ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


エミュレータ


ヨミ: エミュレータ
掲示板をミル!
475カキコ!

エミュレータ(Emulator)とは、機械装置やコンピュータハードウェアPCゲーム機など)の構造を、別の装置やソフトウェアで模倣することで実現させたもの。


概要


エミュとも略される。エミュレートemulate)は英語で「真似る」という意味。エミュレートすることをエミュレーションemulation)ともいう。

もっと簡潔に言い換えると「機械の仕組みを真似た、装置やソフト」。
装置としてのエミュレータは身近なものとしてプログラマブルロジックコントローラシーケンサー
その他インサーキット・エミュレータ,オンチップ・エミュレータ等がある。
自動ドア・工場・発電所・テーマパークなど至る所で使用されており々の生活に必要不可欠な存在である。

ちまたで言われているエミュレータとは、一般的にソフトのほうをす。
最も身近な物ではスマホタブレットソフトウェアキーボードなど。
その他にはWOW64Wine等のエミュレーションレイヤーや仮想PCアプリの開発環境などがある。

なお、ソフトウェア自体を新たに作り直して動作を真似たものは「移植」や「クローン」と呼ばれ、エミュレータには分類されない。例えば、「ファミコンゲームWindows向けに作り直したもの」がこれにあたる。

ちなみに、再現元は実在する物である必要はなく、CPU設計などの際に、設計途中の(テスト時点ではまだ架の)部品をエミュレートしてテストに用いる、物理世界では実現不可能機械をエミュレータで代用する等も行われる。


エミュレータの種類


具体的には、以下のようなものがソフトウェアのエミュレータとして挙げられる。

  1. ゲーム機(例:ファミコン)のソフトウェアを、PC上などで動作できるようにしたソフトウェア
  2. 昔のPC(例:PC-9801)のOSソフトウェアを、PC上などで動作できるようにしたソフトウェア
  3. PC上に仮想的なPCを作り、その中でPC用のOSソフトウェアを動かせるようにしたソフトウェア。仮想PCともいう(例えば、Windows上でLinuxや別のWindowsMac OS上でWindowsを動かすなど)。
  4. そもそも、1~3 のエミュレータに含まれる、CPUサウンドグラフィック部分などのチップ再現したものも、それぞれがエミュレータである。すなわち、ハードウェア再現したエミュレータは、実機がパーツの集まりでできているように、そのパーツ再現したいくつかのエミュレータの集まりで構成されている。

※ 「オンラインゲームサーバの動作を真似し、ゲームクライアントから本物のサーバと同じように接続できるようにしたソフトウェア」はエミュ鯖というがここでは解説しないので「エミュ鯖」の項を参照して下さい。


エミュレータのあれこれ


技術としてはパソコン明期以前 (数十年前) からあったものだが、PCの急な普及や高性化により1990年代後半頃からゲーム機のエミュレータが開発・配布されるようになったのに伴い、一般ユーザーにもよく知られた技術となった。

しかし、詳しくは後述するが、エミュレータ (特にゲーム機再現するもの) はその仕組み上、ソフトウェア不正アクセス・不正コピー (著作権法違反) した物を容易に実行できてしまう問題点んでいる。この為「エミュレータ自体が違法」と誤解される事が多いが、エミュレータ自体に違法性は全くい。

また、エミュレータは実機との実行環境の差異やライセンス特許を考慮しつつ開発されているので、一部では実機の複雑な仕様全に満たしきれずに実機とは違う挙動を起こす、全く動かないなどの不具合がある。すなわち、エミュレータは決して万ではい。


ゲーム機のエミュレータ


ニコニコ動画でエミュという言葉が出てきた場合、多くはこれのことである。

PCゲームハード携帯電話スマートフォンなど様々なハードで動作するものが開発されている。また、バーチャルコンソールゲームアーカイブスプロジェクトEGG等の古いゲームを遊べるサービスや「昔のゲームをベタ移植した復刻ものゲームソフトファミコンミニタイトーメモリアル等)」の多くは、エミュレータ によって実現されている。

PC上で動作するゲーム機のエミュレータ本体の多くは個人が趣味で作成したものであり、フリーソフトウェアとして償で配布されている物が多い。

変わったところでは、本来アナログ式の機械で動作するピンボール再現(模倣)した「ピンボールエミュ」というものもある。架の台を再現したものも多い。「デジタルピンボール」などの商品名で販されることもある。


ソフトウェアの扱い・準備


エミュレータでゲーム機ソフトを動かす場合、ドライブや吸い出し機で読み取り可にする必要がある。吸い出し機は自作することも可である。

BIOSイメージ」は、本体内にROMチップとして入っており、コピーツールを作成または入手する必要がある。
 ただし、元々BIOSが存在しない、BIOSエミュレートしている、権利的に問題のない互換BIOSが付属している、など不要の場合もある。

アーケードゲームの場合、実機からROMチップを取り外し、ROMライタ[外部]と呼ばれるROM読み書きする汎用の機械読み取り作業が必要である。
別のゲームに交換するための「ROMチップのキット」が販売されていたほど多くの基チップの脱着が前提となっており、汎用の機械だけで作業できる。
しかし、カスタムICチップや、コピー対策として電池切れチップの脱着でデータが消滅するRAMチップ+バッテリーバックアップの基は汎用の機械では吸い出せない。

レアケースでは、メーカーが直々にソフトのエミュレータ用イメージが配布される場合もある。
過去の例では、シャープパソコンX68000BIOSおよびシステムディスクや、株式会社ズームの古いPCゲーム (現在は配布終了)、Exidy社の古いアーケードゲームデータなど。


著作権的な問題点


ここで問題となるのが、「ROMイメージファイルは、ファイルであり、複製やアップロードが容易」という点である。
つまり、実機やソフトを持っていなくても、非合法に配布・コピーされた物が簡単にエミュレータで動かせてしまう。

この一点がエミュレータがグレーイメージとなっている最大の理由である。

当然、上記のことは実機を所有していても違法でありエミュレータの使用の有に関わらず著作権法違反にあたるのでやってはいけない

吸い出した後に実機のソフトを売却するのも当然ダメである(ただし例外として、焼失、故障、紛失など吸い出し後に「滅失」にあたる事由で手元から失った場合は違反ではない)。

そのような問題点を抱えたエミュレータであるが、後述の利点に魅を感じてエミュレータを使用する人も多い。
しかし、残念ながらエミュレータを「タダでゲームができる具」としか見ていない人は少なくないのが現状である。詳しくは割れ厨を参照して下さい。

エミュレータをタダゲーの具として使ってはいけない。
また、「エミュレータ紹介ブック」だとか「禁断のエミュレータ解説」などと題して、エミュレータをタダゲーの具のように紹介している書籍があるが、決して手を出しては(そういう出版社に利益を与えては)いけない。
そんなお金があるならソフトを買いましょう。

ゲームメーカーの立場

製品のリバースエンジニアリングによる解析結果からの情報を元にプログラムを開発するのは原則的には合法行為であり、著作権を理由にメーカーが訴訟を起こしても勝訴することが難しい。

特許技術を侵しているプログラム特許を理由に勝訴する可性があるが、特許を侵しないようクリーンルーム設計のような手法で開発されている場合は同上である

例としてソニーPlayStationエミュレータの"Virtual Game Station"について開発企業Connectix社に対し訴訟したが敗訴し、最終的に企業を買収することで開発を停止させた経緯がある。


誤解されやすい点


ちなみに、ハードウェアに関しては実機を所有していなくても、エミュレータで再現させることに問題はない。
つまり、周辺機器やハードの本体は、所有していなくてもエミュレータの使用は違法ではない。

また、吸い出し行為が違法だと思い込んでいる人もいるが、「コピーガードまたはコピープロテクトの解除」を伴わなければ違法にはならず、著作権の効が及ばない「私的使用のための複製行為」の範囲となる。

例えば、昔のゲーム機のほとんどは、ゲームデータコピーガードコピープロテクトが施されていないことが多く、吸い出し行為は違法ではないケースがほとんどである。
CD-ROMから仮想CDを、音楽CDからmp3ファイルを作るのと同じような状況(コピーコントロールCDは除く)と認識すればよい。

またニコニコ動画では許可配信されているプレイ動画の一部にはエミュレータを用いた物もあり、 これらに対して削除の申し立てなどが行われる場合があるが、そもそも許可配信自体が著作権法に触れる行為であり、エミュレータに関わらず全て削除になりうる。詳しくはプレイ動画の項を参照して下さい。


利点


エミュレータの利点は決してタダゲーではい。こういった、実機にはない利点が生じる。

ニコニコ動画と相性の良い利点が多く、エミュレータを使って作られたプレイ動画を見かける機会はなにかと多い。

もっとも、チートTAS先生を容易に借りられる環境のため、画質の劣るデジカメ撮影でないと正規のプレイ動画が(プレイの正統性に関して)信頼されなくなってるという弊も生んでいる。キャプチャ動画だとプレイ動画に「どうせチートだろ」なんて心ないコメントが付くことも…。


昔のPCのエミュレータ


昔のPC(「パソコン」の項の「ニコニコ動画におけるパソコン種別」を参照)のエミュレータも多く存在する。

これらは、ソフトウェアカセットテープフロッピーディスクCD-ROMといった吸い出しに特殊な機材を必要としないメディアだったり、BIOSの取り込みが較的容易であるという理由から、実行環境の準備はゲーム機のエミュレータよりも敷居が低い。

X68000のように、メーカーが直々にエミュレータ向けのBIOSイメージファイルOSが入ったフロッピーディスクイメージファイル開しているケースや、MSXのように、公式エミュレータが存在するケースもある。

昔のPC用のエミュレータも、以下のような利点があるため用者は多い。ニコニコ動画にもエミュレータを使った動画が多数投稿されている。


今時のPCのエミュレータ(仮想PC,エミュレーションレイヤー)


PCOS上で別のOSが稼働するエミュレータもあり、VMWare[外部]VirtualPC[外部]VirtualBox[外部]QEmu[外部]等がある。
CPUエミュレートしていない物はエミュレータより仮想PC仮想マシンと呼ばれる事が多い。[外部]

商品として数万円で販売されているものもあるが、最近では償版も配布されているので敷居は非常に低い。また、BIOSは専用に作られたものが付属しており、著作権的な問題は少ない。(実機のPCとほぼ同じ条件である)

HDDイメージファイルで作成されて扱いが容易であり、メモリHDDの容量を増減させることも簡単である。

パソコンの中でパソコンが動いて何が楽しいの? ばかなの?」と思う人もいるだろう。以下のような活用例がある。


次へ»
最終更新日: 15/10/18 11:35
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ