ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


インヴィンシブル級空母


ヨミ: インヴィンシブルキュウクウボ
掲示板をミル!
2カキコ!

インヴィンシブル級空母とは、イギリスが運用していた軽空母である。
インヴィンシブル級は現代の空母史をる上で欠かせない存在であり、キエフ級と並ぶ代表的なV/STOL空母であり、ある意味成功した英国面の一つである。


インヴィンシブル級に至るまで


実はインヴィンシブル級はもともと固定機を運用する空母ではなかった。

イギリス軍は第二次世界大戦後、大戦末期に建造された巡洋艦改造してヘリ運用を持たせたタイガーヘリコプター巡洋艦を運用していた。
かしこれも寄せる年波には勝てず、後継を必要としていた。そこで対潜ヘリを搭載し、対潜作戦を艦隊を揮しおこなうために建造が計画されたのがこのインヴィンシブル級である。

この通り、インヴィンシブル級ヘリコプター空母として計画されていた。もともと後部に格納庫と発着甲を備えたオーソドックスなスタイルの12,500トン巡洋艦として計画されたが、あれよあれよと艦体が肥大化、ヘリ運用における合理性の点から全通甲を持ったヘリ空母として建造されることになった。
以上の点からV/STOL空母になる前までのインヴィンシブル級日本ひゅうがにかなり近い存在だったといえる。ただしひゅうがとは違い、イギリス軍はインヴィンシブル級に対しSAMによる艦隊防の役割も期待していた。

さてそんな時にインヴィンシブル級に更なる転機が訪れる。
ハリアー完成である。
ハリアーV/STOL機であるため狭い艦体からでも発着でき、性に多少不満があっても敵の対潜機を叩き落し艦隊防を行うには十分だったのである。

こうしてインヴィンシブル級晴れV/STOL空母となった。


特徴


見ての通り空母の甲と艦(アイランド)、そして詳細は後述するスキージャンプ台が大きな特徴である。

飛行甲の最前部にシーダート艦隊防ミサイルランチャーが存在するのも特徴的である。これは前述の通り、インヴィンシブル級は艦隊防仕事の一つだったからであるが、このミサイルは後に撤去されインヴィンシブル級は純V/STOL空母としての役割を果たすことになった。

艦体は面から甲にかけて広がっていく形状であり、さらに船体における面からの高さも高い。これは格納庫や機関室といったスペースを確保するための工夫である。なお、波をかぶる可性があったために船体側面に艦載機用のエレベーターは設置できず、甲上に2基設置されている。

艦載機は総合計で2022機。搭載機はハリアーの艦載シーハリアーシーキングヘリコプターが一般的。


空母史に残る発明・スキージャンプ


さてここで本級最大の特徴、スキージャンプについて述べる。

スキージャンプとは、見ての通りスキージャンプ台のような坂である。これを始めて搭載したのがインヴィンシブル級である。
これはインヴィンシブル建造中に計画変更して設置されたもので、それ以前に様々な度でテストされていた。

もちろんこんなものは嶼はその有効性を疑問視されていた。がしかし、実際に運用してみるとなると同じ滑走距離であれば何も無い坦な甲してなんと20~30%もの積載量アップが可となったのである。
これ以外にもスキージャンプは発艦滑走距離65%短縮、空母速度が遅かったり揺れが多少しくても発艦できるなどのメリットがある。

これは規模の小さい空母、あるいはカタパルトの建造できないでも、カタパルトよりは積載量に制限があるもののそれでもある程度有効な航空を運用可となるまさしく画期的な発明だったといえる。

現在このスキージャンプはあちこちで採用され、その度は12~13度が一般的である。


就役後


1番艦インヴィンシブルは就役直後、そのちょっと後にV/STOL空母改造されたハーミーズとともにフォークランド紛争に借り出され、速実戦を経験することとなる。

この戦いにおいてインヴィンシブルはに艦隊防の任につき、ハーミーズと併せて撃墜/被撃墜が34/0となりこの種の空母の有用性を知らしめた。
半面、防ミサイルの敵機に対するマッチングの悪さと絶対数の少なさ(紛争時のイギリス艦艇全てにいえることだが)、搭載機数の少なさが明るみに出ており、艦隊防の任を全に果たしきれたとは言いづらい状況だった。

その後は上記に対する良が行われイギリス軍における重要な戦であり続けたが、現在イギリスの財政問題もありインヴィンシブルとアーク・ロイヤルは退役、残ったイラストリアスも後継艦クイーンエリザベス級の就役を待たずに2014年度に退役予定である。


同型艦


1番艦「インヴィンシブル」
フォークランド紛争にて旗艦ハーミーズと共に世にV/STOL空母のあり方を示した艦。建造途中に7度のスキージャンプが取り付けられたが後の修で12度になった。また同じように修により艦首ミサイルは撤去され飛行甲となった。
実はオーストラリアへの売却話が合ったのだがフォークランド紛争にて示した有用性によりイギリス海軍は売るのを止めたのである。
ボスニアなど様々な場所に赴き任務を果たしたが2005年に退役。有事には即復帰できるモスボール保管されたが、2010年オークションにかけられた。このオークションでは最高価格を提示したのは在英中国人だったが、空母として再度実戦投入されることを防ぐためトルコスクラップ会社が落札、スクラップとなった。

2番艦「イラストリアス
現在一現役のインヴィシブル級。建造中にフォークランド紛争が勃発しアーク・ロイヤルから部品を奪い取って建造を急いだ。結局紛争には間に合わなかったものの、紛争後の防網再建に大きな役割を果たしたといえる。
その後前述のインヴィシブル同様の修を受け、ボスニアアフガニスタンへと赴いた。インヴィシブルの退役に伴い2005年イギリス海軍旗艦となる。
現在シーハリアーの退役に伴いヘリ空母として運用されヘリコプター揚陸艦オーシャン支援の任についている。
イギリスの財政難を理由とし、2014年に退役予定である。なおイラストリアス2013年から、艦体の全部もしくは一部を歴史遺産として英国内に残すことを条件に入札を受け付けている。イギリス民以外でも入札可なので、お金に余裕のある方はいかがだろうか?

3番艦「アーク・ロイヤル
建造途中にイラストリアスに部品を取られた3番艦。部品を取られたこと、フォークランド紛争で明るみに出た弱点を補う修を最初から盛り込んだため就役が予定より遅れた。そのためスキージャンプ度は最初から12度である。
アーク・ロイヤルイラクなどに派遣されていたが、やはりこちらも財政難により々に退役となった。
2011年に退役、オークションにかけられ香港船芸学会なる組織が落札したと伝えられたが、結局は以前にインヴィンシブルを買ったトルコスクラップ会社が購入、スクラップとなった。


関連動画



■sm9053571[ニコ動]

■sm2504599[ニコ動]


関連商品


■azB008J0OLLM
■azB002B555WK


関連コミュニティ


インヴィンシブル級空母に関するニコニコミュニティを紹介してください。


関連項目



最終更新日: 14/01/16 01:06
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:大百科ニュース社