ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


ウォルター・バーゲスト


ヨミ: ウォルターバーゲスト
掲示板をミル!
17カキコ!

ウォルター・バーゲストとは、TVアニメ蒼穹のファフナー EXODUS』の登場人物である。

声優置鮎龍太郎


概要


兵器ファフナーパイロットペルセウス中隊小隊長であり第四守備隊の隊長を務める。機体はドミニオンズ・モデルガブリエル
かつては爆撃機クルーで副操縦士であった。作中冒頭のハワイでの戦いで敵性体であるフェストゥム仲間民間人ごと吹き飛ばそうとする交戦規定アルファが発されると、上官にを突きつけてまで中止を訴えるが、身柄を拘束されミサイルは発射されてしまう。そしてこの出来事が元で降格されてしまった。しかしナレインワイズマン・ボースに見出されペルセウス中隊に転属となる。

気のいい男ではあるが同僚がトリオを組んで活躍しているのにべると地味である。また、最初の竜宮への派遣組にはいない。

6話で竜宮からの派遣部隊がシュリーナガルへ到着した際に再登場した。その後のロードランナー率いるフェストゥムの襲撃(6話と9話)を生き延びると、それによりシュリーナガルを放棄して苦難の路へつくことになった人々を守るために彼もまた付き従っていくことになる。
その中で西尾暉が苦難の連続で精的に危険な状態に陥ってしまった際、自らが三年前(『蒼穹のファフナー HEAVEN AND EARTH』)に竜宮爆撃した爆撃機の副操縦士であったことを告白する。暉からは憎しみをあらわにされるが、摯な態度で接するうちに態度は軟化し、竜宮を直接見せてもらう約束を交わすこととなった。
おそらくこの告白は手荒いアプローチをかけて暉を再起させることが的であり、その役は彼らに対し負いのある自分が相応しいと思っていたからであろう。
しかしの区切りとなるとの合流を前にしてアルゴ小隊フェストゥムの襲撃を受け自軍が窮地に陥ると、自爆装置フェンリルを起動し敵の一部戦連れにに消えた。その時の彼はを見れないことを惜しみつつも満足げであった。

な話ではあるが、暉との一連のやり取りは見事なまでの死亡フラグであり、彼の自爆はそれがきれいに消化された形であった。
また、作中ではフェンリルが効かなかったり発動そのものを邪魔されるなどという展開が起きていたため、フェンリル久々仕事をしたとも評された。

後に暉が最後に見た堂馬広登や救えなかった少女と共に現れて彼に笑顔を向けた。


関連静画


■im10613184(静画)


関連項目



最終更新日: 20/10/15 03:01
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ