ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


エドウィン・フィッシャー


ヨミ: エドウィンフィッシャー
掲示板をミル!
107カキコ!

エドウィン・フィッシャーとは、銀河英雄伝説の登場人物である。

CV鈴木泰明(石黒監督版)、園江治(Die Neue These)。


概要


フィッシャー
Edwin Fischer
(U.C.? - U.C.800)

自由惑星同盟軍人、最終階級は中将
乗艦はアガートラムおよびシヴァ(石黒監督OVA)、マナナン・マクリル(Die Neue These)。
ヤン艦隊の副官として、ムライ、パトリチェフらと実質的なスリーアミーゴスになっていた。

宇宙796年、自由惑星同盟軍第4艦隊麾下の指揮官准将)としてアスターテ会戦に参加、第4艦隊では一善戦した。その後、第13艦隊の創設にともない副官に就任。同艦隊のイゼルローン要塞攻略後、少将に昇進し、イゼルローン駐留艦隊でも副官を務める。

799年、中将に昇進。バーラトの和約後も軍に残っていたが、ヤンの同盟脱出後はチュン・ウー・チェンから残存艦隊の一部を預けられ、ムライやパトリチェフと共にハイネセンを脱出し、ヤン・イレギュラーズに合流した。

回廊の戦い本戦にて、黒色騎兵艦隊の総攻撃を受けた際にMIAとなり、そのまま戦死とされた。

人物・能力

ヤンからは「艦隊運用の名人」と評されていた。官の意図通りに艦隊が行動し、狙ったところに火力を集中する為には、各艦の揮系統と官の命がきちんと連動していなければならない。これは日本海戦における、バルチック艦隊と帝国海軍連合艦隊の差を見ても明らかである。フィッシャーは副官として、艦隊がヤンの示通りに動くための管理を引き受けていた。その点ではヤン程の戦略・戦術に及ばないとしても、名将と呼ばれるに相応しいを有していたといえよう。ヤンという異才がそのを発揮する上で、会計や需給管理でキャゼルヌという優れたが下支えをしたように、艦隊運用ではフィッシャーが下支えをしていたといえる。フィッシャーMIAとなったのを知った時、アッテンボローは「おちおちピクニックにも行けない」と述べた。艦隊が秩序を維持して行動するにあたり、フィッシャーがいかに必要だったかを端的に表わしている。

しかしそれほどのを有する人物でありながら、本編での扱いは非常に薄い。なにかとその重要性には言及されるものの、セリフがそれほど多いわけではなく、個人的心情を述べた直後にはMIAである。

最も酷いの石黒監督OVA第3期のエンドロール背景である。このエンドロールでは、ユリアンが皆で仲良くピクニック(本来の意味で)をした時の写真を見ながら、ヤンとの思い出に浸るという内容だが、その写真にはフィッシャーだけがいない。写真にはヤン、フレデリカカリン、アッテンボロー、 ポプラン、キャゼルヌ一家ムライ、パトリチェフ、シェーンコップマシュンゴ、メルカッツシュナイダーユリアンが写っており、ユリアンの周囲に居たヤン艦隊の概ね要人物はっているのにも関わらずである。次項において、ここをより詳細に検討した検討委員会の資料を記す。


防秘 ピクニック写真フィッシャー不在問題調査検討委員会の調査資料 


当委員会はこの問題を検討するに当たり、まずは撮影時期について考察した。

当該人物がうとすると、可性があるのはイゼルローン要塞駐留時のみ。撮影場所は要塞の中の地区画と考えるのが妥当といえる。ヤン艦隊がイゼルローンに駐留したのは、帝国領侵攻作戦後からラグナロック作戦発動までの間と、イゼルローン再奪取後の二つなので、この何れかの時期にこの写真が撮られたと考えられる。

それが何れなのかを考えてみると、まず前者の時期であればカリンが写っているのが不自然である。カリンが当初からメルカッツの「動くシャーウッドの」部隊にいたことを考えれば、上記駐留時にヤン艦隊に所属しいたとしても矛盾はないが、ユリアンやヤンがカリンの存在を知るのはバーラトの和約後である。つまりこの時期に撮影されたとは考えにくい。

後者の時期であればイゼルローンを再奪取し、ムライフィッシャー、パトリチェフが合流した後である。この時期において当該メンバー集合することが可で、フィッシャーが存在しなかった時期とは、フィッシャーMIAになってからヤンがレダで会談へ向かうまでの間。しかしこの間は非常に短く、また軍事政治両面で様々な対応をめられたであろうことを考えると、各員が制服ではなく私を着用してピクニックに赴いたとは考えにくい。そうであるなら、再奪取後ムライらが合流してから回廊の戦いまでの時期に余暇としてピクニックを実施し、その時に撮影されたものと考えるのが最も妥当である。この時期であればフィッシャーは存命であるので、彼が撮影されていない何らかの理由があったはずである。

当委員会としてはフィッシャーが撮影されなかった理由として、以下の可性を列挙する。

  1. フィッシャーは参加していたが、撮影者が故意または意図せずに彼を撮影しなかった
  2. フィッシャーは体調不良または個人的理由いは任務の都合から、参加することができなかった
  3. フィッシャーを他の参加者が仲間はずれにし、フィッシャーは参加できなかった
  4. 写真フィッシャーが撮影したもので、自分を撮ってもらうのを忘れた

ヤン艦隊の気質を考え、またフィッシャーが嫌われ者でなかったことを考えると、3の可性は低い。また撮影者が当該メンバーかであるとして、その者がフィッシャーだけを故意に撮影しない理由はなく、その者がフィッシャーのみを落ち度から写し忘れる可性も想像し難いので、1の可性を重視するのも合理性に欠くといわざるを得ない。そうであるならば、不合理でなく筋が通っていて確からしい理由としては2及び4となる。

まず2を検討する。フィッシャーが他のメンバーを避ける「ローンウルフ」気質があるという有用な資料は存在しないので、彼がピクニックへの参加を自身の信条から拒否したとは考えにくい。残る理由としては体調不良、若しくは任務の都合上参加できなかったということである。いずれもそれを明する資料は存在しないが、艦隊首部がってピクニックへ出かけたとするのなら、その間の警及びする業務の責任者が必要であったと考えるのは妥当である。責任感の強いフィッシャーが、自分がその役割を引き受けて他者の余暇の間に働いたと考えることに不合理さはない。あるいはその任をスー少佐バグダッシュ大佐が担ったとしても、フィッシャーが急な体調不良になり不本意ながら参加を見合わせた可性は否定できない。

4についての可性もあるが、疑問点は残る。まずヤン夫妻の中むつまじい様子を写しているが、この写真には写し手の夫妻に対する思い入れが読み取れる。フィッシャーも大事な仲間である夫妻に対し、親しい心情を抱いていたのは間違いないと思われるが、あのような写真を写すとするなら夫妻の子となるユリアンが写したと考える方が、より自然である。但しフィッシャーが微笑ましい夫妻の様子を写した可性を全には否定できないので、2と同等程度に可性を認めるのが適当と考えられる。

現時点で2及び4で示した可性のうち何れかがより高いかは、更なる調検討を要する。

以上が当委員会が、現時点での資料や可性から考察した不在問題の検討内容である。


ピクニック写真フィッシャー不在問題調検討委員会


関連動画



フィッシャー提督の艦隊運用の事例



■sm10474556[ニコ動]


ピクニック写真フィッシャー不在問題調査検討委員会の資料


■sm13148492[ニコ動]


関連項目



最終更新日: 18/06/07 20:40
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ