ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


インディカー


ヨミ: インディカー
掲示板をミル!
20カキコ!

インディカー(Indycar)とは、アメリカを中心に開催される、アメリカ大陸最大のオープンホイールカー(フォーミュラカーレースである。

ヨーロッパ中心のF1アジア中心のスーパーフォーミュラとよく対される。


概要


インディカーの起チャンピオンシップカー(Championship Car)やビッグカー(Big Car)とも呼ばれるオープンホイールカーであり、後にF1世界選手権で使用されるフォーミュラワンカーと区別する的でインディカー(メインレースインディアナポリス500マイルレースを走るマシンと呼ぶようにした。混同されがちであるが、インディアナポリス500マイルレースを開催しない19972008年チャンプカーはインディカーと全に区別される。当記事ではインディカーレースと呼ばれるレースシリーズについて述べる。

インディカーはオーバル・ロードストリートの三様のコースバランスよく楽しめるのが最大の魅で、特にオープンホイールカーがオーバルをハイスピードで駆け回る様は、他のフォーミュラカーレースにはない味である。

マシンについては、シャシーダラーラ社のワンメイク車両2011年終戦事故死し、自身もテストを務めたダン・ウェルドンのイニシャルを冠したDW12。高速オーバルでは小さめウィングに加え、普通に走ると左に曲がるようにセッティングされる。エンジンシボレーホンダが2.2L以下6気筒以下のツインターボを供給している。プッシュ・トゥ・パスと呼ばれるオーバーテイクボタンが1レースにつき12分間分使用可タイヤファイアトンワンメイク。最高時速は340kmに達する。パワーステアリングは依然として導入されていない。

予選方式はレースによっていくつかの形式があり、ダブルヘッダーの場合も1日と2日で異なる。

ポイントシステムF1よりは同じアメリカNASCARに近い。完走すれば必ずポイントがもらえる。また、リードラップを一度でも取れば1ポイント、最多リードラップにはさらに2ポイント。予選でPPを取っても1ポイント500マイルレースではポイントが2倍になる。

スタート方式はローリングとスタンディングの両方が、各レースによって使い分けられている。ローリングスタートスタート時のみ2~3列、再スタート時は1列となる。


インディアナポリス500マイル(インディ500)


初開催は100年以上前の1909年という、他の追随を許さない歴史を持つ(空白期間があるため、開催自体は2014年98回)。世界三大レースの一つであり、アメリカを代表するビッグイベントでもある。5月末の戦没者追悼記念日直前の日曜日に開催されるのが伝統。F1モナコGPと日が被るため、モナコGPをみて数時間後にインディ500を観るという、世界三大レースを二度観れるリッチな週末となる。

普段インディカーを見ない人でも、インディ500だけは見るという人は大勢いる。いつもは席も見える観客席も、インディ500の時だけは満員になる。国家歴史が浅いアメリカでは、歴史や伝統は重要な意味を持つとされているが、それはインディ500も例外ではない。そのため運営の入れ方も並々ならぬものがある。

観客数や視聴率はもちろん賞額、賞や表の種類の数、参加ドライバー人数、開催日数全てが他のレースを圧倒する。予選方式や優勝者に与えられる飲み物まで他のレースと違う。これらのような度やイベント性、格の違いから、インディ500の1勝は、シリーズチャンピオンと同じくらい価値があるとされる。


■sm17943311[ニコ動]

2014年にはインディアナポリスインフィールドを用いたロードコースでもレースが開催される。ただしこちらは他のロードレースと同じ扱いであり、インディ500とは明確に区別される。

予選方式などについては当該記事を参照→インディ500


日本との関わり


F1ファンの多い日本ではあまり知られていないが、以前より日本人レーサーも多数参戦している。過去には高木虎之介がインディ500ルーキーオブ・ザ・イヤー、松浦インディ500シーズンルーキーオブ・ザ・イヤーを獲得、武藤英紀が2位を獲得している。

現在では佐藤琢磨が参戦中。2011年日本人PPを獲得。さらに2013年ロングビーチ日本人初優勝をあげており、次戦のサンパウロ2位になると日本人ポイントリーダーとしてインディ500に挑むこととなった。ニコニコでインディカーが有料配信されるきっかけを作ったのもこの時である。また、2012年インディ500での佐藤の追い上げは、多くのアメリカ人のに焼き付ける活躍となり、リタイアながらも今もになっている。そして2017年には日本人初となるインディ500制覇という偉業を成し遂げている

日系企業ではトヨタホンダインフィニティエンジン供給をしていたことがある。このうちトヨタホンダはインディカーのタイトルインディ500を制した経験を持つ。現在ホンダのみがエンジンを供給しているが、トヨタロングビーチでのレースタイトルスポンサーを勤めるなど関わりを保っている。また、下位カテゴリではマツダが長きにわたってロータリーエンジンを供給しているプロマツダチャンピオンシップはじめとする「ロード・トゥ・インディ」に多大な貢献をしている。

インディジャパンと呼ばれる日本開催もあり、ツインリングもてぎで開催された。2003~2010年までオーバル、最終年の2011年のみ東日本大震災による影ロードコースでの開催となった。2008年インディジャパンではダニカ・パトリック女性としてインディカー史上初優勝をあげている。


インディカーレースの歴史



関連動画


■sm10087985[ニコ動]
■sm3675732[ニコ動]
■sm17685969[ニコ動]
■sm12168043[ニコ動]


関連コミュニティ・チャンネル


■co121506
■ch2574714


関連項目



最終更新日: 17/06/04 21:27
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ