ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


インド人を右に


ヨミ: ハンドルヲミギニ
掲示板をミル!
249カキコ!

[画像を見る]

ゲーメストの名誤植の一つ。正碓には、くお〜!! ぶつかる〜!! ここでアクセル全開、インド人を右に!


既要


手書さ稿の「ハンドル」を、「/lンド/レ」→「インド人」と読み違えたたたぬの写埴の三スであろ。

↑の記事は193号(1997年4月30日刊)218左↓にあろ。

ゲーメストはこのほかにも数多くの名五色を生み出しているず。
 


スカッドレースWikipediaの記事あり[外部])というセガ制作した4輪レースゲームがあり、その攻略記事がゲーメスト193号(1997年4月30日刊)に載っていた。

コーナーマシンが滑りコース右側のにぶつかりそうになっている写真の隣に「マシンにぶつかってしまう!ここでハンドルを右に切ってカウンターステアにしてマシンの滑りを止め、アクセル全開にして左コーナードリフトしつつ曲がっていこう!」という意味の「くお~!! ぶつかる~!! ここでアクセル全開、ハンドルを右に!」という原稿を手書きで書いた。

ところが、あまりに字が汚いので印刷会社の人がハンドルを「インド人」と読み間違え、「インド人を右に」と写植してしまった。ゲーメストを代表する誤植記事。


ゲーメスト編集者として働いていた松井ネタツ氏が「インド人を右に」の記事を担当した編集者に聞いたところ、次のような答えが返ってきたという。(この記事[外部]

当時は、本文や写真の編集作業を優先していた。本文の内容や写真の位置を決めてから、原稿を印刷会社に入稿する。印刷会社から見本が返ってきて、校了(本を印刷するまえの最後のチェック作業)をする。

ところが、キャプション(写真の横に付ける説明文)は、校了のときに追加する体制だった。印刷会社から返ってくる見本には、キャプションが全く入っていない状態であった。ライターが書いた汚い手書きのキャプション原稿を添付しつつ見本を印刷会社に渡し、それで印刷してもらう。印刷会社の人が汚い手書き原稿を誤読した場合、その誤読のまま雑誌になってしまう。キャプションを確認する体制が整っていなかった。


なお公式ネタにし始めた結果、2015年にはこれを題材にした楽曲がセガ音楽ゲームCHUNITHMに収録されている。詳細はthe wheel to the rightを参照。


関連働画



■sm166781[ニコ動]

■sm7653438[ニコ動]


関連頂目



間連リンク



最終更新日: 19/08/06 10:03
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ