題ではなかろうなのだ。
というよりもあの発言に関しては、ポルナレフを一度落ち着かれるための発言と捉える方が自然だろう。そもそも花京院スタンドにそれほど広い知識を持っているわけでもないので「設定の矛盾」には該当しないだろう。


おれの関連動画が見えたのなら・・・! お前ももう、おしまいだッ!



■sm315695[ニコ動]

■sm16777974[ニコ動]
■sm663728[ニコ動]
■sm5489122[ニコ動]
■sm2506943[ニコ動]
■sm975246[ニコ動]
■sm16705855[ニコ動]
■sm1723082[ニコ動]


せっかく、全財産を失う覚悟までしてニコニコ市場へ来たってのに・・・ また買っちまうッ!こ・・・この『関連商品』!!


■az4086179164
■azB000T6Z97E
■azB006VA6ZMU
■azB002GSXL0K
■az4062751194


コミュニティの参加を許可するッ!


■co308


無関連項目は、追加する事を許可しないィィィーーーッ


ホルマジオリトル・フィート)

プロシュート(ザ・グレイトフル・デッド)[画像を見る]


最終更新日: 18/12/29 10:03
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:大百科ニュース社