ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


ウォルター・アイランズ


ヨミ: ウォルターアイランズ
掲示板をミル!
39カキコ!

ウォルター・アイランズ(Walter Islands)とは、『銀河英雄伝説』の登場人物である。

CV.田中康郎(石黒監督OVA)、志村知幸Die Neue These)。


概要


自由惑星同盟の文民、政治家委員長を務めた。
宇宙799年当時に50代なかばの人物で、頭髪はすでに失われている。石黒監督OVAではまだ若干ふさふさしている。

ヨブ・トリューニヒトの幹部のひとりであり、自他ともに三流の政治業者と認める堕落した利権政治家であったが、国家危機に際して民主主義国家としての精めさせ、「半世紀の惰眠よりも半年間の覚醒によって」史上に名を残すこととなる。


経歴


初登場は宇宙797年、救国軍事会議のクーデター終結後、トリューニヒトの邸宅に参集し、ヤン・ウェンリー大将の発言拡大への危機感をっていた政治家たちのひとりとして、ネグロポンティ、カプラン、ボネ、エイロン・ドゥメックらとともに名前が挙がっている。ただし、この時の発言は明示されていない。


国防委員長就任


798年5月ごろ、イゼルローン要塞に大挙侵攻した帝国軍を同盟軍が撃退したのち、要塞官ヤン大将を侵攻時に首都ハイネセンに召喚していた責を負って辞任した委員長ネグロポンティの後任として最高評議会委員長に就任する。

この頃のアイランズは腐敗しきった政治家であり、閣僚に列せられるために最高評議会議ヨブ・トリューニヒトに高価なの食器を差し出したのを始めとして、地位を利用した企業からの献やリベート、選挙を流用しての別荘購入、夫人以外の女性を連れての旅行など、倫理的にも法的にも際どい悪徳を少なからず犯していた。その上、トリューニヒト閥の人間であってもその同志というより子分に過ぎず、彼の職務も実際の所はトリューニヒトの意思を代弁する程度のものであった。

委員長就任時の行動も、ネグロポンティのいさぎよい辞任を讃えてその政策の引き継ぎを明言し、フェザーン弁務官ブレツェリとの談合の場でネグロポンティには「軍人の専横をふせぐ」的があったと美化。あげく、軍人の政界進出を防ぎたいなら法律を作ればよい、というブレツェリの提案をトリューニヒトに注進しに行くなど、小物きわまるものだった。

同年11月帝国軍がロイエンタール上級大将官としてイゼルローン要塞に対し再び大挙侵攻を企図しているという情報されたことで開かれた防調整会議では、同盟高官とフェザーンとの汚職関係をほのめかした宇宙艦隊長官アレクサンドル・ビュコック大将の言を高圧的かつ苦みばしった口調でたしなめ、フェザーン帝国に協する可性を示したビュコックの意見を退けている。

このように、彼は同盟末期トリューニヒト閥を代表する汚職政治家のひとりに過ぎなかった。ここまでは。


祖国の危機


同年末から翌799年にかけて帝国軍がフェザーンに侵攻しビュコックの危惧が現実となると、アイランズは彼を知るもが――おそらく本人すらも――思っても見なかった役割を、それも積極的に果たしはじめた。彼は責任にも隠れしてしまったトリューニヒトにかわり、周章狽をきわめる最高評議会を叱導し始めたのだ。彼は速かつ的確なときわめて格調高い弁舌を発揮し、フェザーンから侵攻してくるであろう帝国軍に対抗する態勢を作り上げていった。

彼はビュコック元帥に謝罪した上で帝国軍の迎撃へ向けて相互の全面協を確約。積極性と自性を喪失した統合作本部長ドーソン大将に命を下して統合作戦本部を動かし、ビュコック元帥に昇進させ、同盟軍が決戦に向けてあらん限りの機動戦を集結させるのを助けた。ランテマリオ会戦で敗北しつつも一時的に帝国軍の侵攻を押しとどめることに成功した後は、同盟の最後の希望となったヤンの「ラインハルト・フォン・ローエングラム戦場で敗死させる」という方策を理解し、政府をあげての協約束している。

しかしバーミリオン会戦終盤、ハイネセン上帝国軍が侵攻すると、トリューニヒトは再び姿を現した。トリューニヒトの「帝国軍の要を受け入れる」という決定に対してアイランズは民主主義政治家として反対し、恩義ある閥の長を亡政治家にしないためにと抗議を続けたが、その努トリューニヒトによる地球教徒の導入によって為に終わった。

バーラトの和約”ののち、トリューニヒトは辞任したが、その後任は在野でトリューニヒトに反対しつづけたジョアン・レベロであった。アイランズはトリューニヒト辞任と同時期に、なかば廃人状態となって病の床に就いていたのである。彼は覚醒の半年間に全精を注ぎ込み、それをもはやつかいはたしていたのだった。


人物


トリューニヒト下で委員長となったころのアイランズは、ネグロポンティからの交代に伴う軍事政策的変化の可性が皆無とみなされていたことからもわかるように、閥抗争と猟官と利権のみにを向けた無気力・不見識の人物であり、トリューニヒトの持つ軍需関連の利権おこぼれにあずかる身に甘んじる程度の政治業者に過ぎなかった。他の閣僚からさえ同様に「”伴食”という辞書の項の生きた実例」とみなされ、「権機構の薄よごれた底部にひそむ寄生虫と表現されるような人物であったアイランズだが、しかし彼のには、そのどこかに民主主義政治家愛国としての精と手腕が隠されていたのである。

そして帝国軍の侵攻という難局にあって、おそらくアイランズ自身存在するとは思っても見なかったであろうその隠れたが姿を現した。委員長守護天使が勤労意欲に覚めた」のである。貌すらも10歳は若返ったかのようで、背すじを伸ばし、皮膚はつややかになり、歩調は強さを取り戻した。頭髪こそ帰っては来なかったが、彼は見たにも精的にも圧倒的な活を発揮し始め、さらに正確な洞察と認識までも示した。彼は状況に対する最善の方策として、それまでの同盟の方針であった単純な抗戦・反帝国戦争ではなく、「講和のための条件をととのえる」という結論に至ったのである。

覚めた」のちの彼はそれ以前の自身の態度を率直に自己批判することもあり、またむやみに高圧的な態度を取ることもなくなった。これには常日頃委員長に対して不満を隠せなかったビュコックも評価をめ、ヤンでさえ、考え方や論法において一致しないことが多々ありはしたものの、アイランズの変化にを注すことなく、最低真剣かつ実にその期待に答えようとしていた。


関連動画



関連項目



最終更新日: 20/01/02 17:04
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ