ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


ウインドインハーヘア


ヨミ: ウインドインハーヘア
掲示板をミル!
1カキコ!

ウインドインハーヘア(Wind in Her Hair)とは、1991年まれの英国競走馬・繁殖である。

伝説的名を世に送り出し、それ以外のファミリーも非常に活気がある名


概要


AlzaoBurghclere、Bustedというアイルランド米国で、現役時代は英を渡り歩きGⅢ1勝を挙げる程度にとどまったが、種としてはを中心に多くの活躍を送り出した。は1勝だが、そのは英1000ギニー、オークスを勝った名Highclare。ファミリーには英二冠Nashwan、GⅠ4勝のNayefなど活躍がずらりと並ぶ良血である。実はウインクリューガーも近親だったりする。1967年英国年度代表キングジョージやエクリプスS等を制した。

2歳時は2戦して勝ちがなかったが、3歳になると2連勝。英オークスでは4番人気ながら中団からよく追い込んだが、後にを相手にアイリッシュダービーを制するBalanchineに全く敵わず2着に敗れる。その後も勝利は挙げられずに3歳シーズンは6戦2勝で終える。

翌4歳には繁殖となり、欧双方で2歳王者となったAraziのを受胎。しかしそのまま現役を続行日本ではまずありえないが、欧州では時折あることらしい。
しかもこのウインドインハーヘア、妊娠中に5戦して、1勝を挙げたのである。しかもGⅠで。ドイツのGⅠアラルポカル(現在バイエルン大賞)だったのだが、相手も決して弱くはなく、ドイツ伝説的名モンズーンとかもいたのである。いろいろとありえん

アイルランドで繁殖入りし、米国にも移動するなど4頭の産駒を産んだが、初の成績が微妙だったことでクールモアにあっさりと見切りをつけられ2000年に売りに出されてしまう。そこでノーザンファームが購入し、ウインドインハーヘアは日本に来ることとなった。なお、その後2番米国で重賞を勝つなど活躍し、クールモアが買い戻しのオファーをしたらしい。時すでに遅しだったが。そのうち3頭の産駒が、米国から日本に輸入され、4歳のデビューから3ヶ半で5連勝してスプリンターズSに挑んだレディブロンドである。

日本での初(全体では5番)は未勝利に終わったが、翌年サンデーサイレンスとの間に生まれた初のブラックタイドGⅡプリングSを勝利。そしてその翌年に産んだブラックタイドの全となるこそ、史上2頭敗の三冠馬となった怪物ディープインパクト。この2頭の誕生でウインドインハーヘアは一躍名繁殖となったのである。その後生まれた8頭の産駒は期待ほどの活躍ができなかったのだが…。ウインドインハーヘアは2012年を最後に繁殖から引退し、ノーザンホースパークで幼駒の面倒を見るなど々自適の余生を送っている。

そのウインドインハーヘアの血脈、日本すごい勢いで広まった。ディープインパクトサンデーサイレンスの後を継いで無敵のリーディング種となり、そのブラックタイドも種としてGⅠ7キタサンブラックを世に送り出した。また、ディープの1歳下の全であるオンファイアも重賞3着が最高成績ながら血統を買われて種入りし重賞を輩出している。

また、欧州時代に生まれた4頭の駒も続々と輸入され来日。2番のVeil of Avalon(先述の米国で重賞を勝った産駒)は日本で重賞3着5回のリルダヴァルや目黒記念2着のヴォルシェーヴを産み、3番レディブロンド帝王賞ゴルトブリッツを輩出。以降の世代からもダービーレイデオロセントライト記念2着レイエンダの兄弟オークス3着のアドマイヤミヤビなど活躍が続々と現れ活況を呈している。

ウインドインハーヘアの血脈が本当に強さを発揮するのはまだまだこれから・・・かもしれない。


関連動画


アラルポカルの動画はなかったので、2着になった英オークス動画をどうぞ。


■sm2942383[ニコ動]


関連商品


ウインドインハーヘアに関するニコニコ市場の商品を紹介してください。


関連コミュニティ


■co374


関連項目



最終更新日: 18/10/20 20:45
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ