ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


ウェーバー=フェヒナーの法則


ヨミ: ウェーバーフェヒナーノホウソク
掲示板をミル!
8カキコ!

ウェーバー=フェヒナーの法則とは、人間の感覚は掛け算で感じていることを公式化したものである。


概要


心理学者であるエルンスト・ウェーバーが、「心理学世界を定量化できないか?」(→精物理学)と考えた事から生まれた。1840年代にウェーバーにより、様々な研究がなされ、1860年に物理学グスタフ・フェヒナーが、数式化に成功した。これにより、精物理学と言われる学問の端緒が開けた。

Rを感覚の強さ、Sを刺の強さとすると、

R=(klog)S/S0

(S0は感覚の強さが0になる刺の強さ、閾値。 Kは刺固有の定数、感覚ごとに異なる値)

「感覚の強さRは刺の強さSの対数例する」、これは五感のいずれにしても刺の強度ではなく、その対数例する事、例えば臭いの素である化学物質が半分になったとしても、「臭いが半分になった」と感じず、90まで減った時「半分になった」と感じる事になる。

これは音のデシベルでも同じで、10のエネルギー量を持つ音が10倍の100になった時、2倍の音の大きさに感じる。


関連商品


■az4788960834
■az4816341935
■az4569791174


関連項目



最終更新日: 11/11/17 19:50
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ