ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


エイズ


ヨミ: エイズ
掲示板をミル!
181カキコ!
医学記事 ニコニコ大百科 : 医学記事
※ご自身の健康問題に関しては、専門の医療機関に相談してください。

エイズAIDS)とは、Acquired Immune Deficiency Syndromeの略で、直訳すると免疫不全症候群という。ヒト免疫不全ウイルスHIV)によって引き起こされる免疫不全症である。


概要


性感染症として有名。コンドームの使用が叫ばれる最も大きな理由でもある。

性干渉のほか、血液接触によって体内に侵入したHIVによって免疫系が徐々に阻され、やがて重篤な免疫不全状態にまで陥る。HIV感染後長期経過かつ23種の日和見感染症のいずれかの発症をもってエイズ発症と診断される。エイズ患者は、免疫不全の結果発症した感染症やがんによって死に至る。

世界中でもっとも注され、恐れられている病気の一つといって間違いない。世界保健機関が「世界(病名)デー」を作った疾病の一つである。世界エイズデー(12月1日)は、エイズの感染拡大の防止や、エイズ患者・HIV感染者への差別偏見の解消を的として、1988年に制定された。毎年12月1日前後に、キャンペーンなどの啓発活動や学会などが開かれる。シンボルレッドリボンリボン)。

発祥

HIVにはHIV-1とHIV-2の2種類があり、HIV-1の発祥はカメルーンチンパンジーと言われている。またHIV-2の発祥は西アフリカスーティマンガベイと言うの一種だと言われている。これらのは、HIVに類似の「SIV免疫不全ウイルス)」というウイルスを持っていることが多い。

アフリカでは野生動物を食べる文化があり、英語圏の者たちからはその、およびその野生動物食文化を「ブッシュミート(bushmeat)」と呼ばれている。現地の住民が「ブッシュミート」としてこれらのを食べているうちに、突然変異により人に感染するを持ったSIV、すなわちHIVが人間にも蔓延し始めたと考えられている。


感染


感染者・キャリアである人々に対する差別の原因となったため、先に書いておくが、通常の生活において感染することは全くありえない。HIVは、通常の空気中・水中では即座に死滅する、生命の低いウイルスである。

な感染経路は下の3つである。

キャリアである人間を相手にして不安になるのも仕方ないが、差別するのは間違っている。もし関係のある人間が感染していても、感染を防ぐ意識を持ちつつ、普通どおりに接するべきである。


症状・進行


先述の通り、HIVによって免疫不全が起こった結果、通常の免疫状態なら屁でもないはずの日和見感染症にかかることで死に至るのが、エイズの進行。
現在、これらの感染症は占めて23個確認されているが、それぞれで治療・対策の発展度合いはまちまち。 

感染直後

だいたい感染後1~2週間で、風邪に似た症状、発、口腔カンジダを発症する。といっても、見たにはただの風邪、発口内炎であるため、見過ごすことも多い。また、発症の時期もまちまちで、感染後1ヶ前後で発症する人もいれば、最長では半年後に発症した人もいたという。

HIVが侵入し、抗体が作られていない状態。この後、体内で抗体が作られ、HIVの数は減し、これらの症状はだいたい1週間、遅くても2,3ヶで収まる。

潜伏期

感染から5~10年。感染直後に抗体が作られたことでHIVが減し、症状が治まった状態。症状であり、この間にHIV感染の可性を見過ごしてしまう人が多い。

HIVの数は減したまま一定だが、実は盛んに増殖している。その度に、免疫を作り出す細胞が大量に作り出され、HIVを駆除しているのだが、これらの細胞は実は、HIVに感染して破壊されている。

つまり、HIVの数自体は一定でも、その裏で、免疫を作る細胞が徐々に減っていっている状態なのである。

発症

潜伏期を経て、免疫を作る細胞が減少しすぎたところで、免疫低下の症状を見せる。具体的には倦怠感、下痢、過労、体重減少、めまい口内炎、熱炎症、咳、過呼吸など。
たいていの患者はここでHIV感染の恐れに気づくか、他の病気だと勘違いして医者に掛かり、そこで検を受けてはじめて、感染に気づく。

まもなく、免疫低下によって、ニューモシスチス肺炎・カポジ腫・悪性リンパ腫など、先述の日和見感染症を引き起こし、死に至る。また、HIV感染した細胞によってが冒された場合、俗にエイズと呼ばれる病に係り、認知症精神障害・記憶消失を引き起こす。


予防


何より予防が叫ばれる病であり、先進国である日本においては、性交渉を行っていても十分感染を防げる病である。

性交渉における予防

現在日本で最も多いケース先進国は全て減少しているのに対し、日本だけが横ばい~徐々に増加するという状態にある、非常に情けないケースでもある。

ちなみに、キスに関しては諸説ある。唾液にも若干HIVが含まれると言われるが(この時点でも諸説あり)、これらは通常の免疫系ならば余裕で駆逐できる程度のHIV数であり(一つでもHIVが入れば終わりだと考える人間がいるがそれは間違いであり、少数ならば他の病原体と同じく、免疫によって駆逐される)、キスによる唾液の行きかい自体には問題はいといわれる。しかし、口内に傷などがあって、そこから血液が唾液に混じっていた場合、感染する可性は十分にあるとする学者もいる。

血液感染における予防

傷跡同士の接触を想像する人もいるが、通常生活においては考えにくい。もちろん一応気をつけるべきではある(性交渉と混ざってしまうが、『口に傷がある状態でキスをしてしまうケース』など)。だが、血液感染における予防は、個人よりも施設・社会が気をつけるべきことである。

注意すべきなのは、献血して、血液検の結果が陽性であっても、本人には決して通知されないこと。この場合、血液は処分される。たまに「献血施設によってはこっそり教えてくれる」などという噂も流れるが、検的で献血にいく輩が増えては困るため、陽性であっても絶対に告知はされない。

感染の恐れがあるならば、このような噂は信じず、後述の保健所などに検に行くこと。

母子感染

検査


期発見がものを言う病である。感染の恐れがある場合は、とにかく検を受けることである。

の保健所で、無料匿名で検を受けることが出来る。遠慮せずに受けに行くべき。ちなみに普通病院でも受けることは出来るが、5000~10000円程度検料がかかってしまう。

HIV感染によって作られた抗体の有を調べる検である。普通は検から結果がわかるまで1週間かかるが、最近では30分程度で終わる検形態が増えている(精度に不備はいので安心を)。

また、間や休日に受けにいける所も多い。

時期

感染直後の症状が現れた際に行くのは大事だが、安として3ヵに行かないと正確な結果は出ない

これは、例え感染したとしても、2ヶ以内ではHIVに対して抗体が作られておらず、検しても陰性になってしまうことが多いから。もちろん、感染した恐れがあるなら、正確な結果が出ずともめに保健所へ相談に行くのが望ましいが。

3ヶ月経てば抗体が作られるので、この時期に検を受けるのが望ましい。それ以前に検を受けて陽性が出て、その分対策をく打てた、というようなケースならば良いが、最悪なのは"3ヶ以内に検を受けて陰性と出て安心してしまい、感染しているのに検を受けないまま気づかなかった"というようなケース。これを避けるためにも、感染の恐れがある行為から3ヶ後に検に行くべきである。


治療


治療が難しい病だが、がんなどと同じく、則は期発見。感染直後に発見できればベストであり、潜伏期でも感染を発見できれば、十分対策が取れる。

長年治療が難しいとされてきたが、治療法・抑制法の発展が著しい病でもある。

現在では、一般的にAZTと呼ばれる逆転写酵素阻(HIVウィルスが、分裂をして、自分のRNAを逆転写してあたらしいウィルス粒子をつくろうとする酵素の働きを阻して新しいウイルス粒子を作れなくする)やプロテアーゼ阻(宿細胞内で数珠のようにつながったウィルス粒子を切断して個々のウィルス粒子を完成させようとするHIVプロテアーゼの働きを阻して、HIV粒子が完成しないようにする)を組み合わせるなどして発症を抑えるのが一般的になっている。
人によっては、HIVの数が検出限界えて確認できなくなることもあり、糖尿病などのように、を1日に一定量飲む程度で発症しないまま人生を終えることが出来るまでに発展している。

かつては治療は非常に高価だったが、現在では保険が利くようになったため、経済的な負担も随分と軽減された(それでも多少重いが)。

が、努々「で抑制できるからそこまで気を揉まなくてもよい」などと考えてはいけない。エイズの進行は人様々であり、を使わない状態でも進行が非常に遅いタイプ人間もいれば、を使っても急な進行を止められないまま死に至るタイプ人間もいる。感染しても100%大丈夫なわけではもちろんいのだ。
また、による副作用も強い。リポジトロフィーによって肝臓を患ってしまうケースなどがある。

感染してしまっても、十分、長期生存への希望を持てる状態にまで医療は発展した。が、感染しないことに越したことはいのだ。

特効薬?

HIVは非常に変異性が強く、実用に耐える特効やワクチンを製造するのは非常に難しい。

現在では、開発に成功したというニュースもちらほら聞こえてきているが、少なくとも現状は発症抑制が精一杯であり、HIVを全滅させるようなの開発はかなり先、という状態である。

海外を中心に、定期的に「エイズ治に成功」というニュース報道されるが、これはあくまで「現在の検技術では確認できないレベルまでHIVの活動・個数が減少した」だけのいわゆる全奏効であり、5年10年といった長期的な視点で見ると後年になって再びHIVが活性化したケースどである。
極端に言えば、潜伏期間が異様に長いエイズのような病気治したかどうかは、その人が死ぬまで検を続け、その結果HIVの活動がとうとう見られなかった、と確認できて初めてそう宣言できるものであり、HIVが確認できなくなったと言うだけのケース治と呼べるものではない。

もっとも、それだけの奏効が患者への負担も少ないままに見られたのならば、患者が寿命を全うするという的においては十分な成果である。

子供は作れないのか?

男女に関わらず、現在では、エイズ感染者であっても子供を作ることは出来る
正確には、『配偶者を感染させることなく、先的に感染していない子供を作ることが可』 になっている。 


次へ»
最終更新日: 19/03/10 10:27
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ