ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


ウルトラマンティガ


ヨミ: ウルトラマンティガ
掲示板をミル!
420カキコ!
[画像を見る] [画像を見る] [画像を見る] [画像を見る]
[画像を見る]

「ウルトラマンティガ」とは、ウルトラマン生誕30周年を記念して、ウルトラマン80放送終了後より15年半振りにTV放送された所謂「平成ウルトラシリーズ」の第1弾とされる特撮ヒーロー番組であり、1996年9月7日から1997年8月30日にかけて放送された円谷プロ毎日放送制作TV番組の主人公の名前である。

52話。第29回(1998)「星雲賞映画演劇部門・メディア部門賞受賞作品。 

巨人らせる方法はただ一つ。
ダイゴとなる事。
その巨人の名は、ウルトラマンティガ!

概要


ウルトラマン80以来の久々TVウルトラマンと言うことで、当初は「ウルトラマンネオス」の企画が進行していたところ、放送局がTBSから毎日放送に変更になった事や、売り上げ倍増計画を掲げて参加したバンダイよりタイプチェンジアイディアが提案された事から、それまでの

と言うウルトラマンの基本設定を一新し、

といった、宇宙人もしくは宇宙人合体した地球人で、宇宙人としての意識が残っていたこれまでのシリーズと異なり、以前に地球に出現していた巨人の意識はすでになく、石像となった体にとなった主人公ダイゴ融合することで変身する為、ウルトラマンティガはまさに人間ウルトラマンとされた初のウルトラマンとなった。
また、汎用のマルチタイプ・俊敏さと軽快さに優れたスカイタイプ・攻撃耐久に優れたパワータイプの3つのタイプチェンジするも初めて搭載したウルトラマンであり、その後に続くシリーズではウルトラマンマックスを除いて新作では定番となったの先駆けともなった。

ウルトラマンティガのデザインについては、シルエットウルトラマンを踏襲したものだったが、素材をウエットスーツ系に変更することで手袋ブーツな点をなくし、特に頭部はこれまでのウルトラマンデザインコンセプトと異なる「頭を削る」ことによってシルエットは初代ウルトラマンに近いまま独自性を出すという方法をとっている。

世界観の一新については、ウルトラシリーズそのものが30年を経過していたことや、前作のウルトラマン80より15~16年の歳が流れたことから、当時のメイン視聴者がすでに庭をもって子供をもうけている事も想定し、親子二代で楽しんでもらう為に、ウルトラマン世界に特化させすぎず、ウルトラマンらしさを失わないようにしながら今後のスタンダードを模索したものとも考えられる。

主人公ダイゴ役には、ジャニーズ事務所所属のアイドルグループV6」の長野博を起用した為(オープニング題歌も「V6」が担当)、スケジュール調整が難しく、ウルトラシリーズの中でももっとも活躍しない主人公となった。
だが、その代わりに防衛組織であるGUTSの隊員達を描く事に時間が割かれた為、前線で進んで活動する行動ヒロインレナ(演じるはウルトラマン変身するハヤタ役の黒部進の実子・吉本多香美)や、シンジョウとホリイの凸凹コンビぶりや、現場指揮官として頼れるところを見せながら稀にしまりのない姿も見せるムナカタ、あとヤズミとか言う通信の男の子とかの個性あふれる面々が前面に出てくる事で、より親近感と深みを与えることになり、今でも続くウルトラマンティガとGUTSの面々の人気に貢献した。

古代文明といった秘性の高い世界観とした事や、ウルトラマンティガを明確に「光」徴とした為、敵についてはクトゥルフ神話や各地の神話モチーフにした「邪」なる存在が多く登場し、円谷プロらしい怪奇要素全開の敵や、トモダチ=食料なクリッターイスの偉大なる種族じゃね?なキリエル人の他、最終エピソードにいたっては名前がガタノソアで外見はクトゥルフガタノゾーアが登場している。

特撮部分については、ビデオ合成技術やCGを駆使してスタートしたものの、爆発シーンCGから実写に戻したりといった試行錯誤も行っていた。特に戦闘機を飛ばすシーンについてはフルCGでの表現が操演マンセーな方々には不評を買っていたが(経験不足で現在からすれば見たの絵の整合性に稚拙な点が見られるといったところもあるが)、コクピットから怪獣を見るカット等、挑戦をやめない姿に往年の試行錯誤してつくりあげていく円谷魂を垣間見れた。

均視聴率は7台と予想よりも振るわず、バンダイの売り上げ倍増計画も達成できなかった本作だが、バンダイ関連商品をほぼ独占するという状況の中では十分に高い売り上げを記録し、作品そのものとしても「光」テーマに、当時として整合性に気をつかったストーリーリングや、ウルトラマンティガそのものかっこよさ(中の人をスマートな権藤俊輔マッチョ中村浩二で使い分けている)、そしてGUTS隊員のキャラクター性等もあり、放送終了後10年を越えて役として映画化されるまでの人気を誇る作品となった。

ちなみにあまり知られていないが、アメリカ合衆国本土においては、日本舞台にしたウルトラシリーズウルトラマンウルトラセブン以来となる数十年ぶりに放映された(2002-2003)。しかし様々な要素が原因となって成功せず、ウルトラマンダイナに続くこともなかった。

その他「ウルトラマンティガ」の詳細についてはWikipediaの該当記事参照の事。[外部]


あらすじ


2007年。人類が地球防衛軍を解体して恒久的な平和を進んでいるかと思われた時、突如として怪獣ゴルザが現れ、ゴルザ出現に前後して落下してきた隕石より、古代人ユザレのホログラムメッセージによる地球に大異変が起こるとの予言が再生され、ゴルザに続いて怪獣メルバも復活した。

ユザレのホログラムメッセージは、大異変から地球を救う方法として、太古の地球の守護であった石像巨人らせる事を告げると、GUTSダイゴ隊員は、”ティガの地”と呼ばれる東北地方のとある場所にてのバリアに包まれたピラミッドを発見し、内部で巨人石像3体を見つけた。

しかし、突如現れたゴルザメルバによって石像が破壊されてしまう。

最後の1体が破壊されようとしたその時、ダイゴとなって巨人石像に吸い込まれ、石像巨人・ウルトラマンティガとして甦り、ゴルザメルバを撃退した。

そして・・・「光」の存在たるウルトラマンティガに対する「邪」の存在達が次々と地球に現れ、ダイゴは、レナ隊員やGUTS仲間達と共に戦う。

そして古代文明を滅ぼした最強の邪悪なる存在が復活した時、「光」とは何なのかを知る。 

ウルトラマンティガ
身長 53メートル
体重 44000トン
リッターティガ
身長 120メートル
体重 100000トン

光の巨人・ティガ


3000万年前の古代地球の守りであった巨人の一人であり、古代文明の滅亡した後(実は滅亡直前だった)は、本来の姿であるとなってへと帰り、身体を石像化して”ティガの地”と呼ばれるピラミッドに隠していたが、地球の大異変発生の際に、ユザレの予言を受けた古代人の遺伝子を受け継ぐダイゴが、となって石像に宿る事で復活を果たした。

前述のとおりオリジナルティガの意識はい為、基本的にウルトラマンティガ=ダイゴであり、「人間ウルトラマン」とも呼ばれ、ウルトラマンティガへの変身は、ダイゴが手にしたスパークレンスを、に掲げて、そこから放出されるを浴びることによってウルトラマンティガに変身する。また、第28話と『超ウルトラ8兄弟』のみ「ティガー!」と名前を叫んで変身した。

ダイゴ自身は、自分がティガである事を、人間への影を考慮して非開にしていた。 

地球上での活動時間はお約束のおおよそ3分間(計測禁止です)、普段はシルバー族なボディに赤色紫色の模様をしているが、ゴルザメルバによって破壊された二体の巨人像のを受け継いだ

の2つのタイプに変化する所謂「タイプチェンジ」と言われるを始めて搭載したウルトラマンでもある。

※通常の両方を兼ね備えた状態は「マルチタイプ」と呼ばれる。 

なウルトラマンティガの必殺技
ゼペリオン ウルトラマンティガの代名詞である必殺線で、腕をL字に組んで放つ。
ハンドスラッシュ 手裏剣状のビーム弾を放つ。他のタイプでも使用する共通技。
ウルトラシールド 両のの周りにつくる円形の。防御が高いのか低いのか解り辛い
タイマーフラッシュ 胸のカラータイマーから映いを放つ。スペシャル版も存在する。
ウルトラヒートハッグ 自損せず且つ寿命を縮めないように行うウルトラダイナマイト
ウルトラヘッドバット 頭突き
ティガマルチキック 技名の通り、ハイキックや回し蹴り等の様々な蹴りを放つ。

また、邪神ガタノゾーアとの戦いに敗れてを失って石像に戻った後、GUTSティガ救出作戦により世界中の子供達の信じる心がとなって降り注いだ事で復活した際に、「グリッターティガ」と呼ばれる身長120メートルの大巨人となって復活し、タイマーフラッシュスペシャルで倒した。一方で、人間サイズレイビーク星人相手に等身大の格闘戦を挑んだりと、他のウルトラ戦士同様に身長を自在に変えられる。

※「グリッターティガ」は、玩具化の際に登場した間のく姿が基本の為、常時いていると誤認される事があるが、実際にはいていたのは最初だけで、その後はマルチタイプと同じ姿になっている。

映画「ウルトラマンティガ THE FINAL ODYSSEY」においては、過去ティガと同化した古代人がを制御できず闇に墜ちていた事がられ、ダイゴ変身した際も「ティガダーク」と呼ばれるいボディで復活した。


タイプチェンジ


ティガは、姿が変わる初のウルトラマンである

ウルトラマンティガの名である「ティガ」は、インドネシア語数である「3」を意味している。

※3種類にタイプチェンジするウルトラマンティガとかけたものと言われているが、小中千昭によると、最初に「ティガ」と言う名前が出てきて調べてみたらいい感じの意味があったので採用したらしい。

その名の通り、戦闘時の状況により「マルチタイプ」「パワータイプ」「スカイタイプ」の3つの形態を切り替える事が可で、基本的にはマルチタイプを、パワースピードのいずれか一方に特化されたものである。


次へ»
最終更新日: 16/11/08 06:27
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:大百科ニュース社