ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


イースIV The Dawn of Ys


ヨミ: イースフォーザドーンオブイース
掲示板をミル!
2カキコ!

イースIV The Dawn of Ysとは、ハドソンが開発・販売したアクションRPGである。
イースシリーズの4作副題読み方は「ザ・ドーン・オブイース」。

他のイース4については、専用記事を参照のこと。→イース4

ネタバレ注意 この記事は、作品についてのネタバレを含んでいます。
プレイの方はご注意ください。

[画像を見る]概要


イースIV The Dawn of Ys
ジャンル アクションRPG
開発元 ハドソン
販売元 ハドソン
機種 PCエンジン
SUPER CD-ROM2
発売日 1993年12月22日
価格 7,800円
メディア CD-ROM
ゲームソフトテンプレート

赤毛の冒険アドル・クリスティンの活躍を描くアクションRPGシリーズ4作
PCエンジンSUPER CD-ROM2ソフトとして、1993年12月22日発売。

ストーリー上の時系列は、イースI・IIイースIIIの間となり、IIIIIをつなぐ物語となっている。

本作はイースシリーズの開発元である日本ファルコムから委託を受けたハドソンが開発した独自のイースIVであり、同じ原案を元にトンキンハウスが開発したスーパーファミコン版の「イースIV MASK OF THE SUN」とはゲーム内容がまったく異なっている。

PCエンジンIV攻略本によれば、イースIVの開発はハドソンからの申し入れを受けて、日本ファルコムシナリオ音楽を作ろうという話になり、少ない人数でラインを確保できなかったファルコム側が世界観を作り、アレンジハドソンに任せたとのこと。

人気を博したI・IIへの回帰がテーマのひとつとなっており、ゲームシステムIIシステムに近く、I・II舞台であるエステリアとの関連性が強調されているため、過去作に登場した人物も多数出演する。
これはハドソンからの要望ではなく、ファンからの要望が強かったためファルコム側から提案されている。

PCエンジンイースの集大成として作られた部分が強く、物語のスケールシリーズでも最大規模である。
しかし、その反面、現在イースシリーズの設定からは矛盾した内容も存在するため、作品の評価については賛否両論がある。

当時の日本ファルコム加藤社長(現:会長)は、攻略本インタビューで、ゲーム内容については大変満足したとっており、「この演出で倍くらい遊べたらいいのになと言ったら怒られるかな」とも答えている。
また、イースIVの発売の時点でVの構想に着手していたことを明かしている。

結果的に、本作以降もイースシリーズは続いていき、当時のイース完結編のひとつとして提示された結末は、皮にも否定された形になっている。


ダウンロード版


2011年7月6日より、PS3/PSP/PSVitaゲームアーカイブスでも配信されている。
ゲームアーカイブスでは、ハドソンではなく日本ファルコム名義となっている。

ゲームアーカイブスPCエンジンゲームは、セーブの仕組みがわかりづらいので注意されたい。
ゲーム起動時に必ずバックアップRAMデータ読み込みを行うかどうかを選択する仕様になっているため、不用意にバックアップデータロードを行ってしまうと、前回終了時のセーブデータが消えてしまう恐れがある。
本来オートセーブがONになっている場合は、起動時にめてデータ読み込む必要はいのだが、お節介にも本体メッセージで毎回選択を迫られるので、うっかりボタン連打で読み飛ばしていると非常に危険である。
よくわからない場合は、ゲーム終了時にはLボタンを押してセーブ(中断)」を行うことでリスクを回避できる。これなら毎回データロードすれば問題なくプレイできる。
PCエンジンアーカイブスも参照。


あらすじ


イースでの戦いから2年後。
18歳になったアドルは元盗賊のドギをしていたが、久しぶりにエステリアミネアの町に帰ってくる。
そこで占い師のサラと再会したアドルは、世界び寄る新たな危機を知らされ、「セルセタの樹海」をしひとり立つ。

プロマロックの港町に渡ったアドル樹海すが、ロム帝国の砦に捕らえられてしまい、そのの中で出会った情報屋のデュレンからの都の噂を聞く。
その後、樹海を警備する少女カーナに助けられ難を逃れたアドルは、アリエダの村で旧友医師フレア・ラルと再会し、村で起きているの失踪事件を知る。
失踪したレムノスを追って鉱山へ向かうと、そこで待っていたのは魔物の姿に変えられたレムノスだった。

負傷したレムノスから、闇の一族と名乗るの集団が五忠臣の墓を狙っていることを聞かされ、アドルカーナは、五忠臣のひとりであるスラノの墓へと急ぐ……。


システム


ゲームシステムは、前作イースIIIの横スクロールアクションではなく、イースI・IIと同じ見下ろしの体当たりシステムへと回帰している。

半キャラずらしと呼ばれる体当たり攻撃や魔法を駆使しながら、フィールド洞窟するモンスターを倒し、さまざまなや仕掛けを解き明かしていく。

イースI・IIと違い、ナナメ移動も可となっており、ルー状態のときは水の中を泳ぐこともできる。
ファイヤー魔法ボタンを長押しすることで溜めることができ、ため撃ちすると拡散した火の弾が飛んでいく。

一部NPC仲間となって同行し、敵を倒してくれる。
経験値は入らないが、NPCダメージを受けることがないため、優秀なとして役に立ってくれる。

また、カーナの伝書鳩ヒントをもらったり、の調合システムがある。


地名の一覧


エステリア

グリア地方

セルセタ地方

古代都市エルドラン

その他、三賢者のほこらや五忠臣の墓等のダンジョンがある。
また、本作に登場した町や村の名前の一部は、「イース セルセタの樹海」では木の実の名前として使用されている。


声の出演


レア声優は、前作の荘真由美から変更されている。
また、五忠臣のは、兼役となっている。


矛盾する設定や批判されることが多い点


制作当時にはなかった後続作品との矛盾


余談



次へ»
最終更新日: 19/02/14 01:40
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ