ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


インカの黄金


ヨミ: インカノオウゴン
掲示板をミル!
2カキコ!

『インカの黄金』とは、2人~8人を対としたボードゲームである。
名前は違うが、基本的な内容は同じ『ダイヤモンド』についてもこの記事で取り扱う。


概要


ドイツシュミット社によって、『ダイヤモンド』の名前で発売。
後にアメリカで『インカの黄金』の名前でグリフォンゲームズ社から発売された。
デザイナーは、『チケットトゥライド』『エルフィンランド』のアラン・ムーンと、『操り人形』のブルーノ・フェドゥッティ

単純明快なルールでありながら深い駆け引きを特徴としている。
プレイ時間は1ゲーム約20分と短めで、他プレイヤーを邪魔する要素も薄いため、ボードゲーム初心者入門用から上級者の息抜きまで幅広く遊ぶことができるゲームである。


ルール


プレイヤー達は洞窟探検隊のメンバーとなり、できるだけ多くのダイヤモンド(または、以下ダイヤモンドと表記)を持ち帰ることを的とする。
各自には冒険者コマダイヤモンドを入れるが配られ、山札を場に用意して準備了となる。

ゲームの流れは単純で、チキンレースのようなものとなっている。

毎回か(でもいい)が山札を引き、開する。
それがダイヤモンドカードだった場合、書かれている数字のダイヤモンド洞窟に残っているプレイヤーに等分し、余りカードの上に残す。
5種類ある危険カードだった場合、それぞれ1枚は何も起こらないが、同じ種類の危険カードが2枚重なったら事故が発生。その時点で洞窟に残っているプレイヤー全員生還できず、獲得ダイヤモンドは0となる。

次のカードを引く前に、各自が探検を続けるかどうかを冒険者コマを使って示す。握った手のひらを一斉に開いて、冒険者コマを握りこんでいれば帰還、何も握りこんでいなければ冒険続行のサインである。

帰還の際には、それまで手に入れたダイヤモンドに加え、余りとして残されたダイヤモンドを帰還する者同士でまとめて等分し、獲得することが出来る。(等分した際の余りはそのままカードの上に残していく。)
帰還することで獲得したダイヤモンドを自分の点数として確定させることが出来るので、時としてめに洞窟を離脱することも戦略となる。 

この手順を繰り返していき、帰還や危険カードによって探検する者が居なくなった時点で1ラウンド終了となる。
5ラウンドで1ゲームが標準となっており、ゲーム終了時に最も多くのダイヤモンドを獲得したプレイヤーが勝者となる。

追加ルールとして、「像」というものもある。
これは、「1」のダイヤカードに、ダイヤモンドの代わりにダイヤモンド10個分の価値を持つ「像」を置くものである。「像」は分割して山分けすることはできないため、一人で帰還しなければ獲得できない。
他のプレイヤータイミングかぶらないように帰還すれば、10個ものダイヤモンドを独り占めできるため、ゲームの駆け引きを加熱させるルールとなっている。


関連動画


紹介動画(当記事内容の引用元)


■sm11935006[ニコ動]

リプレイ動画

■sm12122059[ニコ動]


関連商品


■azB001TH8LCW


関連項目



最終更新日: 10/10/07 17:01
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ