ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


ウルフマン


ヨミ: ウルフマン
掲示板をミル!
30カキコ!

ウルフマンとは、漫画キン肉マン』に登場するキャラクターである。


概要


正義人に属する日本出身の人。相撲で最高位の横綱を獲得した力士であり、第21オリンピックにおいて鳴り物入りプロレスに進出、キン肉マンと同じ日本代表ライバルとして火を散らした。

最初はキン肉マンのことをゼイマンと揶揄し見下していたが、オリンピック準決勝での相撲対決でキン肉マンに敗れて以降はそのを認め、よき仲間としての関係を築く。
それと同時に正義人のカテゴリにあっていわゆる一軍と扱われるアイドル人の一員となる。

銀杏やまわし姿などスタイル全に力士そのものであり、使用する技もり手や投げ技など実在する相撲技が基本となる。
モデルは当時の大横綱千代の富士であり、彼のニックネームであるウルフをそのまま名前にしている。アニメ版ではそのあたりに配慮したのか、名前がリキシマンに変えられている。


プロフィール



来歴



旧「キン肉マン」~「完璧超人始祖編」において


初登場は、第21オリンピック ザ・ビッグファイト編。キン肉マンがラッカに行っている間にレスラーに転身すると、オリンピック日本代表に選ばれ、テレビ越しに前回チャンピオンキン肉マンを挑発。予選では、新幹線アタックキン肉マンの投げたバナナの皮に滑って成績が伸びなかったが、テリーマン失格もあって辛くも通過。50km耐久ローラゲームでは、一時的にキン肉マンと共闘し、予選を突破している。

トーナメントでは、2回戦から登場。格下ともいえるキューブマンを合ひねりで投げ飛ばし難なく倒し、準決勝でいよいよキン肉マンとの同対決となる。自身に有利である土俵での相撲対決となったこともあり、終始優位に進めキン肉マンを追い詰める。しかし、土壇場で火事場のクソ力を発揮したキン肉マンスープレックスによって土俵の外へ投げられ、敗北する。

キン肉マンの良きライバルとなることを見越して登場したウルフマンだったが、その後の活躍に関しては決して順とは言えない難辛苦の日々が待ち受けていた。一言でいえばかませ犬。新たな敵勢が現れた際、その強さや残さを読者に分かりやすく伝えるための捨て駒となることがウルフマンに与えられた役割だった。

七人の悪魔人編では傷ついたキン肉マンに代わりスプリングマン鳥取砂丘において対戦。一見優勢に試合を進めるも、スプリングマンの策にはまりデビルトムボーイバラバラ片にされ死亡アイドル人軍初の犠牲者となる。その後、バッファローマンパワーを与えられたことで復活する。

悪魔騎士編ではスニゲーターとの戦いで死亡したキン肉マンを救うため命を譲り渡して死亡。新人ジェロニモと入れ替わる形での退場となり、形見のを譲り渡すという徴的なシーンも行われた。このため、ウルフマンは試合すら組まれていない(そのジェロニモデビュー戦以外はかませにしかならなかったのも悲惨なところである)。その後、璧のマスクによって復活している。

夢のタッグ編ではブロッケンJr.パートナーを組み、モースト・デンジャラスコンビとして宇宙タッグトーナメントに参加。1回戦第2試合で2000パワーズとの対戦が決まるが、試合開始直前に乱入してきた完璧超人スクリューキッドケンダマンの地獄ネジ回しでブロッケンともども刺しにされリタイア。
その後、素顔をされたロビンマスクウォーズマンを守るため新聞記者乱闘を行ったところまでは生きていたのだが、そこで理が祟ったか準決勝までにいつのまにか死亡している。

王位争奪編ではいつのまにか復活していたものの、ついに試合入りのメンバーとなることもなく、物語の終盤にキン肉マンのもとに駆け付ける多くの正義人たちの内の一人という立ち位置にとどまった。(後にウルフマンの足の怪を考慮してキン肉マンメンバーに誘わなかったと判明)。

このようにアイドル人としては位置づけられてはいるものの、実態としては二軍的扱いであり、かませ犬としての役割もジェロニモあたりに取って代わられたことから使いどころがなくなってしまった感がある。キン肉マンたちの新たな戦いを描いた完璧超人始祖編でも全く姿を見せず、さらに後年の読み切りで「足の怪の悪化によって現役続行は不可能として現役引退していた」という設定が付け加えられた。

このように稀代の大横綱は見せ場らしい見せ場を作ることもできず、その歴史に幕を下ろしたと思われたが……。


読切『キン肉マン超人列伝ウルフマンの巻 -土俵上の士もののふ-』において


2015年グランドジャンプに掲載されたウルフマン役の読み切り漫画では、王位争奪編の後、長年の戦いによって負った左足の負傷は不可能と診断され、現役への未練を残しながらもウルフマンは現役引退を決意する。これまでの功績が認められ、「永世横綱」の称号が贈られる。

だが、引退断髪式に世界相撲ファイティングチャンピオンシップ10連覇を成し遂げたアメリカ相撲ブラックシップ乱入し、ウルフマンに挑戦しようとする。ミートやカナディアンマンを傷つけられた怒りから戦いを承諾したウルフマンは、痛めた左足を狙われたこともあり苦戦。しかし、底を見せブラックシップの攻撃に耐え切り、合捻りで逆転勝利を収める。


大魔王サタン編において


すでに現役を引退していたウルフマンは、若い人力士を率いてのスペイン巡業ということもあってサクラファミリア委員長と談笑をしていた。そこへオメガマンオメガマン・アリステラ率いる「オメガ・ケンタウリの六鎗客」が現れ、若い正義人たちを一で惨殺してしまう。その暴虐を阻まんと現役引退を撤回したウルフマンは、単身六鎗客に挑むもさすがにあしらわれてしまう。そこへティーパックマンカレクックベンキマンカナディアンマンの4人が加勢に現れる。
アイドル人たちが大魔王サタンの作った結界に閉じ込められて動けない中、志を同じく駆け付けたカレクックらと共に「正義の五本」として戦いのリングに上がる。

仲間たちが次々と敗れ倒れていく中、最後の一人として六鎗客ルナイトと対戦。
引退の理由となった足の古傷もあり苦戦。さらに試合中に巨大化してパワーアップするルナイトの前に自慢のパワーで押されてしまい、さらには、かつて辛をなめさせられたスプリングマンデビルトムボーイと酷似したルナイトの必殺技「ウォルフガングスパイラル」を決められて絶体絶命ピンチに。だが、駆け付けたキン肉マンからの叱励、横綱としての意地、散っていった仲間たちの思い、それらを全て一つとし友情パワーを発現。アリステラにより奮起したルナイトも友情パワー覚めピンチに陥るが、死んだ4人の仲間たちの励に応えて土俵際でのりを見せ、新必殺技不知火投げ」でルナイトをマット叩きつけ、勝利。試合後、リングから落下しかけたルナイトを助ける男気を見せるが、ルナイトは自ら死を選んでしまう。

その後は運命の5王子が参戦したこともあり、ルナイト戦の負傷も考慮されて戦線を離脱し試合を観戦することに。パイレートマンに苦戦するキン肉マンに熱いを飛ばしている。また、かつてのタッグパートナーであるブロッケンJr.が大一番となるオメガグロリアスとのタッグマッチに挑む際は、「取ってこい!」とエールを送り、ブロッケン地獄ネジ回しの悪夢を払拭した際は涙を流して歓喜している。


必殺技


ルービックキューブり手
り手の連続で相手の顔の形状をルービックキューブのように変形させる技。一発一発が凄まじい威を誇り、その威100万パワーカナディアンマンにも匹敵する。ルービックキューブり手から、合ひねりへの流れはウルフマン死のコースとも呼ばれる。
ひねり
ウルフマンのフェイバリット・ホールド。相手の頭を両手で挟み込み、振り回しながらひねり投げる技。
2000年12月からこの形の投げは「徳利投げ」という決まり手に変更されており、現在では名前が変わっていることになる。大魔王サタン編は1980年代を描いているため、当時はまだ「合ひねり」の名である。
居反り投げ
低い体勢から相手のを抱え上げつつ後方へジャンプし、フロントスープレックスのように叩き付ける技。
不知火投げ
ルナイト戦の決まり手となった新必殺技。相手の足を抱え上げ上に放り投げ、中でその背に乗り両腕をキャッチ。顔面からマット叩きつける落下・突技。
不知火とは相撲の土俵入りの不知火」「」(※一般的にはの字で表記される方が多い。)に由来。フィニッシュ時におけるウルフマンの体勢が不知火の姿勢になっている。

その他のネタなど



声優



キャラクターソング


土俵の英雄
歌:串田アキラ / セリフ広瀬正志 / 作吉田健美 / 作曲戸慎介 / 編曲田中公平

関連動画



■sm4971143[ニコ動]


関連静画


■im4587335(静画)
■im7953668(静画)


関連商品


■azB0050MQH6E
■azB074HRVY44


関連項目



最終更新日: 19/09/03 21:38
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ