ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


イージス艦


ヨミ: イージスカン
掲示板をミル!
219カキコ!

[画像][外部]

イージス艦とは、巡洋艦駆逐艦という軍艦の分類とは異なり、「イージスシステム」を搭載した艦艇に対する総称である。
搭載した艦の分類によっては「イージス巡洋艦」「イージス駆逐艦」と呼ばれることもある。


概要


イージスシステムは正式にはイージス武器システムAWSAegis Weapon System Mk.7、システムの構成については後述)と呼ばれ、「ソ連ミサイル爆撃機群による飽和攻撃からいかにして空母機動部隊を守るか」という問いに対して米海軍が出した解答である。

AWSはそれまで米海軍が運用していた艦載防ミサイルシステム(TALOS、TERRIER、TARTAR)に対して、リアクションタイム(敵をレーダーで捕捉してから迎撃ミサイルを発射するまでの時間)の短縮、同時対処数の増加という面で大きく進歩させることに成功した。これによってAWS搭載艦は自艦のみならず他の船(本来防護すべき空母揚陸艦等)にもエリア提供できるようになり、ここに来てようやく米海軍は「艦隊の防」を成立させることが可になった。

実際にはAWSのみがイージス艦に搭載されることはなく、他の脅威(船舶、潜水艦)にも対処できるように艦砲魚雷などの兵装をAWSに接続したACSAEGIS Combat Systemイージス戦闘システム)がイージス艦には搭載される。

AWSコンピュータを基盤に据えたシステムなのでシステムを書き換えることで新しい任務の追加が可になっており、実際一部のイージス艦にはBMD弾道ミサイル防衛)任務が追加されている。


イージスシステムの誕生



イージス以前の艦隊防空


イージスシステム誕生のきっかけは太平洋戦争時まで遡る。
日本海軍との間の苛空母機動部隊同士の戦などを繰り広げた結果、アメリカ海軍レーダー搭載ピケット艦+CIC戦闘揮所)の組み合せによる濃密な艦隊防を手に入れていた。しかし戦争末期日本軍による艦隊に対する特攻攻撃において少なからず損を受けることがあった。最後までパイロットが操縦する航空機レーダー、対火器をかいくぐり艦艇に損を与えることが出来ることもあったのだ。これに対応すべくイギリス海軍は艦隊防ミサイル分け「フェアリー・ストゥッジ」、アメリカ海軍は個艦防衛ミサイルの始祖「KAN リトルジョー」を開発。高速飛翔体をもって艦隊防体制を整えるというものであったが、いずれも射程は10km程度で手動照準一致式誘導方式であり、窮余の一策の域を出なかった。

終戦後、航空機ジェット化され、ミサイルという高速かつ誘導をもつ攻撃手段が確立されるだけでなく、核兵器まで実用化されることとなるとアメリカ海軍は艦隊防に不安を抱くことになる。
艦隊防のための空母を中心とした輪形を作っても艦が集中していても核兵器によりすべてダメージを受けてしまう。かといって遠距離航空機ミサイルを迎撃するためにレーダーピケット艦など遠くに配置しレーダー捜索エリアを広げてしまうと、お互いの艦との距離が開き対火器による火力が足りなくなってしまう。ついでにWW2時代、レーダーなどの情報人力で透明なアクリボードプロットするというCICでの防揮のやり方では高速で変化する状況に対応できないことは明らかだった。


イージスの開発「イージス・システム その発達と今後」山崎 眞 世界の艦船2016年9月号


アメリカ海軍1950年代から防ミサイルとして3Tミサイルシステム(タロスTALOSテリアTERRIER、ターターTARTAR)を開発、運用していたが、将来予想される脅威にはとても対応できるものではないことを認識していた。

まず1958年から多機高性レーダーSPG-59を中核とする対空ミサイルシステムタイフォン(TYPHON戦闘システム」の開発を開始した。1963年からミサイル実験ノートンサウンドに搭載して試験を開始したものの、満足のいく性が得られず、1965年に計画が中止された。

続いて米海軍1969年原子力ミサイル巡洋艦カリフォルニアCGN-36)の建造を開始した。新開発のターターDを中核として各種レーダーや武装を統合する計画だったがプロジェクトは大幅に遅延し、1974年の就役直前になっても試験・評価が了しなかった。

これら2つの失敗例を踏まえて、イージス・システムの開発は時間をかけて段階的に行われている。まず1963年近代的艦載ミサイルシステムASMSAdvanced Surface Missile System)計画が開始された。コンセプトや運用要の策定を行い、1969年ASMSAEGIS称、1970年に「イージスウェイン E マイヤー大佐プロジェクトマネージャーに据え、大佐の強リーダーシップのもとにシステムの開発が進められた。

1979年に1番艦の建造を開始、1983年イージス搭載1番艦タイコンデロガ(CG-47)が就役した。大佐プロジェクトマネージャーに就任してから13年が経過していた。


イージスの父、マイヤー提督


開発チームリーダーだったマイヤー提督2009年9月1日死去)はこのような先進的なイージスシステムの立案、開発、テスト、イージス艦の建造を導し、そのシステム工学に対する高い見識、洞察プロジェクトマネージメント、官民共同によるチーム参加者全員に対する統率、議会などに対する政治などに卓越したを発揮したことによりアメリカ海軍が生んだ最高の戦闘システムエンジニアとも呼ばれた。

彼を称して「リッコーバー提督)がいなくとも軍は潜水艦原子力を獲得したであろう。しかしながら、もしマイヤーがいなければ、艦隊にイージス艦はなかったであろう」と高く評価されており、イージスとも呼ばれている。

通算100のイージスシステム搭載艦、アーレイ・バーク級駆逐艦DDG-108には提督の名前「Wayne E. Meyer」が冠された。


イージスシステム



AWS(AEGIS Weapon System)


イージス戦闘システムACS,AEGIS Combat System)の中核を成しており、対戦闘を受け持つ。以下のシステムで構成されている。

AWS事前設定された条件に基づいてSPY-1により域の全ての標を捜索、探知、追尾し、標の脅威評価・各標への武器割り当て・武器のスケジューリングを行い、標を攻撃する。スタンダードミサイルも発射後はSPY-1によって追尾され中間誘導が行われる。MFCSは終末段階でのみ使用されるため、MFCSの専有時間は最小限に抑えられ、結果としてMFCSの装備数をえる迎撃ミサイルを同時に管制できるようになっている。


ACS(AEGIS Combat System)


ACSは対戦闘システムであるAWSを核として対水上標(艦砲ハープーン)、対水中標(魚雷、VLS発射アスロック)の戦闘システムもC&Dで管制することにより、艦隊への各種脅威に対応する。米海軍のイージス艦であればTWCSTOMAHAWK Weapon Control System)も接続され、陸上への精密攻撃が付加される。

イージス艦はリンク11/14を介して僚艦のNTDS(戦術情報システム)に脅威分析結果を送ることができるので、イージス・システムを持たない艦もその恩恵を受けられる。また、リンク4を使用してF-14の要撃管制を行なうこともできる。兵器最先端3 大洋艦隊」読売新聞社 1986 p.149


イージスシステムのバージョンとその拡張・発展


イージス艦は長期間にわたって大量に建造されているため、搭載システムバージョン、あるいは船体など建造時期などによって機の違いがある。わかりやすく言うと、船体のバージョンフライト」。イージスシステムのバージョンベースラインとなる。(マイナーバージョンアップとしてベースライン× バージョン、あるいはフェーズI、IIIIIなど呼称される場合もある)


フライト


船体としてフライトIが基本。装備を一部良したのがフライIIヘリ搭載・運用を付加したのがフライII-Aとなる(この他VLSの搭載・構成数にも違いがあるが細かいので省略する)。


ベースライン


ベースライン1(すでに退役)から最新のベースライン9まで導入が進められている。

ベースライン7ではCOTS(商用オフシェル)と呼ばれるハードの民生品利用が進められる一方、共同交戦(CEC:Cooperative Engagement Capability)が当初より付与された。

ベースライン8では既存ベースライン2などに対しての修としてオープンアーキテクチャ化及びベースライン7相当のを付与される形となった。

最新のベースライン9では、これにあわせて従来まで修によりBMDを付与していたものから、MMSPと呼ばれる新しいシグナル・プロセッサ導入、AN/SPY-1D(V)の導入、対空ミサイルとしてRIM-174 ERAM(スタンダードERAM、あるいはSM-6とも)の組み合わせによって、全にシステムとしてBMD及び防を両立したIAMD(Integrated Air and Missile Defense)を獲得。従来までBMD対応中の防が不安視され、実際にBMD/防任務を複数艦で分担していたが、これにより対防御、弾道ミサイル防衛、巡航ミサイル防御において一隻によるすべての同時対応が可になった。

さらにベースライン9系列では従来のイージスシステム導入艦に対するバックフィット(既存修)を可にした9A/9Cがある。


CEC(Cooperative Engagement Capability)


これは従来までの艦同士を結ぶ戦術データリンク(Link11/Link16)より、艦の見通し距離内という制限があるものの高速・大容量のデータリンクを可にするDDS、正確な位置を取り込む情報処理システムCEPにより成り立つもので、従来まで難しかった「イージス艦A、Bと期警機が相互にレーダー取得情報をやり取りし、上期警機のレーダー探知内に侵入した標に対して、(1) Aが感知できない位置でもAEWのレーダー情報を元に攻撃できる。 (2)Bが線封止状態・レーダー未発信状態でも攻撃できる」ということが可になった。

海上自衛隊のイージス艦では、7隻のイージス艦「まや」(2018年2020年就役予定)と2021年に就役する8隻のイージス艦が搭載を予定している。海自護衛艦「まや」進水 イージス艦7隻目、「共同交戦能力」初搭載 情報共有で屈指の防空能力 2018.7[外部]


イージス・アショア


イージス・アショア(陸上配備型イージス・システム)


各国のイージス艦



次へ»
最終更新日: 19/07/21 16:05
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ