ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


ウルシ


ヨミ: ウルシ
掲示板をミル!
1カキコ!

ウルシとは、ボンバーガールに登場するキャラクターである。担当声優加藤英美里


概要


弱きを助け悪を挫く正義怪盗ねずみ小僧のウルシちゃん。
世の中を騒がせているそんな彼女が今回予告した獲物は
なんとボンバーバトル優勝の二文字

「ふふ、キミボクを捕まえられるかな?」

趣味音楽鑑賞。ライブもいいけどでじっくりね。あとヘッドホンコレクション。
好き:「平和」かな。ホントは穏な生活が好きだったりするのさ。
嫌い:判断が難しい話だけど、やっぱ「悪」は嫌いだね。
(公式サイトより)

正義怪盗ねずみ小僧として世間を騒がせている彼女だが、次のターゲットボンバーバトル優勝に定めたことから参戦。

怪盗ねずみ小僧という設定と後述のレトロゲーム好きを反映したのか誕生日イベントではがんばれゴエモンパロディネタが使われている。2019年テーマがんばれウルシ!ミラクル道中元ネタ同様小判を民家にばらまいているドット絵スタンプイベントが進み、イベントBGM元ネタから引用している。2020年合同誕生日イベントでは普段の衣装色違いバージョン実装され、そのカラーリングはやはりゴエモンネタヤエちゃんカラーリングだった。確かに両名とも忍者だが立場は逆である(ヤエちゃん原作警察仕事をしている)。

ロリ巨乳で、本人は胸が大きいのを気にしている。また想定外の事態に出くわすと途端にテンパってしまう。特に自分のプライベートを詮索されるのは苦手な様子。
SPチャットボイス某怪盗アニメパロディ台詞が入っている。

趣味音楽鑑賞を活かし、本作で使用できるBGMアイテムセレクトすることもあり、実際過去DJウルシセレクションガチャが開催されたこともある。

2019年4月には水着イベントが開催された際に新ガチャアイテムとしてウルシ祭装束が追加された。胸に、丈の短い法被にだけという出で立ちであり、同時追加されたウルシマスクとの組み合わせで立ち絵も変化する。大破絵が本作最強レベルで危ない表現で、追加当日のSNSタイムラインは他の更新要素を差し置いてウルシ祭装束関連で占められていた。この件でウルシのことを対魔忍と呼称するプレイヤーも現れたとか。

東曄堂所属は長らく彼女しかおらず、ついに同じブランドからアサギが参戦したが、こともあろうに警察である。しかもオンライン対戦で彼女に倒されると逮捕扱いとなり、アサギでウルシを撃破すると称号を獲得できる(ゲームで特に不利になることはない)。


ゲームにおいて


ステータス HP BOMB(初期 / 最大) FIRE(初期 / 最大) SPEED(初期 / 最大)
2 / 2 1 / 3 2 / 7
スキル スキル1
(使用可レベル)
スキル2
(使用可レベル)
追加スキル1
(使用可レベル)
追加スキル2
(使用可レベル)
ねずみ花火
(Lv1)
花火隠れ
(Lv4)

(Lv3)
リスポーン戻り
(Lv4)

ウルシはアタッカーの中でも、
隠密行動が得意なボンバーガール
敵から見えなくなるスキルを駆使することで、
敵の隙を付いてコッソリ侵入しよう!
(公式サイトより)

物突破を失った代わりに、攻撃範囲の広いスキルを備えた攪乱アタッカー
バトル開始直後から使える「ねずみ花火」が強く、ダメージ範囲が広いため乱戦時に周辺を一斉に攻撃できる上に硬直が小さい。特に拠点付近で多くのキャラクターがせめぎあっている状況で敵やミンボーを轢き殺しながら、自身は無敵で敵の爆を避けるなど、攻防一体のスキルとなる。
攻撃範囲の広さからある程度勢ゲージに差がついた後には防衛に回ることも可という、人によって使い勝手が非常に変わるキャラクター。とはいえ、スキルの攻撃が高いためやはり攻撃寄りの性ではある。
シングルミッションのミンボー狩りをする際は彼女の使用率が特に高い。

一方で障物を飛び越えるスキルいため、オレンほどの劇的な進軍はできない。
花火隠れで隠密をする場合はできるだけ足と併用し、一のうちに相手の懐まで行く必要がある。その間にソフトブロックなどの障物が用意されている場合はその時点で隠れ身を解かなければならない。相手の意表を突く行動を意識しなければ相手の後衛にボマーと一緒に料理されてしまう。
ねずみ花火」「花火隠れ」の無敵を駆使すると、硬直の少なさも相まってことベースキルされにくい。ウルシを使用したバトルでの称号には「バトル中一度もダウンしない」という初級~中級者に厳しい条件が設定されているぐらい、乱戦を生き残ることはウルシの髄となる。

ウルシを相手に防衛する場合、中盤以降は下画面のマップには常に気を配っておく必要がある。隠れ身状態だとミニマップからも姿を消すため、ミニマップキャラクター数が合わないときは隠れ身であることが分かる。これを見落とすとリスポーン潰しや中央にラインを押し上げている隙を狙って防備なベースに乗り込まれる場合がある。
なので普段より味方のシューターと連携を取り、ベースががらき状態にならない状態を常に維持しておくことで被害を抑えることができる。また必ず通らなければならない狭い通路をソフトブロックで塞いでおくとそこを破壊するために隠れ身を解かなければならないため、知らないうちにベースまで行かれる事態を防ぐことができる。

花火隠れの進行中に幅1マスの狭い通路で敵とすれ違う時にボムで挟んだりねずみ花火で攻撃するなどの不意打ちも可

リスポーン戻りの実装により自己回復もできるようになり、プレイスタイルの幅がさらに広がった。オレン同様、使用するプレイヤーの使い方次第で動きは大きく変わる。うまくスキル切り替えができる場合はめまぐるしく装備スキルを変更することになるだろう。


スキル



SNSの漫画において


プライベートと怪盗の顔をはっきり分けて生活しており、バトル中の手な出で立ちと自信満々の印と打って変わって、プライベートでは音楽好きの地味学生生活を送っている。本人いわく変装らしい。しかし勘の鋭いシロには初見で見破られた(一緒にいたクロは全く気付かなかった)。

ゲーム好きのグレイ実装されてから意気投合、ディープなレトロゲームファンという設定が追加され、マイナーすぎるネタを振っては周りに引かれている。なお彼女レトロゲームネタを発するときは漫画作者暴走している状態らしい。

露出のしい衣装が多いため漫画ネタにされやすく、祭装束はグレイどころか悪のデーモン軍団にもドン引きを食らい、モブクラスメイト(ウルシが怪盗ねずみ小僧だとは知らない)には痴女呼ばわりされ、OFFモード豆腐メンタルでは耐えきれなかった。

キャラクターの中では年少組で、グレイアサギと共に中学生トリオとなっている。明確に中学生と描かれているからか、漫画では学校シーンも描かれる。アサギとは怪盗警察という関係だが、プライベートではクラスメイトでもある(アサギは正体に気付いていない)。一度互いの正義感の違いから仲違いを起こしたがすぐに和解。以降はよきライバル関係になっている。

グレイアイドルに憧れていることを知ると配信者としてネットアイドルになることを勧め、グレイの「ウルシさんと一緒ならやります!」という返答から2人でユニット灰色うるし」を結成し配信者デビューマスクちゃんとして音楽を担当している。当初こそあがりっぱなしだったが慣れてきたからか配信中でも特に物おじすることもなくなっている。後に配信中に訪ねてきたアサギも加わり「新鮮灰色うるし」として活動中。


関連動画


良さそうな動画がありましたら掲示板などで推薦をお願いします。


関連項目



最終更新日: 20/10/29 14:24
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ