ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


イージーゴア


ヨミ: イージーゴア
掲示板をミル!
3カキコ!

イージーゴア、またはイージーゴーア、(英:Easy Goer)とは、アメリカの元競走馬・種である。
サンデーサイレンスライバルとして日本でも有名。 


概要


三冠オール二着偉大な競走馬で種としても一流のアリダーラトロワンヌという名繁殖の血を引き、として非常に優秀なバックパサーに持ち、すでに活躍を多数出していたリラシングというハイパー良血である。

デビュー戦は取りこぼしたが、そこからGⅠ2勝を含む怒涛の4連勝でアメリカ競馬の祭典、2歳王者決定戦ブリーダーズカップジュベナイルへ向かう。
この頃にはすでに譲りの毛で筋肉質、かつ大きな体と圧倒的な走りから三代目ビッグレッドなんじゃないか?と思われていた。
…しかし、二代セクレタリアト同様デカイ体を持て余し出遅れ、前走破ったイズイットトゥルーに逃げ切られてしまう。
勝ちの名前じゃないが、ファン関係者はみんなマジかよ!?と思ったことだろう。勝ったイズイットトゥルー自身も前走敗していたためマジかよ!?と思ったかも知れない。

しかし3歳になっても強い。いやより強くたくましくなった。ケンタッキーダービーまで3戦3勝。つけた着差が合計24身3/4、ゴーサムSでは1マイルを1:32:4で駆け抜けていった。キチガイか。 
ちなみにダート1マイル世界レコードドクターフェイガーの1:32:2である。ドクターフェイガーの方が斤量は背負ってるとはいえ3歳でこのタイムはちょっと尋常ではない。
そして迎えたケンタッキーダービー、ちょっと不器用だろうと問題ない、イージーゴーアならセクレタリアトな大楽勝を見せてくれる!…その夢は西海からやってきたに打ち破られる。生涯のライバルサンデーサイレンスとの邂逅であった。
プリークネスステークスでは、ケンタッキーダービー長に構えすぎた反もあってか、短い直線を見越してかめに仕掛けて行くがサンデーが得意とした根性べの叩き合いに僅かに敗れ去る。サンデー二冠達成である。ビッグレッドの再来の称号も遠くにみ始めた。おお、もう…
地元東海、ベルモントパークベルモントステークスではついに一番人気すら奪われた。しかし負けねぇよ、絶対に!三冠なんてやらねぇ!!
と言わんばかりの圧倒的すぎる競馬ぶっちぎり、8身彼方にサンデーを置き去りにする。圧勝である。タイム2:26台と優秀の一セクレタリアトは2:24台で駆け抜けたがそれはそれである。

しかし三冠レースで失墜した誇りは微も取り戻せていないと思ったのか夏休みなしでGⅠへ次々出走。4連勝で古サンデー以外の同世代もボコボコにし、ブリーダーズカップクラシックへ向かった。
ここではの圧倒的パフォーマンスが評価され一番人気、対するサンデーベルモントステークス調子を崩し2戦し1勝、GⅠは勝ったが同世代相手だったということもあり再び評価を下げた。
しかし、ここでもコーナーでヌルッと加速し一気に抜け出すサンデーと猛な末脚はあるがコーナリングが下手くそな彼の差が出てしまう。
直線猛に追い、残り100mで驚くような伸びを見せ迫るが時すでに遅し。先に抜け出したサンデーサイレンス三度敗れ去ったのであった。年度代表タイトルも奪われた。こんなはずでは…関係者はを仰いだことであろう。

じっくり休んだ後4歳になっても現役を続行したが、メトロリタハンデキャップ欧州から移籍して開眼したクリミナルタイプの3着に敗れ連対すら逃すなど、歯車は狂い始めていた。
気を取り直して挑んだ次走は例によってGⅠをGⅠとも思わない圧勝劇を見せたが脚を痛め引退。同じ頃西海でもサンデーが脚を痛め引退
8月にこの二頭を招いてのスペシャルレース企画されていたが、それは結局実現しなかった。
通算成績は20戦14勝GⅠ9勝。とんでもない実績である。サンデーサイレンスがいなければ間違いなく三代目ビッグレッドとして伝説になったであろう。
逆にこんなに勝ち越したサンデーが尋常なではないこともわかってしまうほどである。 

余談だが、イージーゴーアを破ったクリミナルタイプは次走でサンデーサイレンスも負かすなど大活躍した。ブリーダーズカップクラシック前に惨敗して引退したが年度代表を獲得。あの二頭を負かしたのはフロックではないことを示した。
しかし代わりにケンタッキーダービーブリーダーズカップクラシックを勝ったアンブライドルドが犠牲になった。例年なら年度代表なのに。 

引退後は種入り。日本ドナドナされた輸出されたサンデーと違い、全から種付けオファーが殺到する大人気種となったが好事魔多し、折してしまう。念。
日本で血統地図を塗り替えたサンデーに種としても敗してしまう結果になったが、わずかに残った産駒からはマイフラッグパーソナルエンサインCCAオークスなど)やウィルウェイトラヴァーズステークス)、
日本では京都ダート1800mでスーパーレコードを記録したプレミアムサンダーを出している。はあったと思うけれど…
サイアーラインもウィルウェイの系統が頑っており、としてもマイフラッグの子がブリーダーズカップジュベナイルフィリーズを勝ったり
リンシアンブリーダーズカップダートマイルを勝ったりと細々とではあるが続いている。何時か爆発するかも知れない。 


関連動画



■sm1649386[ニコ動]

■sm125758[ニコ動]

■sm10231180[ニコ動]


関連商品


イージーゴアに関するニコニコ市場の商品を紹介してください。


関連コミュニティ


イージーゴアに関するニコニコミュニティを紹介してください。


関連項目



最終更新日: 13/06/09 01:00
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ