ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


エイワス


ヨミ: エイワス
掲示板をミル!
69カキコ!
注意 この記事はとある魔術の禁書目録の重大なネタバレが含まれています。
全体的にピクシブ百科事典と記述が一部似てますが、同一編集者によるもので無断転載ではないです。書き直し大歓迎。

聖守護天使エイワスとは、

  1. 英国魔術師アレイスター・クロウリーに「法の書」の知識を授けた高次元存在
  2. ①を基にした『とある魔術の禁書目録』の登場キャラ(CV:宮本充)
  3. ①を基にした『女神転生』の登場キャラ

記事では「元ネタとなったエイワス」と「禁書録のエイワス」を解説する。


史実のエイワス


英国魔術師アレイスター・クロウリーに「法の書」の知識を授けた高次元存在。

この存在はクロウリーの「守護天使(HGA=Holy Guardian Angel)」とされる。同時に「ホールパールクラアト(ホルス)の使者」であり、「秘密の首領(シークレットチーフ)地球外生命体」など様々な魔術記号を内包する。

スペルAiwassもしくはAiwaz日本ではアイワス、アイワズとも表記される。


聖守護天使(HGA)


守護天使という概念は魔術結社『明け団マグレガー・メイザース翻訳して広めた「アブラメリンの書」において登場する。

古来よりオカルト宗教世界では、人間が内包する的な一面(例えば「高次の自己(ハイヤー・セルフ)」「ジーニア」「アウゴエイデス」等)が提唱されていた。
守護天使はそれらと酷似した概念でというか明け団の教義、関連書籍では諸にハイヤーセルフ扱いされている。異論もあるらしいが、個々人にとって二の霊的存在にしてたる高次元との媒介者である。『明け団』他、新旧問わず魔術師(オカルティスト)と呼ばれる者達は各々の守護天使と対話し、「の意志」を見出す事を標に掲げている。

クロウリーはエイワスをこの守護天使だと確信していたが、後年になるとクロウリーの見解には変遷が見られ、自己とは独立した別個の存在として扱われるようになった。
クロウリーは聖守護天使エイワスを「秘密の首領(シークレットチーフ)」(アストラル界から人類を導く究極の高次元存在の総称)とも見做しており、その全体像が全に固まっていない。

ちなみにトマス・アクィナスが成立させた「守護天使」はまた別の概念である。


法の書 - テレマ教の始まり


1904年4月クロウリーは1人の妻ローズクロウリーこのとき第一子ニュイ・マ・アサヌール・ヘカテサッポーイザベルリリスがおの中にいて、旅行を急遽取りやめていた。との新婚旅行中、エジプト(カイロ)で彼女魔術を披露する。その魔術空気の精シルフの召喚魔術だったが、召喚作業の途中でローズに正体不明の高次元存在が憑依していることに気付く。
この時に聞いた「」の内容は、聞き慣れない内容だった。不審に思ったクロウリーは三日かけてさらなる啓示を得ることに成功し、霊界通信の内容を「一冊の書」に記した。

Had! The manifestation of Nuit.
(ハドヌイトの顕現よ。)
The unveiling of the company of heaven.
(上の一団がヴェールを上げる。)

Every man and every woman is a star.
(全ての男女である。)

Every number is infinite; there is no difference.
(全ての数は限。そこには如何なる差異もし。)
Help me, o warrior lord of Thebes, in my unveiling before the Children of men!
(を助けよ、おおテーベの戦将なる君よ、人の子らの前でヴェールを脱ぐ事を!)
Be thou Hadit, my secret centre, my heart & my tongue!
(が秘密の中枢たる ハディートよ、心臓そしてが舌となれ!)
Behold! it is revealed by Aiwass the minister of Hoor-paar-kraat.
(見よ! それはホールパールクラアトに仕えるエイワスによりて啓示された。)

上の節から始まるこの書の名は「法の書リベル・レギス、もしくはリベル・エルヴェルレギス。220節からなるため「220の書」ともいう。名著である「第4の書」「777の書」以上にクロウリーの魔術師としての格を押し上げた。」。クロウリーは同書を典に新興宗教テレマ教」を立ち上げ、新しい時代(ホルスのアイオーン)の預言者であると自称した。

オカルト世界で霊的存在との接触が箔付けとして重要なのは歴史明している。エイワスとの交信は、間違いなくクロウリーの人生を左右する分岐点であった。
それはかつてエリファスレヴィ魔術の中の祖とも呼べる偉大な魔術師セフィロト明け団も彼なくしてはれない。ノーベル賞作家様やクロウリーにも影を与えた。ちなみにクロウリーはエリファスレヴィの生まれ変わりを自称している。が賢人アポロニウスと接触した事や、「明け団」ウィリアムウィンウェストコットが秘密の首領アンナ・シュプレンゲルに結社設立許可を貰った事のように(ただし後者のシュプレンゲル書簡については偽造である…)。

コロンゾン30ものアエティール、アブウル・ディズ、ラム(lam)など、クロウリーに影を与えた高次元存在の中でも特に重要な存在であることは間違いない。


ホルスの時代(アイオーン)


テレマ創始者のクロウリーく、キリスト教前の原始宗教が蔓延る「イシスの時代」を原初に、やがてキリスト教が支配する「オシリスの時代」が到来。その時代は「法の書」が世に投下された1904年を以て終焉を迎え、今の時代は人間の意志に覚めてとなる「ホルスの時代」である。

ただし、クロウリーとの関係が深いある魔術師は、エイワスを邪悪と見做し、ホルスの新時代は到来しなかったという事も提唱している。この魔術師フラター・エイカド本名チャールズスタンスフェルド・ジョーンズクロウリーの魔術的な息子。セレマ系魔術団体「(AA)」の一員にして「東方騎士団(O.T.O.)」ブリティッシュコロンビア州のグランドマスターという有名なセレマイトで、クロウリーとも(破門されるまでは)親交が深かった。

エイカドの「マートの時代」をはじめ、後年にはソロール・ネマクロウリー系の魔術師でマート・マジックの提唱者。による「ホルス/マートの時代」、悪魔主義者(サタニズム)のマイケル・A・アキノ米国陸軍中佐による「セトの時代」(後述)など、どれもクロウリー観と異なる潮流が発生した。


セトの時代(アイオーン)


エイワスは別名をセト(サタン)という。しかし過去の異名とは違う切口でエイワス=セト/サタンという呼び名を確固たるものとしたのが、先述のマイケルアキノである。

アキノ1975年新たな時代を宣告、さらに新団体「セト寺院」を設立し、後にクロウリーとそのジャックパーソンズの正当な後継的存在「第二の(セカンドビースト)」を自称した。

この1975年に何があったか、率直に言えば1904年の再来である。「悪魔教会」(ラヴェイ)と袂を分かったアキノは自らの針を仰ぐべくサタンの召喚を試みたのだが、アキノの前に現れたのはサタンった死と破壊のセトであった。
く、セトは1904年にクロウリーの前に現れた「エイワス」と同一存在であり、1966年ラヴェイを導いたサタンでもあるという。

新時代の起は一九〇四年まで遡ることができる。セトはこの時、アレイスター・クロウリー守護天使エイワスに化け、カイロにいた彼の前に現れた。そしてクロウリーを「太陽ホルスの永劫(アイオーン)」の幕開けの布告者と宣言した。一九六六年、ラヴィはサタンの永劫を導いた。それは耽溺を徴する中間段階である。その後にセトの永劫が訪れ、教化をもたらすのだ。

アーサーライアンズ「黒魔術のアメリカ」(邦訳)

アキノセトの宣告を機に『The Book of Coming Forth by Night』(に現れしことの書)を世に送り出しており、これが「セト寺院」の典となっている。



「とある魔術の禁書目録」のエイワス


ドラゴン』と呼ばれる学園都市の最重要機密。
その正体は、かつて魔術師アレイスター=クロウリーに『法の書』の知識を授けた「聖守護天使エイワス」と呼ばれる高次元存在。

守護天使」「地球外生命体」「シークレットチーフなる者」など様々な説が存在する。本人く、天使という記号に対応しているが、ドラゴンの呼び名の方が本質に近いらしい。

数価ゲマリア。史実のエイワスも同じである。は「93」。これは「テレマ」と同じ数価でもある。


旧約禁書の概要


初出:7巻(名前だけ)、19巻(実際の登場)

ヒューズ=カザキリを核とし、AIM拡散場を集合させることで現出した。この製造過程を経て「現出」したものの、それだけでAIM拡散場に大な負荷をかけ、結果ミサカネットワーク、更には打ち止めへの影も引き起こした。

金髪くような長身の持ちで、ゆったりとしたい装束を身にまとう。性別は不明だが、作中の三人称は‘彼’。外観の見ただけなら女性的に見える。
時折言葉にノイズが混じるが、これは「ヘッダが足りない」ために意味を表現できないとのこと。

クロウリーは彼に「自殺防止機構」のようなものを植え付けたため、彼自身が意識せずとも外敵からの攻撃の一切を防ぐ。これは、一方通行超能力でねじ伏せた上に、更に覚醒した一方通行さえも圧倒した。
彼の見せた攻撃の詳細については直接食らった一方通行によると、垣根帝督木原数多のように「すり抜けた」のとも、上条当麻のように「打ち消した」のとも違う、「気付いたらダメージを受けた正体不明」のと回顧している。

残念ながら、それはrgg時ri代piregiが違うな。君のは所詮、オシリスの頃のrsgnopheだ。その程度ではホルスを生きる私にhosef敵qierdないよ。

オシリス」「ホルス」とは、クロウリーしていた「テレマ」の概念をす。十字教が支配する時代、および十字教のフォーマットに収まるを「オシリスの時代」。十字教の支配体制が崩壊し、人類がなる覚めを果たす時代を「ホルスの時代」という。

一方通行は既存のフォーマットに囚われた「オシリスの時代」ので、その次の「ホルスの時代」を生きるというエイワスには全く及ばなかった。
(「右手」「幻想殺し」「浄」も「ホルスの時代」のである可性が示唆されている)

なお、一方通行を潰したこのも彼にとっては「意識の防衛」程度の感覚に過ぎず、実際に戦う気はなかった上に、更に上位のを振るうための「変形」機構まで持っている様子。
戦闘後、一方通行が意識を失う直前に、『禁書録』という言葉を頼りにロシアエリザリーナ独立同盟へ向かう事を勧めた。

幾度かの事態でクロウリーの「計画(プラン)」の崩壊を示唆し、たまに彼をネチネチいびっている。余り表には出ないがその性格故にクロウリー並に自由奔放っぷりを漂わせる。

割とやりたい放題で、一方通行ロシア行きを煽った事で、風斬氷華には脅迫とも言える釘を刺されたりしていた。自身に振りかかる危機も、それを可とするかも知れない「弱い人間」にも強い興味を持ち、事態を然と楽しむ。然とし過ぎていて、彼にとってにも等しい人間さえも興味深い対となっており、「3人の主人公」の存在にもいちく注していた。また、プランの中核となる一方通行と会話する為に、わざわざ出向いたりしている。

登場人物の中では上条当麻一方通行垣根帝督が気になっているようである。


新約禁書の概要


あらゆる宗教概念に依らない最下層の世界科学世界」における天使


次へ»
最終更新日: 19/02/08 02:48
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ