ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


インパルスガンダム


ヨミ: インパルスガンダム
掲示板をミル!
279カキコ!

[画像][外部]

インパルスガンダム(ZGMF-X56S Impulse)とは、アニメ機動戦士ガンダムSEED DESTINY』に登場する架人型機動兵器モビルスーツである。


概要


IMPULSE GUNDAM
インパルスガンダム
ZGMF-X56S
全高 17.76m
重量 63.54t(本体)
搭乗者 シン・アスカ
ルナマリア・ホーク 他
装甲 ヴァリアブルフェイズシフト装甲
武器

SEED DESTINY』の前期主人公機。
パイロットシン・アスカが務めた後、ルナマリア・ホークに引き継がれた。

ザフトが開発した新モビルスーツセカンドステージシリーズ”の一機であり、デュートリオビーム送電システムによる非着艦での充電を有する(ただし、弾薬や推進剤は当然補充されないため、戦闘継続時間に限度があるという点には変わりはない)。

前作の主人公機、ストライクガンダムと同様に、バックパック“シルエット”を換装することで複数の形態を取ることが出来る点が特徴。各形態ごとに機体本体のVPS装甲へのエネルギー配分が最適化されるため、機体の配色と装甲強度が変化する。

また、宇宙世紀ガンダムで言う所のコアブロックシステムを採用しており、上半身を構成するチェストフライヤー、下半身を構成するレッグフライヤー、そしてコクピットブロックとなるコアスプレンダーの3機が合体することでインパルスとなる。加えて、先述のシルエット無人機シルエットフライヤー”を使用することにより飛行中の合体が可となっていることから、本機はこれらのパーツを状況に応じて適宜交換しながらの戦闘が可となっている。

なお、ここで特筆すべきはチェストフライヤー及びレッグフライヤーの交換も可であるという点にある。戦闘中バックパック換装に限って言えばストライクでも行われていたが、本機の場合は四肢や頭部を破壊されたとしてもそれを破棄し、新たに射出されたものと再度合体することで即座に戦闘を再開可となっている。この機フル活用した第34話『悪夢』は必見。
また、分離状態ではMSよりも小さいため、作中ではMSでは通れない狭い洞窟を分離状態で発艦、通過してから敵攻撃標のの前で合体戦闘するという運用もなされていた。

外伝作品での描写では、フライヤー及びシルエットを量子通信によるドラグーン的運用で換装・補充することにより『あらゆる戦局に単機で対応し、かつ戦闘継続出来る』という、パイロットの負担を視したとんでもない計画もあった。

ちなみに、本機が3機の戦闘機から構成されている理由としては、『ユニウス条約によるMSの保有上限数を掻い潜るため』という政治的な理由もある。つまり、インパルスMS1機ではなく、“合体すればMSとして運用可戦闘機3機”としてカウントされる。これによりMS保有上限数を他のMSで埋めて、戦場に出る時は出てから合体することで上限数+インパルス1機の数のMSを投入できる。
こういった事情から、インパルスは基本的に分離状態で発艦し、中での合体を取るという、ある意味非合理的な運用がされている。従って、本編シンは出撃の際、「インパルス、行きます!」とは一度も言っておらず、(合体形態で一度も出撃していない)基本は「シン・アスカコアスプレンダー行きます!」となっている。
ゲームなどでは稀に上記のインパルス行きますを使っていることがある。

余談だが、『各パーツが単独飛行可かつコアブロック以外は人制御』というコンセプトVガンダムと近い。が、デザイン的には本機のそれはVガンダムに輪をかけてを飛べそうにはないということもあり(特にチェストフライヤー)、ネタにされることもままある。


兵装



全形態共通装備



フォースインパルスガンダム


[画像][外部]

高機動戦闘用の“フォースシルエット”を装備した、エールストライクガンダムに相当する形態。
大出のスラスターと放熱兼用のウイングにより、大気圏内外で優れた機動性を発揮する。また、このシルエットビームサーベルを装備するため、格闘戦も強化されている。
この時はシルエット非装備時と装甲配色は変化なし。


ソードインパルスガンダム


[画像][外部]

近接戦闘用の“ソードシルエット”を装備した、ソードストライクガンダムに相当する形態。形状的にも武装を除いたシルエット本体は非常にシンプルであり、機体の運動性をほとんど損なわない。
ソードストライクとは異なりビームライフルを装備するためある程度の射撃戦もこなせるようになっている他、肝心要の対艦も二振りに増設されるなど、ビジュアル的にもパワーアップが分かりやすい形態と言える。
また、作中でも初陣タケミカヅチ撃沈などのシーンで使用され、較的優遇された形態である。
この時は機体のVPS装甲はを中心とした配色になる。ちなみにVPS装甲は、い状態で最も優れた強度を発揮する(消費電も最大)。


ブラストインパルスガンダム


戦闘用の“ブラストシルエット”を装備した、ランチャーストライクガンダムに相当する形態。VPS装甲はの配色となる。
ランチャーストライク較して、専用の格闘用装備を持つことからある程度の近接戦闘にも対応可である点が特徴。
作中、印的なシーンは専らフォースもしくはソードに掻っ攫われたためイマイチ影の薄い子。アビスを撃破したのはこの形態なんだけどねぇ……。


本編未登場派生型



ゲームやプラモデル等では


プラモデルではストライクガンダムと同じく、本体とシルエットえれば換装を楽しむことが可
しかしながらシルエットに対応した物がストライカーパックとべると少ないため、換装に関してはバリエーションストライカーパックに劣る。当然シルエットを変えても機体本体の色も変わらない。

ゲームでは換装機体という設定からか、Gジェネなどのシミュレーションゲームでは出撃前や出撃中でも母艦で換装することができることが多い。最近のスパロボでは機体を削るためか、シルエットそのものが武装扱いになっていたりもする。


次へ»
最終更新日: 19/10/24 22:13
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ